サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

密室の神話
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390143-5
  • 国内送料無料

紙の本

密室の神話

著者 柄刀 一 (著)

自分はどちらにいるのか?受け入れられない現実と、悪夢への入り口と。驚異の四重密室。【「BOOK」データベースの商品解説】北海道の美術学校のアトリエで、男子学生の死体が発見...

もっと見る

密室の神話

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分はどちらにいるのか?受け入れられない現実と、悪夢への入り口と。驚異の四重密室。【「BOOK」データベースの商品解説】

北海道の美術学校のアトリエで、男子学生の死体が発見された。だが、部屋は内部から幾重にも施錠された密室だった。現場に残された絵の上には、「あと二人、選ぶ」と読める文字が…。書下ろし長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

四重密室の謎を解け! 会心の書下ろし長篇

北海道の美術学校のアトリエで、男子学生の死体が発見された。だが現場は内部から幾重にも施錠され…「密室の詩人」三年ぶりの新作。【商品解説】

著者紹介

柄刀 一

略歴
〈柄刀一〉1959年北海道生まれ。北海道デザイナー専門学院卒業。「3000年の密室」でデビュー。ほかの著書に「システィーナ・スカル」「バミューダ海域の摩天楼」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/04 15:05

投稿元:ブクログ

密室ものの名手である著者の久々の作品。今回は四重密室。

密室の仕掛け自体は機械的というか、あぁ、ナルホドとは思いつつも、それほど意外性はなし。読みどころは、何故そんな密室にしたのか、という点だと思うのだが、私としてはその犯人の思考に全く共感できなかった。結局のところ、母親からすれば、何て余計なことを!にならないだろうか、、、。
文章自体も読みにくい。視点がころころ変わり、本筋に関係のなさそうな人の視点まであって、文章がとっ散らかっている印象。決してスマートではない。ただ、現場に踏み込んでの素人探偵集団による推理合戦は論外としても、SNS上のもはやお祭り的なやり取りは、昨今の少年犯罪におけるネット上の闇雲な犯人(家族)の吊し上げを見ていると、あり得なくもないような、、、。つい少し前までは絶対あり得ないと鼻で笑ってそうな事が、現実になってきているのはちょっと怖ろしい、、、。

2015/01/09 23:19

投稿元:ブクログ

雪の中に出現した、恐るべき四重密室殺人事件。関係者間で渦巻く疑念と、お祭り騒ぎ的に謎解きに興じる無関係の人たち。世間の注目を集めたり、あるいは忘れ去られたりする事件。完全に機械的なパズラー小説かと思いきや、そういった事件を巡る事象が現実的に痛烈な皮肉を感じさせられました。
トリックに関しては機械的なのが分かってるし、こういうの考えるのは苦手だしなーと思っていたけれど。事件の動機と密室の意味には衝撃。そうか、物語の根本はこれだったのですね……なんともいえない哀切な印象が残りました。

2015/03/19 19:47

投稿元:ブクログ

著者3年ぶりの書き下ろし。
美術学校のアトリエで男子学生の死体が発見された。四重の密室、装飾された死体、雪の中に一つだけポツンと残った足跡。奇怪な事件に世間は沸き、ネットでは謎解き合戦が始まる…
なぜ密室は作られたのか、そしてそれぞれの目的や欲求のためにそれを消費する人々の物語。登場人物が多くて中途半端な印象があるし、密室を作った犯人の心情もわかるようでちょっと首を傾げたくなるモヤモヤした読後感。でもこれは著者の意図したことなのかもしれない。

2015/01/10 11:56

投稿元:ブクログ

北の美術学校別館で起きた何重もの密室殺人事件。
トリックを暴こうとするのは警察と、好奇心に裏打ちされたネット民。
美術学校の関係者や、被害者の友人、知人たちは、そこに情報を提供してみたり、被害者の家族のために心を尽くしたり、日常を過ごしたり。

時代はちょうど今から1年後くらいの日付になっていますね。まあ、世の中大きく変わらないでしょう。
無責任にトリックを暴こうとする人々っていうのは、本当にいるものなんですかねえ。私はどうにもSNSが苦手なのでよくわかりません。
まあ、そもそもそんな事件、早々起きませんよね。

なんというか。
みんな救われてほしいと思いつつ、そんなことはあり得ないのだよなあと。

2015/12/26 15:41

投稿元:ブクログ

久しぶりの柄刀さんの作品だったが、文章も内容ものめり込めず…トリックもSNSを使ったやりとりもわかりづらい…真相もやりきれない感じと謎を残した感じで消化不良。

2016/03/08 20:43

投稿元:ブクログ

犯人は、あの人っぽいけど、どうも???と思っていて、なので、殺したのと密室を作ったのが別人と分かって納得。
そこは、目からウロコな感じでうまいと思う。
でも、密室を作る動機がちょっと伝わるような、伝わらないような。
それに、過去の黒幕が不明のまま。
そいつが今回の犯人でもあると思い込んだのが、見事な目くらましになっていた。(私にとっては。)
そして、冷くんの扱いは?
色々中途半端な印象。
記者さんの立場もどうなんだろう。
あの人の一生懸命さはああいう結末でいいのか?ううむ。

2015/10/14 13:15

投稿元:ブクログ

美術学校の別棟で発見された学生の遺体。遺体周辺にはサイコパスの仕業を思わせる装飾が施され、しかも現場は四重密室。いかにも柄刀さんらしいテーマのお話。
明確な探偵役はおらず、刑事、美術学校の生徒やネットユーザーまで、いろんな探偵役が推理を繰り広げるのは面白い。
ただその分視点が定まらず、あまり進展がないまま、終盤で犯人自らの謎解きが唐突に始まり、急いで終わらせた感が否めない。
四重密室の謎やトリックは緻密だけれど、動機も含め共感しづらく、5年前の事件とか所々放ったらかしの部分もあったり、ちょっと消化不良な感じ。

2014/12/10 16:49

投稿元:ブクログ

事件を巡り、ネットで多くの人が推理しヒートアップする展開は面白かったものの、関係なさそうな物語が挟まるなど、何度も視点が切り替わるので道行が辛く読むペースが上がりませんでした。
また、四重密室の謎解きはあまり面白いと感じる類ではなく、寧ろ「なぜ現場は装飾されなければならなかったのか」の方が興味深く読めました。

2014/10/23 13:03

投稿元:ブクログ

【四重密室の謎を解け! 会心の書下ろし長篇】北海道の美術学校のアトリエで、男子学生の死体が発見された。だが部屋は内部から幾重にも施錠され…「密室の詩人」三年ぶりの新作。

2015/05/17 21:13

投稿元:ブクログ

四重奏密室ということで楽しみに読み出した。しかし読み終わった感想は、、、
話は作中に多くの人の名前が出てきたりして読みづらく、要の密室もなんかしっくりこない。話のテーマとしては面白かっただけに残念。