サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 淫内パラダイス 書き下ろし長編ご奉仕エロス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

淫内パラダイス 書き下ろし長編ご奉仕エロス(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51722-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淫内パラダイス 書き下ろし長編ご奉仕エロス (双葉文庫)

著者 新藤 朝陽 (著)

誕生日の夜に恋人の松田比奈との初めての夜を過ごすことになった会社員の佐藤基樹は、コンドームを買いに行こうとした際に交通事故に遭ってしまう。基樹を轢いたのは、世界的な企業グ...

もっと見る

淫内パラダイス 書き下ろし長編ご奉仕エロス (双葉文庫)

690(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誕生日の夜に恋人の松田比奈との初めての夜を過ごすことになった会社員の佐藤基樹は、コンドームを買いに行こうとした際に交通事故に遭ってしまう。基樹を轢いたのは、世界的な企業グループの社長夫人、大泉涼子。涼子の計らいで、彼女の一族が経営する病院の豪華な個室があてがわれた基樹に夢のようなご奉仕の日々が訪れる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シンプルなストーリー展開と程良い淫らさ

2014/10/31 03:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

双葉文庫からデビューした作者の2作目。26歳の社会人主人公だが彼女との青春の息吹を感じる初心なやり取りから始まり、その途中で図らずも被ってしまった交通事故によって入院したところから実質的な物語が始まる。その入院先の病院というか病室が舞台のほぼ全てとなるストーリーが退院の日を迎えるまでシンプルに流れていく展開である。

表紙を飾るナースは登場機会が最も多く、主人公との関わりも浅くないヒロインだが高校時代の同級生にして元彼女である。特別に誂えたというミニの白衣は現実味が乏しいものの、学園のアイドルだった過去からの男遍歴を背景にした淫らさは表紙から発せられているイメージ通りであり、その美貌を自覚しつつ武器にも用いる女ならではの媚びた図々しさも見せるところなどは妙に現実味を感じさせるビッチキャラでもある。たった1週間でフラれたトラウマの元凶でありながら今回も翻弄されてしまう主人公である。

今の彼女は職場の(おバカな)同僚の(真面目な)妹という味付けがなされており、交際自体が初めてな19歳の短大生という初々しさが時にすれ違いを招いて一時的には距離もできてしまうのだが、その行方や如何に?を物語の本線として最後に纏めるための役割を担っている。その恋の行方は当然ながら彼女の「初めて」の行方でもある。

中盤にはアラフォーの熟女も登場するのだが、「おぉ、そういう関わり方もあるのか」と思わせる着眼点に感心しつつ、この熟女による可笑しくも濃厚な「ご奉仕」を経た後に主人公のお気に入りAV嬢その人が病室に現れ、主人公に甲斐甲斐しく接しながら何故か撮影にまで及ぶという突拍子もない展開の変化球に相応の意味を持たせているのはなかなか上手い設定でもあった。良い意味で双葉文庫らしいユルさと軽さのあるテイストが後押しもしている。

ここまで主に病室のベッドに横たわる主人公にヒロイン達が跨る騎乗位の官能描写ばかりが続く印象だったが、リハビリの段になって快活な理学療法士22歳が登場して変化を加えることになる。患者の桃色煩悩を糧に素敵な効果を発する独特の療法がまた可笑しくもあるのだが、この終盤では主人公との情交に加えて医師との玉の輿を狙うナースの思惑が期せずして成就するダブルの情交が描かれて官能的なクライマックスとなっている。ただし、この場面に限らず官能描写は総じてライトな印象。前戯に頁をある程度費やした結果、合体してから果てるまでが性急になってしまっているからであろう。

多彩なヒロインを配置しながら全体としてはある種の爽やかさを湛えた作風は好印象につき次作以降への期待が高まるとともにデビュー作『エスプリは艶色』も気になるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する