サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

六つの希望(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/352p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51716-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

六つの希望 (双葉文庫 吉祥寺探偵物語)

著者 五十嵐 貴久 (著)

いつものようにコンビニでアルバイトをしていると、フルフェイスのヘルメットをかぶってゴルフバッグを持った客が入ってくる。防犯上の理由からヘルメットを取るようお願いする“おれ...

もっと見る

六つの希望 (双葉文庫 吉祥寺探偵物語)

710(税込)

六つの希望 吉祥寺探偵物語

572 (税込)

六つの希望 吉祥寺探偵物語

ポイント :5pt / 紙の本より138おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いつものようにコンビニでアルバイトをしていると、フルフェイスのヘルメットをかぶってゴルフバッグを持った客が入ってくる。防犯上の理由からヘルメットを取るようお願いする“おれ”に、客はゴルフバッグからライフルを取り出して言った。「今からこの店を占拠する」―人質となった探偵・川庄。不可思議な犯人たちの要求に、迫るタイムリミット。ラストで思わず膝を打つ、書き下ろし探偵ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

“おれ”がいつものようにコンビニでアルバイトをしていると、フルフェイスのヘルメットをかぶった客が入ってきた。コンビニが、武装した老人たちにジャックされた! 探偵・川庄が人質になる、シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

老人パワー満開

2016/05/15 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおきに - この投稿者のレビュー一覧を見る

カッコいい年配の方々を見ることができました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/27 21:05

投稿元:ブクログ

私立探偵の主人公は、コンビニでのアルバイト中に店を占拠されるという事件の渦中に。

すごく限定された場所で限られた登場人物ですが、おもしろく読めました。

この探偵シリーズは、主人公の適当さ加減と妙にきちんとした部分もあって気楽に読める楽しいシリーズです。

2014/11/22 12:19

投稿元:ブクログ

コンビニでバイト中の探偵が、老人ズの立て篭もりに
巻き込まれ。
なんか、淡々と進んでいって山場が少なかったなぁ。

2015/09/05 18:25

投稿元:ブクログ

久々に面白かった。この作者の本を読まなくなりかけてましたが、この作品のおかげでまた読み始めそうです。

2016/12/30 18:48

投稿元:ブクログ

6人組の老人が川庄がアルバイトしているコンビニをジャックし、武器と小学校に設置した爆弾を盾に警察に5つの要求を出す。
ほぼコンビニ店内のみを舞台にしておきながら飽きさせずに終わるのは、五十嵐氏の描写力が高い証拠です。「十二人の怒れる男」を彷彿させると言ったら褒めすぎかな。
老人たちの要求の裏に隠された想いは、まさに高齢化社会の縮図。今後はこういった問題が現実にもっと増えるかも。

2015/02/15 15:16

投稿元:ブクログ

吉祥寺探偵シリーズ第3弾。いつものようにコンビニでアルバイト中の川庄が、老人集団に店を占拠され、籠城事件の顛末を見ることになる。
はっきり言ってこの老人たちが好きになれない。老獪で傲慢、現役時代が立派でも老後を慎ましく過ごしていても、結局は自分かわいさに、他人に迷惑をかけるうえ反省はしない。こんな年寄りにはなりたくない。川庄の我慢強さに二重丸。

2014/11/04 13:42

投稿元:ブクログ

川庄さん、今度はコンビニジャックか。
いろいろ大変だなあ。私の中では、彼は「ダイ・ハード」のジョン・マクレインのイメージ。ぶつぶつぼやきながら、それでもなんとか事態の改善を図ろうとする。でも熱血じゃないので、必死にがんばったりしない。その力の抜け具合を楽しむのがこのシリーズなんじゃないかと思っている。
緊迫感を出すためか、小学校に爆弾を仕掛けた、というのだが、これがまた最初っから現実味がない。でも川庄は息子のことが心配で、そのために必死になっているのだ。ただ読んでいてその切迫さに共感できないので、「なにやってんだよ」という気分になってしまうのが玉に瑕。
リアルな籠城物というよりは、ファンタジーに近いので、老人たちと川庄のやりとりをのんびり楽しめる。

