サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ?が!に変わるとき 新聞記者、ワクワクする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

?が!に変わるとき 新聞記者、ワクワクする
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 取扱開始日:2014/10/30
  • 出版社: 汐文社
  • サイズ:20cm/133p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-8113-2135-6
  • 国内送料無料

紙の本

?が!に変わるとき 新聞記者、ワクワクする

著者 小国 綾子 (著)

人に会う。そして、疑問符を感嘆符に変えていく-。新聞記者の毎日は、そのくり返し。そんな風に仕事にドキドキし、ワクワクしてきた25年間のことと、新聞記者になるまでのことをつ...

もっと見る

?が!に変わるとき 新聞記者、ワクワクする

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人に会う。そして、疑問符を感嘆符に変えていく-。新聞記者の毎日は、そのくり返し。そんな風に仕事にドキドキし、ワクワクしてきた25年間のことと、新聞記者になるまでのことをつづる。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに
  • 一章 新聞記者になるまで
    • 本棚一つない家で
    • 「向こう見ず」でいこう
    • 「比喩辞典」との出会い
    • ザック背負って一人旅
    • 就職浪人のクリスマス
  • 二章 記者生活の日々
    • 「だめだぜ、おい!」
    • 当事者になれない?

著者紹介

小国 綾子

略歴
〈小国綾子〉1966年大阪生まれ。毎日新聞社勤務。「アメリカの少年野球こんなに日本と違ってた」でミズノスポーツライター賞(優秀賞)受賞。ほかの著書に「魂の声リストカットの少女たち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/28 10:04

投稿元:ブクログ

汐文社の「新聞を考える本」シリーズ

新聞記者とはどういう仕事か?
どうして新聞記者になったのか?ということを学生向きに書いた本

大変読みやすい文章、素直な内容。
小国さんらしい印象深い言葉の選び方だと思う。
タイトル然り。

P5
「問い」は何だっていい。できれば単純な方がいい。どうしても知りたいと思うのがいい。

私が書きたいのは、そんなこと。
<疑問符>が<感嘆符>に変わる瞬間の喜び。変わるまでの道のり。

P39
「迷ったら、やったことのない方を選ぼうよ」

P50
でも、警視庁詰めの一年間に私が得たものは、得意なことだけをこなしていたのでは絶対に手に入らない“宝物”だったのかもしれない。

P61
「できるいことで、できないことがある。できないことで、できることもある」

P116
丸山眞男の言葉より
「横につきあいなさい」
同じ職場、同じ考え方の者同士しかつながらないなんて、あまりにもったいない。できるかぎり、異なる意見を持つ者と対話し、横に関係を結んでいきなさい。それが民主主義に本当の強さを与えるんですよ。

ちょうど、これと同じだな~と
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3606.html
吉野弘さんの詩
★後で調べる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E5%BC%98

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/180201.html

P118
できるだけ遠くの人に言葉を届けたいー

園子温「震災後の表現は、より誠実でなければいけない。どんな稚拙で未熟な表現になろうと一歩踏み出すこと。それが誠実だ」

なかにし礼「僕は書きますよ。後で違うと思ったら、何度でも書き直せばいい。続編を書けばいいんです」

松谷みよ子「読み手にこびないこと。子どもに読んでもらいたいからって、子どもにこびちゃだめなの」

谷川俊太郎「ただ言わないこと、書かないこと、黙っていることまで<言葉というコトバが含意しているとすれば、私の内部の沈黙は以前に比べて深まったような気がしています>」

長田弘「詩にできるのは半分だけ。書くことは、言葉にできない残りの半分を大事にすることでもあるんです」

P123
意識的に言葉を待つようになった。


http://www.choubunsha.com/news/2015/news001239.html


なによりもよいのがあとがきで、就職を決めかねる、どのように生きていったらよいのかわからない子どもたちの背中を押しているところ。
頭で考えていただけでは生きていかれない。

