サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ペコロスの母の玉手箱

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/21
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:24cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-331328-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ペコロスの母の玉手箱

著者 岡野 雄一 (著)

認知症で施設に暮らす91歳の母の最後の15カ月を、64歳の息子が優しく切なく漫画で描く。『週刊朝日』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。ジャケットそでに漫画、本体表紙に「告別...

もっと見る

ペコロスの母の玉手箱

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ペコロスの母の玉手箱

1,026(税込)

ペコロスの母の玉手箱

ポイント :9pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

認知症で施設に暮らす91歳の母の最後の15カ月を、64歳の息子が優しく切なく漫画で描く。『週刊朝日』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。ジャケットそでに漫画、本体表紙に「告別式の筆者の挨拶」あり。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学評論随筆その他】長崎を舞台に、認知症で施設に暮らす91歳の母の「今」と「昔」を、64歳の息子がどこまでも優しく切なく漫画で描く。ベストセラー『ペコロスの母に会いに行く』の作者の第2弾。週刊朝日で好評連載中。【商品解説】

著者紹介

岡野 雄一

略歴
〈岡野雄一〉昭和25年長崎生まれ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

号泣必須!母との最後の日々

ジュンク堂書店福岡店さん

前作『ペコロスの母に会いに行く』で人気を博した著者・岡野雄一さんと認知症を発症した岡野さんの母親・みつえさんの日常を描いたほっこり暖かいコミックエッセイ。
前作からの続きの本作も、かわいくて素敵なみつえさんのエピソードが詰まっています。
相変わらず方言が懐かしくて、かわいくて、たまらなくなる。

けれど、本作はページをめくるたび、きっと読みながら号泣してしまうでしょう…(前作も号泣していたけども)
生きていくということについて改めて深く考えさせられました。

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

みんな子供

2015/06/06 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

痴呆になるのも、悪くないのかなぁ?幸せだった昔に帰って
やさしい気持ちで最後を迎えられたら、そう思います。
実は私の祖母も痴呆が進んでいて、世話をしている母(祖母からみたら嫁)が
姉さんになったり、孫たちは自分の兄弟に見えたりしているときがあるみたいですが
そういう時はかわいい子供みたいです。
「ペコロス」を読むと、祖母もこんな風に昔に帰っているのかなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/05 22:23

投稿元:ブクログ

今日私がしんみりしているのは、ペコロスの母の玉手箱を読んだから。
いつかは分かれていかなければならないのが親子です。
それがわかるからこそ、ペコロスさんとみつえさんのかけあいをずーっと見ていたくなっていました。
なのにみつえさんは91歳で車いすを卒業。
みつえさんが、今はどこかで、自由に飛んだり跳ねたり毬つきしたリしておられますよう、ご冥福を祈ります。

2016/06/22 10:45

投稿元:ブクログ

ついにみつえさんが亡くなった。前作より弱っている姿も多い。祖母を思い出しながら読んだ。

空にゆっくり落ちて行きましょうで
ゆっくりゆっくり

2014/10/19 01:10

投稿元:ブクログ

読んでいると涙が心に染み入ってくるように感じた。
過去と現在、現実とファンタジーが交差している。
みつえさんの認知症の進行、体力の衰えと、胃ろうの話……
現実はしんどいはずが、マイルドなって読んでいると切なさがこみ上げてくる。悲壮感から涙をさそうものではない。

前作『ペコロスの母に会いに行く』から生まれたであろう交流も垣間見れる。
ゆっくりと死に近づきながらまるで赤子に戻るような、みつえさんの姿の描写。それは次の世代への移行なのか、来世なのか――
死についての描写は、ホームからの連絡と面会、その後が淡々と描かれる。生も死も、老いも若きも共にある。

みつえさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2015/02/27 09:01

投稿元:ブクログ

認知症の母親を見守る息子さんが描いた優しいタッチの日常風景。

きっといろんな辛さや苦労や悩みがあったのだと思うけれど、楽しく面白おかしくそして和やかに綴られている紙面。認知症の方の行動の理由を、こういう風に思えたら楽になるよ、と提案してくれているのだな、と感じました。

幸い私はこの問題に直面していないけれど、心の中にこの本を忍ばせておいて、いざという時に思い出して糧にさせてもらいます。

2015/07/04 08:03

投稿元:ブクログ

胃ろうの手術をして1年 平成26年8月24日91歳 著者のご母堂様がグループホームでお亡くなりになりました。

胃ろうをすると栄養が行きとどき長生きされると世間ではささやかれているのですが…速かったですね…
又、認知になると概ね8~10年で無くなるともささやかれていますがご母堂様の場合は14年ほどでしょうか… 

