サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 5アンペア生活をやってみた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

5アンペア生活をやってみた(岩波ジュニア新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 取扱開始日:2014/09/23
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ジュニア新書
  • サイズ:18cm/217p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-00-500784-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)

著者 斎藤 健一郎 (著)

電力会社がつくる電気に極力頼らない生活をしたい-。東日本大震災をきっかけに、エアコンや電子レンジなど身の回りにあふれる家電製品と決別して始めた節電生活と、創意と工夫で手に...

もっと見る

5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

電力会社がつくる電気に極力頼らない生活をしたい-。東日本大震災をきっかけに、エアコンや電子レンジなど身の回りにあふれる家電製品と決別して始めた節電生活と、創意と工夫で手に入れた豊かで人間らしい生き方を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに
  • 1章 省エネ、エコってなんだろう
    • あなたのエコは本当にエコですか?/誰もがエネルギー消費の責任者/知るところからすべては始まる/お知らせは、通知表だ/増え続ける家庭のエネルギー消費
  • 2章 福島での震災・原発被災体験
    • 初めての福島勤務/幸せだった福島生活/大地震がやってきた/生まれて初めて感じる大揺れ/いざ地震被害の取材へ/知らずに被曝/地震被害取材から一転、原発被害取材へ/冷やし続けなければならない原発/誰も解決法がわからない原発事故/つらい取材が続く/終わらない原発被害/うずまく怒り/見えない恐怖/自らの避難生活/あふれる涙/福島を離れて東京へ
  • 3章 5アンペア生活を決意する!
    • 日本の中心は東京/東京での家選び/エネルギーを発散する東京/電気をつくるための犠牲/首相からの挑戦状/衝動的にわき上がった思い/アンペアダウンで節電/5アンペアとは/5アンペア契約実現す
  • 4章 電気を見えるようにしてみた
    • ブレーカー落ちが怖い/洗濯機を動かすのが怖い/見える 見える 電気が見える/省エネ家電のエース 扇風機/電気使用量の七変化/冷蔵庫の弱点を知る/家電が生き物のように見えてきた/一番電気を使う家電は/電気が苦手な仕事/電気は高級なエネルギー/見える化 偉大なり
  • 5章 エアコンなしで夏を過ごしてみた

著者紹介

斎藤 健一郎

略歴
〈斎藤健一郎〉1974年東京都生まれ。中央大学総合政策学部卒。朝日新聞社名古屋報道センター社会グループ記者。自家太陽光発電所「健康第一電力」所長。著書に「本気で5アンペア」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

どこまで電気を使わないで生活できる?

2015/09/20 11:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

福島原発の事故をきっかけに「電気を最低しか使わない」生活をしようと決めた著者。電力会社との契約を最低の5アンペアにして夏の暑さ、冬の寒さは乗り越えられるのか。出来るだけ楽しく、と工夫して著者が進めているので読んでいても悲壮感はなく、楽しいです。

本書の半年前に出版された「本気で5アンペア」と内容は重複しますが、本書は「ジュニア新書らしい」書き方になっています。家庭の電気器具がどのぐらいの電気を使っているのかをワットチェッカーでずっと測ってみたりするのはなんだか「自由研究」の題材のよう。洗濯機がどの段階で電気を一番使っているのか、などはやってみると面白そう。
「本気で5アンペア」の最後「もうすぐ二人の生活になるけれど」とちょっと心配していた著者のその後も少し触れられていますので、前著を読んで気になった方も読んでみては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原発について

2015/10/22 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災での福島原発の事故をうけてなお原発を稼働させることに対しての挑戦する本でした。冷蔵庫や洗濯機など使えない生活はなかなか厳しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/25 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/27 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/15 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/28 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/27 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/11 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/04 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/03 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/24 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る