サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語の文字・綴り・発音のしくみ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語の文字・綴り・発音のしくみ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 研究社
  • サイズ:21cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-327-40164-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

英語の文字・綴り・発音のしくみ

著者 大名 力 (著)

英語についての基礎知識である「文字と綴り」についての参考書。音声学、フォニックス、文字論、英語史など、それぞれの分野で語られてきた内容を相互に関連付けながら、英語の書記体...

もっと見る

英語の文字・綴り・発音のしくみ

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

英語についての基礎知識である「文字と綴り」についての参考書。音声学、フォニックス、文字論、英語史など、それぞれの分野で語られてきた内容を相互に関連付けながら、英語の書記体系について包括的かつ原理的に解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

★アルファベットの起源から現代英語の正書法まで
アルファベットの起源から、現代英語の綴りのしくみとその歴史的な成立の過程まで、英語の文字や綴りについて包括的かつ原理的に解説する。「 name のように読まない e を語末につけるのはなぜか」「 sitting と綴るのにどうして visit は visitting とは綴らないのか」「冠詞の発音が母音と子音の前で違うのはなぜか」「アルファベットの A はなぜアでなくエーと読むのか」などの疑問にも答える。英語の書記体系( writing system )について学ぶための格好の参考書。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第I章 五十音図について考える――調音音声学入門
  •  A. 「五十音図」について考える
  •  B. 調音音声学
  • 第II章 発音と綴り字――基礎編
  •  A. 英語の文字
  •  B. 各文字の読み方
  • 第III章 発音と綴り字――応用編
  •  A. 各文字の名前
  •  B. 内容語の最低文字数

著者紹介

大名 力

略歴
〈大名力〉東京学芸大学修士課程修了(教育学修士)。群馬大学教養部、社会情報学部講師を経て、名古屋大学大学院国際開発研究科教授。著書に「言語研究のための正規表現によるコーパス検索」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/05 23:40

投稿元:ブクログ

 英語の発音と綴り字が乖離しているのはなぜか、アルファベット(ラテン文字)の発達について、分綴(単語の分け方)についてなどを網羅的に解説した本。日本語の文字や音声について、また調音音声学の基本も解説されている。
 英語学の本としては異色の本ではないかと思う。音声学や発音と綴り字の関係について扱ったものは色々あるだろうが、特に分綴や文字の発達、書体について、体系的・網羅的に解説した本は、他に見たことがない。
 一見、綴り字と発音の関係の部分が主要な箇所だが、閉音節の前で短音、とか「見かけ上の開音節を作る」とか、内容語は3文字以上にする、とか、英語に習熟する過程で無意識のうちに知っていることが明示的に解説されている。一見、綴り字と発音が乖離しているように見えても、音節構造や歴史的な変遷のせいで乖離しているだけであり、実は合理的なのだということも分かる。どのような変遷があったのかということが年表形式でまとめられていたりして、面白い(p.216)。
 ただ、一通り読んで、気になった部分はマーカーしたり付箋をはったりしたが、ボリュームが多すぎて消化不良だった。折に触れて何度も見返さないと、忘れてしまう。そして語学としての英語を学びたい人が読む本でもない。英語の指導者や英語学、とりわけ英語史や音声学を専攻する人なら必ず目を通しておくべき本であると思う。(15/04/05)

2015/06/06 16:28

投稿元:ブクログ

言語の系譜、発音の学術的な体系を理解できる。
知らない単語でもある程度意味を類推できるヒントがある。。

2015/08/06 16:44

投稿元:ブクログ

おすすめ資料 第268回 (2015.1.23)
 
英語の綴りのややこしさは何によるものか?
書記体系の成り立ちを振り返ることで「そうだったのか」と感じることができる1冊です。

一見複雑にみえるものの背後にはたらく原理を知ることは、必ず今後の糧になるでしょう。
何となくわかっているつもりのことも、よりすっきりさせられますよ。

地味ながら、眺めている内よく見えてくる不思議な装丁が、内容にぴったりです。

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む