サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?(朝日新書)
日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?(朝日新書) 日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?(朝日新書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/10
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日新書
  • サイズ:18cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-273583-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか? (朝日新書)

著者 加藤 重広 (著)

ご逝去されました、はだざむい、とてもおいしい…。「許せない日本語」は次から次へと現れる。本当の正しさはどこにあるのか? 歴史やことばの成立過程をもとに、誤用にまつわる謎を...

もっと見る

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか? (朝日新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本人も悩む日本語

648(税込)

日本人も悩む日本語

ポイント :6pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ご逝去されました、はだざむい、とてもおいしい…。「許せない日本語」は次から次へと現れる。本当の正しさはどこにあるのか? 歴史やことばの成立過程をもとに、誤用にまつわる謎をすっきり解説。【「TRC MARC」の商品解説】

【語学/日本語】言葉は進化する。十数年前まで眉をひそめられていた言葉は、あっという間に辞書に載り、人々の定番の使用例となっていく。本書では、なぜこうした誤用が生まれ定着していくのか等、日本語をめぐる壮大な歴史を解き明かす。【商品解説】

著者紹介

加藤 重広

略歴
〈加藤重広〉1964年青森県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。北海道大学大学院文学研究科言語文学専攻教授。著書に「日本語修飾構造の語用論的研究」で新村出賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本語のあいまいさ

2015/02/28 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯からイメージされるような「間違いやすい日本語の解説書」というよりは、あくまでも言語学の観点から説いた本。言葉とは本来あいまいで、単に正誤、良し悪しで判断できるものではない。言葉は変化していくものだ。言葉の誤用はどのように広まり、そしていつから誤用と意識されなくなるのか。今使っている言葉は将来も同じ意味で使われているだろうか。長い時間の流れとともに日本語について考えさせられる良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/30 09:02

投稿元:ブクログ

「日本人が間違える日本語」を集めた本はこれまでにも数多く出されているが、この本の良い点は、単なる「語録集」ではなく「どうして誤用がうまれるのか」について言及している点だ。正誤は簡単に判断することができないという視点にたち、読み手側にも考えるよう示唆している点がすばらしい。

2015/07/15 04:07

投稿元:ブクログ

「いただいてください」は「召し上がってください」と改めるのが正しいとされる。但し、本書は単なる○×では留まらない。さらなる掘り下げがある。たとえば「いただく」と言っても自分でお茶を買い自分で飲む場合はへりくだる相手がおらず、場合によっては厳密な謙譲語から逸脱する用法となっている。いただく=謙譲語と断定してしまうのは、過剰な一般化であり単純化。一般化は度が過ぎれば寧ろ雑、雑駁になりうる。目上に「ご苦労様」が失礼な理由。「生きざま」が不適切なワケ。敬語のサイレントキラー。ら抜き発祥の経緯・・・・・・・すべてが明解に示されている。誤用の先にあるものを見据えながら、これからの日本語の行方を示唆している。

2015/05/30 11:24

投稿元:ブクログ

ら抜き言葉、“はつまご”それとも“ういまご”?、“憮然”の意味の変化など、歴史やことばの成立過程をもとに「誤用」に関する謎を解き明かしていく。

本文で筆者は『安易に言葉の「正しい」か「間違っている」かを判断することはできない」と説く。誤用だと思っていても、時代とともに使用する人が増えればそれが正となる。言葉は社会と生活のなかで形を変え、新しく生まれ変わることもあれば消え去ることもある。言葉は柔軟で日々変化に富む、まるで生き物のようだと思った。

あらゆる時代の本を読んでいると多種多様な言葉に出会う。読みやすさ・読みにくさは、時代による言葉の移り変わりが影響していることも多い。今私たちが当然のように使っている言葉も、50年後100年後には古語のような扱いを受けているかもしれない。
それでも今の時代にある言葉をなるべく多く吸収して、上手に扱える生き方をしたいと思った。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む