サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

指を置く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/23
  • 出版社: 美術出版社
  • サイズ:23cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-568-50560-3
  • 国内送料無料

紙の本

指を置く

著者 佐藤 雅彦 (著),齋藤 達也 (著)

メディアの中に、自分の「指」が登場すると、どういうことが起きるのか。紙面に指を置くことではじめて鑑賞が成立する図版を紹介する。印刷されたグラフィック(図版)と鑑賞者の身体...

もっと見る

指を置く

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メディアの中に、自分の「指」が登場すると、どういうことが起きるのか。紙面に指を置くことではじめて鑑賞が成立する図版を紹介する。印刷されたグラフィック(図版)と鑑賞者の身体の新しい関係性を体験できる本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 雅彦

略歴
〈佐藤雅彦〉東京藝術大学大学院映像研究科教授。専門は、教育方法と表現方法。
〈齋藤達也〉1979年生まれ。映像技術による身体感覚の拡張をテーマとした作品を制作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

メディアテクノロジーの根幹に関わるかもしれない新たな可能性

ジュンク堂書店池袋本店さん

「指を置く」。一体何のことでしょうか。本書の表紙には、「指を置くことで、解釈が変わる」ということばが記されています。そして裏表紙には、瓶の中に赤いボールのようなものがヒモでぶらさげてある様子が描かれた奇妙なイラストがあり、その中央部には「i」という文字がポツンと書かれています。そしてそのイラストの下には、「iの上に人差し指を置いてください」ということばが添えられています。この表紙を見ただけでこの本が一体何の本なのか理解できる人は、ほとんどいないでしょう。それもそのはずで、本書は「メディアへの新しい関わり方」、それもこれまでに類書が書かれたことが無いような関わり方を、読み手に提示する本なのです。

では、「メディアへの新しい関わり方」とは、一体どんな関わり方なのでしょうか。本文中の記述を借りるなら、それは「メディアの中の出来事が自分事になってしまう」関わり方である、ということになります。人間はメディアを鑑賞する際、「自分自身」の存在を捨象し、そのメディアに意識を没入させることがほとんどです。本しかり、絵画しかり、映画しかり。しかし本書で提示されるイラストたちに、指示通りに「指を置く」ことをしてみると、あたかもそのイラスト内で起きている出来事に、自分が関与しているような意識にさせられてしまうのです。捨象されるはずの「自分自身」が、鑑賞対象であるメディアの一部になってしまうような不思議な体験が、「指を置く」ことで表出します。

先述した裏表紙のイラストに、「指を置く」ことをしてみましょう。瓶の向こう側にある、触れられないはずのボールを、あたかも自分がヒモでぶらさげているような、不思議な感覚に捉われます。自分の身体を、PCキーボードでのデータ入力のような単なるデバイスとしてではなく、メディアの構成要素の一部として用いるような、新しいメディア体験。これからのメディアテクノロジーの根幹に関わるかもしれない新たな可能性を、本書は提示していると言えるでしょう。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 芸術書担当 下田裕之)

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/01 14:55

投稿元:ブクログ

待ちに待った出版。大阪の展示会に行った。指を置くだけで自分の関与,意味の生起が体験される不思議な感覚に驚く。卒論でやらせてみてもいいなと思うけれど,学術的な裏付けをどうすればいいかわからない。卒業制作にすればいいのかな。入來篤史さんの脳科学による解説が本書には収められているので,それをベースにRQを立ててみるといいのかも。

2014/11/26 18:10

投稿元:ブクログ

人間の「つじつま合わせ」がこんなにおもしろい物だったとは…。生物学的にも順応精がある方が生き残れる確率が高い等、成る程と思う事ばかりでした。予断になりますが展覧会も見に行く事が出来まして、その時の展覧会の面白さを失わず本にされていて素敵だなあと思いました。

2015/08/01 19:18

投稿元:ブクログ

紅茶屋さんで偶然出会った一冊。「指を置くことで、解釈が変わる」を体験でもって実感する本。その場その場でつじつま合わせをする人間の脳の情報処理によって生まれる、現実にはあり得ない感覚。

紙、という静的なメディアが「触れる」という自分自身の行為と結び付くことで動的な鑑賞になる。

(引用)【指】とは【及び】という言葉が変化した言葉。指を差せば、そこに範囲が及び、指で触れれば、その表面の状態に意識が及ぶ。指でサインを送れば、相手に情報が及ぶ。このように、指とは自分の意識、自分の感覚、自分の意思がそこに及ぶという存在である。

佐藤雅彦さんの本はいつも色んな視点を与えてくれる。

2015/01/27 10:18

投稿元:ブクログ

平面グラフィックの上に指を置くと何が起こるのか。
平面から立体へ、静から動へ、そして見えてくる人間の不思議。
1頁ごとにアハ体験。読書は受動的なものだと思っていたけれど、この本は全力で能動的、そして絶賛参加型です。
指先1本をページに置くだけで脳の無限の可能性に出会えます。ぜひ体験を。

デザイン・色彩 ランキング

デザイン・色彩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む