サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. Film Analysis 映画分析入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

Film Analysis 映画分析入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/21
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:21cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1439-5
  • 国内送料無料

紙の本

Film Analysis 映画分析入門

著者 マイケル・ライアン (著),メリッサ・レノス (著),田畑 暁生 (訳)

ワールド・スタンダードな映画学の教科書。美しいスチール写真を多数ちりばめながら、構図、カメラワーク、歴史的批評、構造主義批評など、映画の技法・思想について叙述する。各章末...

もっと見る

Film Analysis 映画分析入門

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ワールド・スタンダードな映画学の教科書。美しいスチール写真を多数ちりばめながら、構図、カメラワーク、歴史的批評、構造主義批評など、映画の技法・思想について叙述する。各章末に課題を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・ライアン

略歴
〈マイケル・ライアン〉テンプル大学准教授。批評誌『Politics and Culture』の編集委員。
〈メリッサ・レノス〉ドネリー大学助教。映画を中心とした物語論を専門に研究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/22 14:45

投稿元:ブクログ

アメリカの映画批評入門クラスの教科書として使われているということで、たしかに基礎的な知識が網羅的にカバーされておりわかりやすい。第1部ではカメラワークやカラー、画面構成など技法面の解析について、第2部では構造主義、ポスト構造主義、ジェンダー論、ポストコロニアル論などのさまざまな現代思想の潮流も踏まえて、意味の解析について解説されています。豊富なスチール写真を使って解析の例が示されているのもたいへん魅力的。
ところがAmazonのカスタマーレビューを見ていたら、この意味論解析の部分について、「80年代でもあるまいに、大昔の左翼アジ演説みたいな教条主義」とこきおろしている人がいるんですよね。ジェンダー論とかポスト構造主義って、大学で批評を体系的に学ぶのなら当然最低限押さえておくべき基本だと考えられてるからこそテキストになっていると思うんだけど、映画批評の本を読むような人が、それを古臭い左翼の教条主義だと認識しているとは? 
まさにこういう態度にこそ日本の映画批評の問題が如実に表れてると思いますね。21世紀にもなってメジャーな映画批評誌にフェミニスト視点やポストコロニアル視点からの批評がほぼ皆無という状況がどれだけまずいのか自覚がない。映画批評というのは、まさにサイード的な意味での知識人の仕事であるべきなのに。
こういう日本の状況の中で、このテキストが翻訳され使用されるようになったのは画期的なことなのかも。これで批評を学ぶことのできる学生はうらやましい。

2014/10/08 14:27

投稿元:ブクログ

「映画を批評的に見る」見方を教えて貰えるようです、、、

フィルムアート社のPR
http://filmart.co.jp/books/history_theory/2014-10-22wed/

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む