サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彩雲の城(Holly NOVELS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/14
  • 出版社: 蒼竜社
  • レーベル: Holly NOVELS
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88386-435-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

彩雲の城 (Holly NOVELS)

著者 尾上 与一 (著)

太平洋戦争中期。婚約者に逃げられた谷藤十郎は、外聞から逃れるように志願したラバウル基地で、高速爆撃機・彗星と共に着任してきた優秀で美しい男、偵察員の緒方伊魚とペアになる。...

もっと見る

彩雲の城 (Holly NOVELS)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

彩雲の城

864 (税込)

彩雲の城

ポイント :8pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「彩雲の城」が含まれるセット商品

商品説明

太平洋戦争中期。婚約者に逃げられた谷藤十郎は、外聞から逃れるように志願したラバウル基地で、高速爆撃機・彗星と共に着任してきた優秀で美しい男、偵察員の緒方伊魚とペアになる。伊魚は他人を避け、ペアである藤十郎とも必要最低限しか話さない。他にペアに欲しいと画策していた男がいた藤十郎だったが、冷たいようで生真面目で優しい男を嫌いにはなれなかった。それに、時折伊魚が起こす呼吸困難の発作も気がかりだ。そんな中、不調が続く彗星は偵察機への転用を命じられる。積乱雲湧く空を駆ける彗星ペアの運命は―。【「BOOK」データベースの商品解説】

太平洋戦争中、ラバウル基地で出会った谷藤十郎と緒方伊魚は、高速爆撃機でペアを組むことになったのだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もっと読みたいです!

2016/12/14 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miya - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的にはシリーズで1番好きな作品です。二人の生きる姿がただただ美しい。愛嬌がにじむ日常の場面と、クライマックスへ駆け上がっていく混乱の場面が見事につむがれていて一気読みしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙なくして読めません

2016/06/06 15:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

私のなかでは名作です。涙なくして読めません。戦争ものと言うだけでなく、お互いの傷をいやしていく過程に感動しました。とても癒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ3

2016/04/25 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は、主人公二人の気持ちが、あまり見えてこないまま、終わってしまった印象がありました。
シリーズ1の天球儀の海は、希目線であったにも関わらず、資紀の気持ちも、手に取るように分かって、とても感動しただけに、それと比べると、ちょっと物足りない印象を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/14 01:37

投稿元:ブクログ

尾上先生の作品の1945シリーズ三作品目になります。どんどんより濃厚な設定を組んできてシリーズ最大ページ数になっています。前作と舞台は同じくラバウルの航空隊の話です。今までと違うニュアンスな気がしたんですが、互いがどこからか逃げてきて、死に一番近い場所でありながらラバウルが再スタートというところが面白いなと思いました。今回もたくさんたくさんすれ違って、お互いが大切で失えない存在になっていきます。死んでなお共に在りたい、というのは恋愛とは違うけど、友情でも友愛でもない、それでも確かに深い絆を結んでいるんですよね。幸せになって欲しいと本当に思いました。

2015/02/17 17:58

投稿元:ブクログ

前作の月光ペア未読のまま一年を立つ。久しぶりの尾上先生の新作を手に取る。やはり素晴らしいな、と思わず感嘆の声を上げる。そんな難しい飛行機の操作半分以上に私の知識範囲を超えてるかかわらず、その張りがある場面を読んでるうちに、まるで彼らと一緒にその場にいる気がした。まずその臨場感がすごい。人に近寄らず、気位が高い割に、密やかに一人でモースルを叩く伊魚がカワイイ。無人島の鰐に罠をかける伊魚も、芳林堂のペーパーで蛇を捕まえてバンバンと捌く伊魚も勇敢で野生的な一面を垣間見できて嬉しい。唯一無二のペアという表現は好きだ。そう言えば、もしかして戦争で操縦員と偵察員という夫婦みたい存在はこういう関係があっただろうか、といろいろ想像してしまった。

2014/12/08 18:04

投稿元:ブクログ

購入したものの、ゆっくり時間が出来たときに大事に読みたいと思い
寝かせていましたが、我慢できずにあっというまに読了。
今回もラバウルが舞台で、前作【碧のかたみ】のスピンオフです。
ちょっと月光ペアも出てきたのも嬉しかったです。

今回は内地で婚約者に逃げられ、失意のうちに逃げるように
ラバウルへとやってきた藤十郎と、同じく内地で想い人に捨てられ、
左遷のような形で厄介払いされてきた伊魚の話です。
同じような境遇でありながら性格は真逆、明るく誰とでも
打ち解けられる藤十郎に対し、他人を全て拒絶する伊魚。
でもそんな伊魚も、本当は寂しくて人の愛情に飢えてる
可愛い子でした。

名前の通り、体温低めのお魚のような伊魚が、逃げても逃げても
追いかけてくる藤十郎に捕まえられたときには、心の底から
ほっとしました。
ペアっていいなぁ……と前作でも思ったものですが、今回は
擦り傷から切り傷まで、深く浅く傷ついた伊魚の心の傷を、
大切に大切にひとつずつ丁寧に軟膏を塗って埋めていくような、
そんな藤十郎の愛し方に胸が温かくなりました。
そして一見冷たく思える伊魚も、藤十郎の気持ちに応えようと、
不器用な優しさを見せるのがいじらしく、健気で何ともいえず
可愛かったです。

ふたりが搭乗する彗星は、まるで水に溶ける砂糖菓子のように
海の深くに沈んでしまいましたが、いつ死んでもいいと思っていた
伊魚が、最後まで生きようと足掻いた姿に涙します。
靖国での待ち合わせは、涙で紙面が霞んで先に進めませんでした。
そして作中、藤十郎は一体何度「伊魚」とその名を呼んだのか、
思わず数えたくなるような愛しい名前。
伊魚は一体何度、藤十郎とその名を呼ぶために練習したのでしょう。
かけがえのない存在であるふたりの行く末を、読者として一緒に
見守ることが出来て本当に良かったです。

表紙がまさにタイトルの通りで、美しさに溜息がでます。
それにしても伊魚の辞世の句、あいかわらず酷い(笑)
藤十郎じゃないけど、どっかで見たような句になってて
真面目なシーンなのに笑いが出そうになりました。

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む