認知症を「認知症」と臆さず名乗れる風潮が出来上がるといいと思うのですが。

2014/12/26 21:23

投稿元:ブクログ

「ペコロスの母に会いに行く」の続編。
 前作同様にユーモアと愛情と優しさに溢れた内容。
 戦争に関連するエピソードが若干増えたかも知れない。
 主人公のみつえさんのセリフの中で特に心に響いてきたのが「うーんと遠くまで寝むとった」。
 残念ながら当作品連載中に、主人公の岡野みつえさんが亡くなられたとのこと。
 享年91歳……ご冥福をお祈りします。

2014/12/29 23:37

投稿元:ブクログ

認知症の母とのエピソードを、これだけ自然体に、そして穏やかに描いている作者の立ち位置や視点が、読む人の先入観をそぎ落とし、温かい読後感をもたらしてくれる作品。
果たして自分が介護する側となった時、同じように振る舞える自信は全くないが、こういう見方もありだよ、と、そっと教えてくれているような気がする。何年後かにもう一度読みた直したい。

2016/07/10 23:47

投稿元:ブクログ

ペコロスの母に会いに行く。の続編。
とうとう、お母様は亡くなった。

前回よりも弱ったシーンが多いが、著者は、それに寄り添い、時にユーモラスに優しく描いている。
みつえさんにとっては、タイムマシーンに乗っているような日々なのでしょうか。
幸せだな。と、感じる。
後半は泣きながら読んでしまいました。
こんな風に穏やかにお見送りできたら、良いだろうなー。。

2015/06/17 22:04

投稿元:ブクログ

他人事ではないんだな。両実家の父母もいつか老いが迫り,それを見ている自分にも老いは確実に迫る。不安と思えばそれはエスカレートする。今を丁寧に生きることなんだろうな。1冊目も読んでみたい。

2015/03/12 09:17

投稿元:ブクログ

当然の事ではあるが
「親がボケちゃって…。」
なんて話に幸せ要素なんかいっこもない。

この世にはまだ特効薬も無く、
ただ静かに(どうか症状が進まぬように…)
と、祈るだけの恐ろしい認知症。
そんな家族の心労を救ってくれる施設も本も世の中にはたくさんあるが、
その中で出会えたら、
(きっと何かが変わる)と、思えるのがこの本だ。

著者ペコロスさんの母、みつえさんは
認知症を患い、施設でお世話にはなっていたが、
息子さんの温かい目を通して描かれた彼女は
ボケ老人でも、
孤独な老人でもなく、
ただの
<この世にいてくれるだけで、嬉しい大好きな人。>
以外の何者でも無かった。

残念ながら
この本の執筆中にお母さんはお亡くなりになったそうだが、
ペコロスさんが不思議な玉手箱を作ってくれたお陰で
誰もが年老いてゆく未来にも
「なんも心配せんともよかとよ。」
みつえさんの優しい声が残された。

本当にありがとう。

2016/02/14 08:39

投稿元:ブクログ

過去の想い出を辿っていくところを玉手箱と例えているんですね
結構衝撃的なエピソードがさらりと描かれているので
読んでしばらくしてからびっくりしますが
それが描けるのもほんわかした絵ならではかもしれません

2014/11/29 06:24

投稿元:ブクログ

介護等の心配は、その期間が全く分からないものだけに、自身が著者の立場になったとして、現在の会社の勤務環境の中で何をどこまでできるのかを考えると、厳しい現実に直面する。したいことと、できることについて、改めて考えた。

2014/12/14 18:21

投稿元:ブクログ

前作と同様に、ほんのりとした読後感と同時に、涙無くしては読めない秀作。過去と現在を行き来する認知症の人の言動や行動。あらためて若い時のその人ととなりや生活を知っておくことが、認知症の人の言動や行動を理解することに大事であることを再認識。当然のことながら認知症は進行し、会話はなくなってくる。そして身体も弱ってくる。その経過の中で邂逅する家族の気持ちがほんのりと表されているので、涙は出るものの悲しさは感じられないのは著者のユーモアや絵のタッチによるものか。

2015/05/03 00:20

投稿元:ブクログ

十分な親孝行ができても、
91才という世間でいう大往生でも、
とてつもない寂しさ、喪失感は
避けられないと思い知らされる。
みつえさんが、とても幸せに
ゆっくりゆっくり空に落ちて
いったのが救い。

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む