サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 上(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/28
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-729975-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 上 (ファミ通文庫)

著者 野村 美月 (著)

革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは小さな菓子屋を見つける。そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主...

もっと見る

アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人 上 (ファミ通文庫)

605(税込)

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈上〉

544 (税込)

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈上〉

ポイント :5pt / 紙の本より61おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは小さな菓子屋を見つける。そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで、すわ革命派の残党か、或いは盗賊かと疑うオーギュストだったが…!?“将軍の銀の猟犬”と呼ばれ名を馳せた動乱の英雄が、女王の菓子職人として大活躍!後に“菓聖”と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジーが上下巻で登場!!【「BOOK」データベースの商品解説】

革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは小さなパティスリーを見つける。そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/18 21:05

投稿元:ブクログ

無愛想な菓子屋店主は女王の菓子職人で、動乱の英雄だった。お菓子はしあわせな無駄。皆が贅沢を楽しめるようにするため、孤児となった少女は立ち上がった。幼妻め。焼菓子が食べたくなるラノベ。カレール、実はいいやつ。

2014/11/03 16:32

投稿元:ブクログ

恋愛の構図がちょっとクラシカルすぎる気もするが、史実をベースにしてるだけに、そこもまた一興。
女子も実はツンデレが気になるんだべなぁ

2016/01/18 00:38

投稿元:ブクログ

わーわーと騒がしいお話を盛り上がると解釈したら
つまらないかもしれませんが、これは架空の歴史
ファンタジーなので端正な筆致が似合います。

フランス革命から第二帝政までのフランスをモデルに
描かれてると思うのですが、ヒロインの女王と
無口なパティシエの主人公の青年、実はどちらも
情熱家で、深い愛を胸に抱いて、信念を持ってると
思います。

列強に挑む若き病弱の女王と退役軍人の怜悧な若者。
どんなに想い合っても結ばれることはありません。

しかしわかりやすいハッピーエンドだけが幸福の形
ではないので、これはこれで良いのかと。

(ネタばらしになっちゃうので細かくは書きません。
ちなみに下巻も読み終わりました。)

狂言回しである劇作家オーギュストは
いつもの野村作品の雰囲気から、シリアスで
ロマンティックな今作の橋渡しをし、アルジャンが
本当は優しい青年だとわからせるのがお仕事なので
彼を主人公だと思って読み進めるとアテが外れます。

このお話が面白くなかった方は、世界史の
フランス革命から第二帝政までとウィーン会議を
おさらいなさってから、ロクサーヌやアルジャンが
本当にいて、智謀で敗戦を乗り切ったとご想像あれ。

ぐっと面白くなりますよ。

2014/12/01 05:54

投稿元:ブクログ

戦いもできるお菓子屋さんのお話。

可もなく不可もなく。
盛り上がりもなく淡々と終了。
面白くない、わけでもなく、面白いわけでもない。
お菓子もの全般に言えるんだけど、いかにそのお菓子がおいしいかっていうのを説明するのが完全に置いてきぼりになる。
テレビのリポーターのようなコメントを3行以上続けられると意味不明すぎて逆に伝わらない。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む