サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本の地方財政
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/17
  • 出版社: 有斐閣
  • サイズ:22cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-641-16448-2
  • 国内送料無料

紙の本

日本の地方財政

著者 神野 直彦 (著),小西 砂千夫 (著)

地方財政の仕組みを深く理解できるように、制度形成の歴史を踏まえて解説した手引書。背景にある理念や考え方に焦点を当てて説明し、実務に役立つ知見を数多く盛り込む。【「TRC ...

もっと見る

日本の地方財政

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地方財政の仕組みを深く理解できるように、制度形成の歴史を踏まえて解説した手引書。背景にある理念や考え方に焦点を当てて説明し、実務に役立つ知見を数多く盛り込む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神野 直彦

略歴
〈神野直彦〉東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。同大学名誉教授。地方財政審議会会長。
〈小西砂千夫〉関西学院大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。同大学人間福祉学部・大学院経済学研究科教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/02 23:26

投稿元:ブクログ

まず、財政って何のためにあるのかという問いから始まり、地方財政が果たす役割(つまりそれは地方公共財を供給すること)、地方税制、地方債、地方交付税、国庫補助金まで対応しています。本書で地方財政については一通り勉強できる。私は、自主勉強会のテキストに使用しました。地方財政を初めて学ぶ人にとっては、わかりやすい入門書なのではないかと思います。
地方交付税のところはもともと理解が難しい制度であるのですが、できるだけ易しく解説しようとしていることが読み取れてよいです。

一番勉強になったのは、地方自治体の役割は地方公共財を供給することということ。つまり、その地方自治体の区域に便益が限定される公共財を提供することなのですが、地方公務員にとって大事だと思うのは、自分の仕事は地方公共財を供給することなのかということを意識することだと思います。この議論を踏まえると、「これってうちの県が対応するものなのだろうか」という意識が生まれます。その仕事が地方公共財でないからといって、すぐに撤退することも難しいのでしょうが、そういう意識をもって仕事をすることがまず大事なのかなと思いました。