サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-30755-9
  • 国内送料無料

紙の本

もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実

著者 母里 啓子 (著)

「ワクチンは安全」ではありません。いらないワクチンを断って、今の健康を大事に生きましょう。「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」の著者が語る、うつる病気とワクチンの考...

もっと見る

もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ワクチンは安全」ではありません。いらないワクチンを断って、今の健康を大事に生きましょう。「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」の著者が語る、うつる病気とワクチンの考え方。医師・近藤誠との特別対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

母里 啓子

略歴
〈母里啓子〉1934年東京都生まれ。千葉大学医学部卒業。医学博士。元・国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)疫学部感染症室長。著書に「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/31 23:25

投稿元:ブクログ

今年(2014)もインフルエンザが流行りました、例年より寒くなったせいかもしれません。私の勤務している部署でも若手を中心にインフルエンザと診察されて、数日間出勤停止となった同僚がいました。

インフルエンザを予防するために、ワクチンを接種するのは半ば常識のようになってきました。私は、数年前にこの本の著者である母里氏の本(インフルエンザワクチンは打たないで!)という本を読んで、ワクチンを打つより、インフルエンザにかかっても早めに体内で抗体を作る方が重要であることを理解しました。

気がかりであったのは、その本が2003年の頃に書かれたもので、その後の新型インフルエンザについての彼女の意見を確認したく思っていました。その考えは最近でも同じであることをこの本で確認できて嬉しく思いました。

ワクチン研究をずっと行ってきた母里氏が書かれたから納得感もあると思います。一人でも多くの人がこの本を読んで、ワクチンに頼るのではなく、健康に留意して、自然治癒力を高める生活をするようになってほしいです。

以下は気になったポイントです。

・厚生省が「積極的勧奨はしない」とした、子宮頸がんワクチンは絶対に打ってはいけないもの。がんを防ぐかもしれない、と希望的観測で作られた実験的ワクチン(p18、22)

・「予防する効果を期待されています」とは、効果があるかどうかまったくデータがとれていないことを意味する(p27)

・薬は病気の人にしか売れないけれど、ワクチンはすべての人に売ることができる。健康な人を脅せば、一歳あたり百万人の需要が確保できる(p33)

・肺炎球菌ワクチンは、元気な人には必要ない、そして、免疫力の落ちた人には効果がない、というものである(p42)

・インフルエンザワクチン等の不活性化ワクチンは、死んでいる病原体を使っているので、体内に入っても増殖しない、ごくわずかな免疫抗体をつくるのみ(p53)

・天然痘を撲滅できたのは、天然痘ウィルスは人間にしか感染せず、感染した場合には、頭部や顔を中心に大きな発疹が現れるので、患者を囲い込める(p66)

・人間の体には、異物を排除するという自然のしくみが備わっている。死んだ病原菌を入れても十分な免疫抗体をつくらず追い出してしまう、そのためにアルミニウムや油などの水に溶けない異物であるアジュバンドを加えて、それに死んだ病原菌をつけて異物にする(p76)

・インフルエンザワクチンの副作用が大きくなり、1992-1994年にかけて予防接種裁判は国が和解に持ち込み、患者側の勝訴となった。そして学童への集団接種は廃止となった(p82、112)

・インフルエンザは、のどや鼻の粘膜にとりつき、30秒後には感染する。自然感染すれば、粘膜にも免疫抗体が作られるが、ワクチンでは血中にしか抗体は作られない(p111)

・60歳以上の方は、インフルエンザにかかった後に無くなった方よりも、ワクチン接種後に無くなった方のほうが多かった(p126)

・発熱は、自分の体を守るための生体反応、熱中症など、外から熱された場合は危険である(p129)

・3年間にわたる闘争の後、膨大な元データが公開され、2014.3の最終結論によれば、タミフルには肺炎や入院を減らすという科学的根拠はなかったことが判明した(p133)

・インフルエンザの流行を防げない一番の理由は、元気な人が感染を広げている、感染しても熱も出ない元気な、不顕性感染という状態の人がたくさんいる(p137)

・インフルエンザを発病しない最強の予防法は、インフルエンザにかかること(p140)

・予防接種は努力義務、努めるべきであるがしなくても処罰の対象にならず、選択は個人の自由に任されるという意味(p161)

・スペインかぜで3千万人も死んだ原因は、アスピリンのせいとも言われている(p178)

2014年12月31日作成

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む