サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. クトゥルフ少女戦隊 第1部 セカイをわたしのスカートに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クトゥルフ少女戦隊 第1部 セカイをわたしのスカートに(The Cthulhu Mythos Files)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/25
  • 出版社: 創土社
  • レーベル: The Cthulhu Mythos Files
  • サイズ:19cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7988-3019-3
  • 国内送料無料

紙の本

クトゥルフ少女戦隊 第1部 セカイをわたしのスカートに (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

著者 山田 正紀 (著)

5億4000万年前、突如として生物の「門」がすべて出そろうカンブリア爆発が起こった。このときに先行するおびただしい生物の可能性が、発現されることなく進化の途上から消えてい...

もっと見る

クトゥルフ少女戦隊 第1部 セカイをわたしのスカートに (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

5億4000万年前、突如として生物の「門」がすべて出そろうカンブリア爆発が起こった。このときに先行するおびただしい生物の可能性が、発現されることなく進化の途上から消えていった。これは実は超遺伝子「メタ・ゲノム」が遺伝子配列そのものに進化圧を加える壊滅的なメタ進化なのだった。いままたそのメタ進化が起ころうとしている。怪物遺伝子(ジーン・クトゥルフ)が表現されようとしている。おびただしいクトゥルフが表現されようとしている。この怪物遺伝子をいかに抑制するか。発現したクトゥルフをいかに非発現型遺伝子に組み換えるか?そのミッションに招集された現行の生命体は三種、敵か味方か遺伝子改変されたゴキブリ群、進化の実験に使われた実験マウス(マウス・クリスト)、そして人間未満人間以上の四人のクトゥルフ少女たち。その名も、究極少女、限界少女、例外少女、そして実存少女…。クトゥルフと地球生命体代表選手の壮絶なバトルが「進化コロシアム」で開始された!これまで誰も読んだことがないクトゥルフ神話と本格SFとの奇跡のコラボ!読み出したらやめられない、めくるめく進化戦争!【「BOOK」データベースの商品解説】

いま、怪物遺伝子(ジーン・クトゥルフ)が、そしておびただしいクトゥルフが表現されようとしている。この怪物遺伝子をいかに抑制するか。クトゥルフと地球生命体代表選手の壮絶なバトルが「進化コロシアム」で始まる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/01/24 20:25

投稿元:ブクログ

ニュース番組の看板アンカーから話が始まるが全く共感もできず、それにまつわる女たちが何故か少女に置き換わるという設定も、何故、そういった設定なのかわからないし、そもそも何故、ゴキブリで、天使でというのもわからない。底本となる邪神の話がわかっていないかもしれないが、読むのがつらかった。

2014/10/17 18:25

投稿元:ブクログ

相変わらず山田正紀さんのSFはぶっ飛んでます!(褒め言葉)クトゥルフが好きで、SFが好きな人で、大らかな心をお持ちな人にはおすすめ。クトゥルフ魔法少女がクトゥルフ爆発と戦う小説ですよ!一気に読んでしまいました!2巻が超楽しみです!