サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ミンコット荘に死す

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミンコット荘に死す(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/01
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/399p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07134-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミンコット荘に死す (扶桑社ミステリー)

著者 レオ・ブルース (著),小林 晋 (訳)

十一月の深夜、歴史教師のキャロラスはミンコット荘のレディー・マーガレット・ピップフォードから電話を受ける。娘婿のダリルが銃で自殺したらしい、至急来てくれないかというのだ。...

もっと見る

ミンコット荘に死す (扶桑社ミステリー)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十一月の深夜、歴史教師のキャロラスはミンコット荘のレディー・マーガレット・ピップフォードから電話を受ける。娘婿のダリルが銃で自殺したらしい、至急来てくれないかというのだ。早速かけつけたキャロラスは、ベッドの上に血まみれで横たわるダリルの遺体と対面する。警察は自殺と判断するが、そう考えるにはいくつか不可解な点があることにキャロラスは気づいていた…。名探偵キャロラス・ディーン再び登場。緻密な細部と大胆なトリック。これぞ英国本格の真骨頂!【「BOOK」データベースの商品解説】

歴史教師のキャロラスは、ミンコット荘の女主人から、娘婿のダリルが銃で自殺したらしいとの電話を受けた。早速かけつけたキャロラスは、ダリルの遺体と対面。警察は自殺と判断するが、そう考えるには不可解な点があり…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/26 21:29

投稿元:ブクログ

キャロラス・ディーンシリーズ。版元はよく変わるが、訳は安心の小林晋氏。
ある夜、知り合いの老婦人から娘婿が自殺したので来てほしいと呼び出されたディーン。警察は自殺と判断するが、そうとは思えないディーンは調査を開始する…
被害者が嫌われ者だったせいもあり、変死事件なのに全体的にのどかな雰囲気で、ディーンの聞き込み相手も一癖も二癖もある人物ばかりで笑いを誘う。彼の探偵活動を快く思っていないゴリンジャー校長や家政婦のスティック夫人とのやりとりも健在。地味で平坦な展開ではあるがしっかりミステリしているし、このシリーズはやはり好き。

2015/01/06 21:36

投稿元:ブクログ

舞台は英国のカントリーハウス、周囲から嫌われていた娘婿が変死する。警察は自殺と断定するが、ディーンは他殺を疑い素人探偵活動を開始する。

もう、どこを切り取っても英国クラシカルミステリな雰囲気満載で満足、満足。登場人物が全員、良い意味で英国的なクセのある人物ばかりで、行動にしろ会話にしろ「ああ、あるよねーこういうの」感が心地よい。
そして読んでるだけで虫歯になりそうなぐらい出てくるお菓子の数々(笑)(作者も悪ノリしてるのかと言わんばかりに出てくるわ出てくるわ)
謎解きのシーンでの伏線回収の技は安定して素晴らしい。ユーモアの方向性といい、レオ・ブルースはホント私の好みの作家さんです。

2014/12/18 00:05

投稿元:ブクログ

娘婿が自殺したと電話を受けたキャロラスは真夜中に現場のミンコット荘に駆けつける。
警察は自殺と判断するが、幾つか不可解な点が…。

1956年発表と言うことを考えると、トリックはこんなものか。
むしろ張り巡らされた伏線に気付かされる謎解きシーンが醍醐味。
こう言うクラッシックミステリ大好き。