サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 東芝の祖からくり儀右衛門 日本の発明王田中久重伝

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東芝の祖からくり儀右衛門 日本の発明王田中久重伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/23
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-5748-1
  • 国内送料無料

紙の本

東芝の祖からくり儀右衛門 日本の発明王田中久重伝

著者 林 洋海 (著)

グローバル企業「東芝」の祖・田中久重。「からくり師」から一歩抜け出し、日本の機械技術近代化の先駆者として歴史にその名を刻み、世界に誇れる技術立国の基礎をつくったその生涯を...

もっと見る

東芝の祖からくり儀右衛門 日本の発明王田中久重伝

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバル企業「東芝」の祖・田中久重。「からくり師」から一歩抜け出し、日本の機械技術近代化の先駆者として歴史にその名を刻み、世界に誇れる技術立国の基礎をつくったその生涯を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

林 洋海

略歴
〈林洋海〉1942年福岡県生まれ。久留米商業高校卒。P&Cクリエイティブディレクター、AGIOデザイン主宰。福岡アジアデザイン交流協会会長。著書に「ブリヂストン石橋正二郎伝」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/07 15:01

投稿元:ブクログ

よく調べてありますけど、かっこいい人なのに、ワクワク感が話にない…残念。
それと、この著者久留米出身で、久留米藩の本も書いてあるが、話の大部分を久重本人ではなく、久留米藩の動乱について書いてある章もあり、久重と関係ない部分に重点を置きすぎている感が否めない。

私も工学部出身。かっこいいと思うとともに、プライベートを犠牲にしてまで、研究をできるタイプではないと修士課程で修了した身なので、すごいと思いながら、羨ましくもある。

いくつになっても衰えることのない探究心、そして結構な苦難に遭遇しているのだけれどそこで終わることなく立ち上がる気力は、尊敬に値する。

後、もうひとつ思ったのが、「海賊とよばれた男」の出光さんと一緒で、偉大な人物には困難に陥ると助けてくれる人物がいるということ。それには、儀右衛門が縁を大事にし、人を大切にしたからこそもちろん返ってくることなのだけれど。志を同じくする門弟や仲間との交流に憧れる。

プロジェクトXと同じで、奥さんが大変そう。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む