2015/07/07 22:38

投稿元:ブクログ

雑学?
と勘違いしてみてみました。
内容はちと違いますね。

ただ、人生として感じるものはありますよ。
疑問符が感嘆符に変わる。。。

大事なことですね。

2016/03/06 08:49

投稿元:ブクログ

タイトルに一目惚れ。読んでよかった。
前向きになる。ワクワクする。胸が熱くなる。
小国綾子さんのエッセイのような、経歴のような、育児書のような、祈りのような。素敵な言葉がたくさんあった。
文字が大きく、読みやすい。小学校中学年から読めそうだが、内容は中高生、大人にも響くものがあると思う。

1章は就活生に、2章は新社会人に、3章はママやパパに4章は転職を考える人に、5章は震災後の東北、日本のすべての人へ。

私自身この本で「!」がたくさんあった。あり過ぎて流れるくらい。この本から伝わる、小国さんのエネルギッシュで前向きで、人間臭いお人柄が大好きになった。

クラバート、松谷みよ子、谷川俊太郎、長田弘、素敵なワードが出てくるたび興奮。

記者が当事者になれないこと、祈るように届くように書くこと。書くまで悩み続け、書いてもなお悩むこと。あぁ、私だけじゃないんだな、こんな気持ち、と思った。向こう見ずに突っ走っても悩むんだ、とホッとした。

会社はやめる、仕事はやめない。好きなことはどんな形でも生涯続けられるんだ、と思った。

以下覚書

暖かいと暖かなの違い。言葉の力だ。言葉の力を諦めない。

被災地という名の土地はないし、被災者という名の人はいない。

一人一人が、違う意見を勇気を持って言葉にしなきゃいけない。違いを楽しんだり驚いたりしながら一緒に考えていける関係を作っていかなきゃならない。

選び直す勇気さえあれば、今はどんな生き方を選んでも大丈夫。

これらの言葉にグッとくる。

2015/10/15 20:29

投稿元:ブクログ

新聞記者の著者が、書くことについて書いている。
読んでいて感性が刺激されました。
おもしろかった。
小国さんの他の本も読んでみます。

2016/03/08 19:17

投稿元:ブクログ

・この本は物語でなく、作者が新聞記者だったころのお話です。小国さんが自分の体験をとおして、分からないところがひらめきに変わったときのことを、読者に伝えてくれます。読んでいて私もワクワクしました。
・題を聞くと、よくわかりませんが、著者の体験を通して、大切なことや、著者の生き方を学ぶことができます。

2016/10/29 09:08

投稿元:ブクログ

毎日新聞の記者として活躍されている著者による自身の半生をつづったエッセイ。
人は誰でも迷い、悩みます。特に将来のことについては不安はつきもので、様々な負の想像を巡らせて、結局現状維持に落ち着く、ということは往々にしてあることです。
小国さんもまた悩みます。そして決心した方向へ行動を移すのですが、読み手としては「なぜそちらへ?!」「見切り発車…?」と感じるほど選択肢のなかでも最も困難な道を選び、理解しがたい瞬間もありました。でも選んだその瞬間は高い壁に阻まれ苦しかったとしても、思い出になる頃には大体のことは笑い話のひとつとなるもの。そして現状、やはり小国さんご本人は満足げです。

「たくさんの疑問符を抱えて人と出会い、疑問符が感嘆符に変わる瞬間を、ワクワクしながら愛おしむ。」(p6)
「?」がにょきにょきと縦に伸びていき…「!」と変わる、という好奇心と意欲は、何歳になっても大事にしたいと思いました。疑問符をたくさん持って生きよう。
中高生向きかな。

2015/09/06 14:13

投稿元:ブクログ

就活で不安を抱えている人は、これを読むと気持ちが軽くなるかも。就活中はすべての入社試験に落ちてしまった、新聞記者の小国さん。就活浪人を覚悟していたら、新聞社に補欠合格。まさかそれが一生の仕事になるとは、計画通りに職業選択できる人なんて、実は世の中ほとんどいない。居場所がないと思ったら、探しに行けばいい。そんな風に思える本です。