2014/12/07 14:27

投稿元:ブクログ

五十嵐貴久の書き下ろし長編ハードボイルド第三弾。
バツイチで子持ちの中年フリーター:川庄のアルバイト先のコンビニが、謎の6人組に占拠、籠城された。人質となった川庄と客達の運命は・・・
今回も吉祥寺を舞台に展開されます・・・ってか、籠城されてるコンビニ以外の場面がありません(^_^;)
同じく五十嵐貴久の「交渉人」シリーズや「誘拐」「リミット」のテイストが入ってる感じですかね・・・
クライマックスの展開が・・・ま、これは好みの問題もありますから、良し悪しは無しって事で。
そして、やはり「ススキノ探偵シリーズ」を感じさせる・・・やっぱり意識してません??

2015/01/15 10:18

投稿元:ブクログ

#読了。吉祥寺探偵シリーズ第3弾。川庄がいつものようにバイトをしていたコンビニが、6人の犯人により従業員・お客を人質に占拠されてしまう。皆、老人と思われた犯人の要求は。川庄の探偵としての役割がもう少し出るのかなとも思ったが、さすがにやり過ぎでは。

2015/05/18 14:19

投稿元:ブクログ

なんじゃこら。
でした。
邦画の、無駄に出演者は充実してるけど鳴り物入りのわりにはイマイチの興収で、
すぐに地上波初登場‼︎してそうな話だった。
しかし何よりも老人の言葉が年齢にそぐわないのと、
時事ネタ多くて、読み捨て感満載。
暇つぶしに。って感じだった。

2014/11/10 22:13

投稿元:ブクログ

吉祥寺探偵シリーズの第三弾.今作は川床が勤めるコンビニがジャックされてしまう.犯人は老人6人組.人質となってしまった川床が事件の解決に挑む.物語としては面白かった.でも今作は川床の存在感が・・・.このシリーズはストーリよりも川床のダメキャラぶりが面白いので少し物足りなかった.まぁ人質にされてる時に限って別れた女房から復縁を匂わせる電話があるところは川床の不運さが出てて,ちょっと笑ってしまったけどね.

2015/08/23 20:53

投稿元:ブクログ

吉祥寺探偵シリーズ3弾。相変わらず、川庄さん頑張ってた。


ある日の昼頃、川庄が勤めるコンビニに、フルフェイスのヘルメットを被った6人組が来店した。防犯上、ヘルメットは取って欲しいとお願いをすると、1人がライフル銃を構えて言った。
「今から、この店を占領する」
人質となった川庄。不思議な6人の犯人。迫るタイムリミット。犯人の目的は。


お昼にコンビニに、ご飯を買いに行くことがあるから、こんなことになったらどうしようと思いながら読んだ。
しかし、変に威嚇をするわけでもなく、飲食、トイレ、外部との通信もOKの軟禁。
そして、常時だと偉そうな芝田が非常時だと全く役に立たない。


6人の要求と犯行動機。なんか分かるような気がした。今から行く道。改善されればいいけど。


2015.8.23 読了

2015/09/01 23:41

投稿元:ブクログ

こんなに動機の不愉快な作品は久々かも。
たてこもり老人たち、ふざけるなっての。
みんな、京子ちゃんに成敗されればよかったのに。

2015/09/04 22:56

投稿元:ブクログ

コンビニを占拠した6人の犯人。要求はなぜか5つ。その5つも、わざわざ犯罪で、達成するような内容ではないものばかりだった。正直、展開に意外性はあったが、盛り上がりには少し欠けていた。

2015/08/21 19:12

投稿元:ブクログ

冒頭コンビニが占拠されるところからの緊迫感にどんどんページが進み、登場人物のキャラクターにもそれぞれ興味を惹かれるが、要求が通るごとに知らされるその理由にゆるゆる感が増して行く。期待する方向がちょっと違ってたのかもと、思わされた3作目でした。