サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 本当にコワい?食べものの正体 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本当にコワい?食べものの正体 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/17
  • 出版社: すばる舎リンケージ
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7991-0337-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

本当にコワい?食べものの正体 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック

著者 中川 基 (著)

普段口にしているアノ食べものは、何でできている? 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック。食品選びの際に本当に気をつけたいこと・本来は気にしなくてもいいことを科学的な...

もっと見る

本当にコワい?食べものの正体 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック

1,404(税込)

本当にコワい? 食べものの正体

1,264 (税込)

本当にコワい? 食べものの正体

ポイント :11pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

普段口にしているアノ食べものは、何でできている? 食品の裏側が気になる人のためのガイドブック。食品選びの際に本当に気をつけたいこと・本来は気にしなくてもいいことを科学的な視点から解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中川 基

略歴
〈中川基〉サイエンスジャーナリスト。早稲田大学本庄高等学院スーパーサイエンスハイスクール(文部科学省指定理数教育促進制度)指導員。著書に「ニセモノ食品の正体と見分け方」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/07 17:32

投稿元:ブクログ

 技術が発展した現代では、様々な加工食品が出回っています。その加工食品や添加物を敵視して「食べてはいけない」と警告する記事や書籍がこれまで数多く出てきました。これからも数多く出るでしょう。
 ですがその中には、データを検証するとそもそも時期が古くて現代に適さないものだったり、根拠が曖昧だったり、望ましい結果になるように調査が誘導されていたりするものもあります。
 では実際の所、加工食品や添加物はどの点が安全で、どの点が危険なのか。この本では添加物の詳細や加工食品の原材料から加工方法、それらのメリット(利点)・デメリット(欠点)を素人にも解りやすく解説しています。ですが、この点だけ見るなら、これまで出ていた添加物・加工食品に対して中立的で良心的な書籍とあまり変わりはありません。
 本書ではそれだけでなく、食品ラベルや調査・統計データの読み解き方、ポテトチップスやシェイクなどの加工食品の自作レシピ、更に食事とダイエットの関係性に関する記事まで載せています。

 本書の前書きにも書かれていますが、科学の世界は日進月歩の勢いで変化していきます。昨日の常識が明日の非常識、となることもあるでしょう。いずれ、この本に書かれていることが非常識、または大間違いとされる日が来るかもしれません。ですがどんな情報であれ、鵜呑み、または良い・悪いの二元論で思考停止せずに「自分の頭で考えて選ぶことが大切」。その基本だけど大事なことを、この本では学ぶことができるはずです。

2015/05/16 00:12

投稿元:ブクログ

添加物ぐらいでガタガタいうな。チェックするなら添加物じゃなくて、コレだよ…っていうスタンスが好感を持てるし、説得力がありました。

2015/05/27 04:49

投稿元:ブクログ

食品添加物の安全性についてと、ファーストフードのジャンク性について。
個人的にはクエン酸も効果が無いと書いてあってびっくりした。そうか、酸っぱいので効果あるように感じてただけか…

2014/10/25 13:52

投稿元:ブクログ

本当にコワい? ということで。
食品添加物の必要性だったり危険性の低さとかだったりを書いているのだけれど、私はその食べものの製造工程とかを読んでもう何も食べたくなくなってしまいました。
内容はおもしろいんだけどね!

2016/02/11 16:44

投稿元:ブクログ

食品添加物系の本を以前に紹介したことがありますが、食べると気分が悪くなるというものから、多少は添加物の力を借りないと手間、廃棄が増えますよ、というものまで様々。

本書は科学的な知識を根拠に添加物の本質をつく内容。原材料表記をみて化学的な表記をみたり、メディアが体に悪いと言うのを聞いたりするだけで悪者と決めつけてもいいのか、ちゃんと勉強してから自分で判断しなさいよ、という立場。

添加物が何からどう作られているのか、という説明が多く、そして分かりやすくて面白かったです。

最初は添加物擁護派かと思っていましたが、添加物が入っていよういまいと偏食の方がよっぽど体に悪い、メディアに踊らされて中身が薄いものを高額で買っている、といった指摘は同感。

個人的には添加物はなるべく使わないものを買いますが、潔癖になる必要もないかと。食べる日もあれば食べない日もある、そのバランスだと思います。私が子供によく手作りのおやつを作るのは、手作りだと添加物が少ない材料を選べるということもありますが、本来料理は手間がかかるものだということを教えるためでもあります。子供にはまだ難しいでしょうが(笑)、便利になって食べ物を全て他人にまかせてしまうのは、ライフラインを握られるようでしっくりこない。

知識があればむやみに怖がる必要もなくなるので、食品の知識はもっていて損はないと思います。

食品・食文化・食エッセイ ランキング

食品・食文化・食エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む