サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/21
  • 出版社: ベストセラーズ
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-584-13599-0
  • 国内送料無料

紙の本

日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由

著者 井形 慶子 (著)

日本を離れたがらない英国人は少なくない。それはなぜか。イギリスに家を購入し、日英を往復する生活を送っている著者が、日本の素晴らしさと弱点を、日本に住み続けたいと語る英国人...

もっと見る

日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本を離れたがらない英国人は少なくない。それはなぜか。イギリスに家を購入し、日英を往復する生活を送っている著者が、日本の素晴らしさと弱点を、日本に住み続けたいと語る英国人の視点から解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井形 慶子

略歴
〈井形慶子〉1959年長崎県生まれ。作家。28歳で出版社を立ち上げ、英国の生活をテーマにした月刊情報誌『ミスター・パートナー』を発刊する。同誌編集長。著書に「老朽マンションの奇跡」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.7

評価内訳

2015/10/25 13:07

投稿元:ブクログ

納得出来る部分もあり出来ない部分もあり…という印象です。ただ夜道でも女性が一人で歩けるという事は世界でも稀有という事を忘れない様にしたいです。

2014/12/17 21:39

投稿元:ブクログ

日本人はよく、外国人が日本をどう見ているかに非常な興味を持っているといわれる。外国人が日本に関する本を書くとよくうれるそうだ。この本もそんな一冊のような気がして読んでみた。
期待にたがわず、そういう本だった。
もっとも、3分の1あたりをすぎたところからは、日本に済英国人の話では間が持たなくなったとみえて、イギリスに関する話が多くなり、最後は日本と英語の文化・風習の違いに関する話題に移っていく。そういう意味では、外国人が日本に対してどのような見方をしているか、という興味だけで読むとやや拍子抜けかも。

2015/01/11 07:52

投稿元:ブクログ

在日イギリス人の人たちが日本在住を選んだ理由を紹介。教育、食事、観光、安全などの分野で日本スタイルに惚れ込んでいるみたい

2015/03/06 10:22

投稿元:ブクログ

英国人が日本に魅力を感じるところ
和食、アニメ、テクノロジーの他に、日本人の優しさ、日本の景観などです。
逆に言うとイギリスでは味わえないものと言うことになります。
イギリスは、基本的に自己主張、自己責任の国です。また階級社会です。ロンドンでも1/2は外国人です。
また食事はまずく、公務員は怠惰です。
でも自己責任のため40歳以上は老後として自分の生活を楽しみます。そして今を生き、死を旅立ちと考えおそれません。
国の違いで良いところもあり悪いところもあるということですね。
自己主張が強い英国人が日本にくればきっと住みやすいでしょうね。

2016/04/30 23:09

投稿元:ブクログ

図書館で同じ著者の本を4冊借りたうちの4冊目。
3冊目があまりにひどかったので、読むのをやめても良かったのですが、まあついでだから読みました。
やっぱりひどい内容でした。
すべてのページにツッコミどころがあると言っても過言ではないです。論旨がめちゃくちゃ。知っていること、思いついたこと、インターネットで検索したことを深く考察せずに適当に並べているだけなので、何がどうなってどこからそういう結論になるの?という驚きの連続を読者に与えます。
これはひどい。とにかくひどい。
この人、まさかイギリスで、この独自の論理組み立て方法による日本論やイギリス論、果ては国際論などを偉そうに披露していないだろうかと心配になります。「頭が沸いている」というネット用語はこの人のためにあると思う。

論理の飛躍の一例を抜粋します。『』内は本文の引用です。

・『このスラップ(注・そばをすする音)は、そばを楽しむ秘訣であり、日本の文化ですから、これに馴染めるか否かで、日本に住み続けられるかどうかが左右されます。この習慣を受け入れられないイギリス人は、遅かれ早かれ母国に帰ってしまいます。』

はぁ? ( ゚Д゚)

・『現在のイギリスには、「お客様は神様」という考えはありません。このようなこと(注・空港の係員が客を待たせておしゃべりを始めたこと)がまかり通る理由は2つ考えられます。まずイギリスには、いたるところに「Abusive language will not be tolerated」という標語が貼ってあり、客サイドからのクレームがつけづらいこと。2つ目は、「民族差別」を厳しく禁じていることです。空港の窓口の係員はインドの女性でした。』

はぁ?? ( ゚Д゚) 民族差別? 標語? それが理由?

・『たとえば、旅行。知らない街に行って、自分たちで面白いものを見つける欧米型と、あらかじめスケジュールをきちんと決めて動く日本型。違いは歴然です。日本人は型に納まることで安心しますが、自分の中に独自のスタイルがある欧米人は他人流の型に入れられると大変なストレスを感じます。』

…はぁ!???? ( ゚Д゚)
スケジュールきちんと決めるのは日本型? まじですか? 自分の中の独自のスタイルって何ですか?

・『「硬貨がパズルになったら面白いだろう」という視点を英国の王立造幣局が採択したのです。私はここに、イギリスが古いものを守りつつも新しい価値観を受け入れていく象徴のようなものを感じました。』

…今、ものすごく適当にパラパラめくってピックアップしましたが、こういう「はぁ??」と言いたくなる論理展開がほぼ全ページにわたり、繰り返し繰り返しランダムに、なんのまとまりもなくダラダラと続きます。

これはひどい。とにかくひどい本です。

生き方・ライフスタイル ランキング

生き方・ライフスタイルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む