サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略
問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略 問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

著者 ウジ トモコ (著)

ロジカルな思考では解決できない問題の突破口は、「左脳から右脳」へ思考をシフトすることにある−。企業の問題解決にデザインというあらたな視点を与える、視覚マーケティング戦略を...

もっと見る

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

1,706(税込)

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

1,536 (税込)

問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略

ポイント :14pt / 紙の本より170おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロジカルな思考では解決できない問題の突破口は、「左脳から右脳」へ思考をシフトすることにある−。企業の問題解決にデザインというあらたな視点を与える、視覚マーケティング戦略を提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウジ トモコ

略歴
〈ウジトモコ〉多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。アートディレクター。広告代理店等を経て、ウジパブリシティー設立。視覚マーケティングの提唱者。著書に「視覚マーケティングのススメ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/22 01:24

投稿元:ブクログ

視覚から見る情報の大切さと、どうやって視覚情報を
活用してビジネスに生かすか、という本。
視覚が人の心理に与える影響の大きさについてや
「コンセプト、ターゲット、人の心理を考えたうえで
デザインや設計を考えよう」という内容に
結構ページが割かれているが、
この本を手に取る読者の多くはすでに前提の話では?
いまさら細かく説明する必要はない気がする。
それよりもこの本を手にとった人が知りたいのは、
「それではどうしたらいいの?」という話だろう。
そういう意味で、デザインガイドライン、
ブランドサイクル、レスポンスデザインの話は結構興味深い。
あとは、ビジネスのための資料資料作りでの、
見せ方や色、書体選びなども
簡単かつ実践的なので良いと思う。

2016/11/24 01:27

投稿元:ブクログ

視覚マーケティング戦略といいながらも、ブランドの構築、販売戦略、はたまた資料作りまで。幅広いテーマから視覚を切り取り、よくあるビジュアルの戦略本にとどまらないのが僕のようなセールス寄りの人間にはとてもヒット。

借りてた本だけど、ポチった。

2017/01/03 11:56

投稿元:ブクログ

ビジュアルやデザインの考え方を取り入れたマーケティング手法
というのは、今の時代に 必要なんですね。それで、読んでみた。
『デザインとは問題解決のことである』と定義する。
「売上をもっと伸ばしたい」
「ライバル企業との競争に勝ちたい」
「顧客のリピート率を上げたい」
「社員のやる気を引き出したい」
という問題を デザインで解決するというのだ。
『デザイナーの頭の中を覗く―ビジネスで使える「デザイン思考」』
の著者 榎本雄二は
デザイン思考の本質とは、『誰かをハッピーにすることである』と言う。
ウジトモコの唱える デザインで問題解決という定義から言えば
榎本雄二の方が 一歩進んだ考え方をしている。

デザインがなぜできるのか ということに対して ウジトモコは
「クリエイティブジャンプ」や「ブレイクスルー」があると言う。
クリエイティブジャンプ という言葉が 
ある意味では デザインの力なのだろう。
論理的な思考では なかなか ジャンプができない。
論理的な思考力で 問題解決しようとしても 神がおりてこない。
デザインは 解決を降臨させるチカラがあるのかもしれない。

見ると言う行為は 「錯覚」と「期待」があると言う。
デザインをつくることで 
「いい仕事ができそう」と錯覚させることができる。

感覚を通してはいってくる情報量は、目から1000万ビット(90.9%)。
皮膚からは100万ビット。耳からは10万ビット。
臭覚器官からは10万ビット。味蕾からは1000ビット。
「ユーザーイリュージョン」
味蕾からそんなに少ないのか と驚くが、やはり 視覚判断が基本なのだろう。

「見せる」ことを最適化して、「すごい」「ステキ」「おもしろい」
という感情と結びつけさせて、人を行動に駆り立てる。
LINE,Facebookは、ビジュアルコミュニケーションであるが故に 流行っている。
多くの言葉のメッセージでなく 画像を共有することで つながろうとする。
人間の成長や心の変化が 画像にも表現できる。結婚式のシーンはそれをあらわす。

人は モノを見ているのではなく そこにある「世界観」を受けとっている。
そこには 発信者の 印象から ライフスタイルが 見える。
「高そうVS安っぽい」「好きVS嫌い」という 
2つのベクトルの価値観の中での判断。
なぜ 生ジュースより スムージーがはやるのかが 
トレンド的な傾向を示している。

たしかに デザインは 言葉で論理的な判断よりも、感覚的な判断が可能だ。
「筋道を立てて思考することは、将来性がない」とウジトモコは言い切る。
「直感」「空想」は、混沌と混乱から光を生み出せる。
未来に好まれるデザインが どう現れて来るのか?
ブランド価値が高いものほど 情報が整理されている。
情報が混乱しているものほど 沢山詰め込もうとする。
トマトジュースが リコピン○○グラムと機能説明するが、
必要でない情報のいれすぎである。
グラフィックエレメンツ分析をして 主観的にしか見れなくなったことから
冷静さや客観性をとりもどして 対象を見る。

あぁ。実に明快な 指摘。いままで やはり 情報を整理しきれていなかった
企画を 反省させる 提言である。
デザインは 問題解決する という定義は 問題のあり方を提示する
という意味で 重要なのかもしれない。
デザインで クリエイティブジャンプする 必要があるんでしょうね。

2015/08/25 13:00

投稿元:ブクログ

デザインにはほとんど興味関心はなかったが、「問題解決の新しい武器になる」というタイトルに惹かれて読んでみた。
ヒトが得る情報の90%は視覚情報だとか。となると、タイトルもうなずける。
☆ブランディング7つの基本
・ブランドの本質や根原を知る
・企画、コンセプト
・独自性
・クオリティとトレンドを最適化
・ガイドラインの設定
・事業拡大のイメージをあらかじめ持つ
・続けられる仕組み
今迄とは違う観点から考えるきっかけになるかもしれない。

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む