サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. アインシュタインの逆オメガ 脳の進化から教育を考える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アインシュタインの逆オメガ 脳の進化から教育を考える
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:21cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390164-0
  • 国内送料無料

紙の本

アインシュタインの逆オメガ 脳の進化から教育を考える

著者 小泉 英明 (著)

【パピルス賞(第13回)】進化のカギとなった手指の発達とヒトの知的創造性の間には密接な関係があるのではないか。進化と脳の発達を、幼児教育の観点からやさしく解き明かす。図版...

もっと見る

アインシュタインの逆オメガ 脳の進化から教育を考える

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【パピルス賞(第13回)】進化のカギとなった手指の発達とヒトの知的創造性の間には密接な関係があるのではないか。進化と脳の発達を、幼児教育の観点からやさしく解き明かす。図版も多数掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

赤ちゃんは母親の胎内で、魚類から両生類、爬虫類、哺乳類へと進化を辿る、とする「反復説」。一九世紀ドイツの医学者エルンスト・ヘッケルが唱えたこの仮説は、当時のキリスト教勢力などから強い批判を受け、捏造として葬り去られました。しかし、遺伝子の解析による新知見で、ヘッケルを見直す機運は高まりつつあります。

著者は、脳の活動を実測する光トポグラフィの開発に携わった、脳科学の第一人者。赤ちゃんは母親の胎内だけでなく、誕生後も、類人猿からヒトへの進化をなぞるように、約一年かけて発育する、と考えています。注目すべきは、指の発達です。
二〇一三年、専門誌に掲載されたある論文が話題を呼びました。アインシュタインの脳の左手指の領野に、オメガ(Ω)を逆にした形の特徴的な発達が見られるとわかったのです。アインシュタインは幼いころからヴァイオリンに親しんだため、この領野が発達しました。類人猿からヒトへ進化する際にカギとなった手指の発達と、ヒトの知的創造性の間には、密接な関係があると著者は考えます。

脳の進化から乳幼児期にふさわしい教育を考える、野心的試みです。【商品解説】

著者紹介

小泉 英明

略歴
〈小泉英明〉東大理学博士。日立製作所役員待遇フェロー。東大先端科学技術研究センターボードメンバー。日本工学アカデミー副会長。内閣府日本学術会議連携会員。中国工程院外国籍院士・東南大学名誉教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/26 18:28

投稿元:ブクログ

 著者が最後のまとめにも書いている「進化教育学」の考え方を説明した本。
 私は小泉先生の講演も聞いたことがあり、書店でペラペラめくって、内容についてだいたいの見当をつけた上で読んでいたのだが、タイトルはミスリード気味かもしれない。別に偉人の特殊な脳からミステリアスな(科学の)謎解きがなされる、といった内容では全くない。
 ヘッケルの反復説から脳の進化についての第一、二章は「進化教育学」を理解するのに必要なだけでなく、生物学や生命科学のトピックスとしても興味深い。それに続く第三章「脳の進化と教育」は、生命科学から見た教育でもある。
 一方で、現役の子育て世代、乳幼児に関わる人々に向けて示唆に富む内容が含まれているのも第三章である。生命科学のテイストの強い前半を見て、最後まで読まれない場合があったとすると大変もったいないことだ。
 図版も多く使われた縦書きの一般書ではあり、はじめから読み進める方が著者の意図するところはよく伝わるだろう。「教育」のキーワードには興味をひかれるが、「生命科学」は避けたい、という場合には、専門書のように巻末の「まとめ」をまず一読されることをおすすめしたい。

2014/11/28 13:15

投稿元:ブクログ

【脳の発達には、進化の足跡が残っている】アインシュタインの右脳には、左手指の領野に特徴があることが最近分かった。進化と脳の発達を、幼児教育の観点から説く入門書。

しつけ・家庭教育 ランキング

しつけ・家庭教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む