サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

壊れし者たちの季節
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/15
  • 出版社: 幻冬舎ルネッサンス
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7790-1091-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

壊れし者たちの季節

著者 中山 英昭 (著)

僕は圧倒されるような強さを二郎に感じていた。それは、精神的とか肉体的とかいう言葉では表現し得ない、一対一で二人が向かい合った瞬間に直感する強さだった。青年の孤独と葛藤、そ...

もっと見る

壊れし者たちの季節

1,620(税込)

壊れし者たちの季節

823 (税込)

壊れし者たちの季節

ポイント :7pt / 紙の本より797おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕は圧倒されるような強さを二郎に感じていた。それは、精神的とか肉体的とかいう言葉では表現し得ない、一対一で二人が向かい合った瞬間に直感する強さだった。青年の孤独と葛藤、そして成長を描いた青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

僕は、圧倒されるような強さを二郎に感じていた。それは、精神的とか肉体的とかいう言葉では表現し得ない、一対一で二人が向き合った瞬間に直感する強さだった−。青年の孤独と葛藤、そして成長を描いた青春小説。【「TRC MARC」の商品解説】

主人公の大学院生の「僕」は、ストレートに人と関わり合うことを避け、象牙の塔に籠ろうとしていた。しかし偶然、幼馴染の二郎と大学内で再会したことで、一風変わった大学生の下宿人たちとの交流が始まり、「僕」は徐々に鎧を脱いでゆく。下宿人たちは大学生というモラトリアム期間を十分に楽しみながらも、あがき、模索し、なんとか世の中と折り合いをつけて生きようとしていく。そんな中、「僕」は、親友とのショッキングなつらい別れを経験する。だが、生身の人間とのふれあいや、彼らから一人の人間として受け入れられたことで、過去のこだわりからも徐々に解放されていくのだった。青年の孤独と葛藤、そして成長を描いた青春小説。【商品解説】

目次

  • 第一章 邂逅
  • 第二章 変化の兆し
  • 第三章 喧噪と混濁
  • 第四章 魅入られた場所
  • 第五章 夏の異変
  • 第六章 変わりゆく日々
  • 第七章 長い夜
  • 第八章 再びの季節

著者紹介

中山 英昭

略歴
〈中山英昭〉昭和27年香川県生まれ。私立大学文学部哲学科卒業。さまざまなアルバイトを経て、55年より3年間、某宗僧侶に。還俗し、工事会社に入社。平成13年設備修理会社設立、代表兼現場作業員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)