サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

毛の力 ロシア・ファーロードをゆく

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/10
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-379866-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

毛の力 ロシア・ファーロードをゆく

著者 山口 ミルコ (著)

極寒のシベリア、先住民族・ウデヘの住む村と「毛皮のために命を狙われた獣」クロテンを追う中で、「人間と自然」「人間と動物」の関係に思いを巡らせ…。ガン闘病後、「再生の旅」に...

もっと見る

毛の力 ロシア・ファーロードをゆく

1,404(税込)

毛の力 ロシア・ファーロードをゆく

1,123(税込)

毛の力 ロシア・ファーロードをゆく

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極寒のシベリア、先住民族・ウデヘの住む村と「毛皮のために命を狙われた獣」クロテンを追う中で、「人間と自然」「人間と動物」の関係に思いを巡らせ…。ガン闘病後、「再生の旅」に出た著者が、ロシアでの日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

がん闘病後の日々を綴る再生エッセイ

何度でも 復活しよう そうしよう

抗がん剤治療によって経験した「毛のない生活」は、
私に新たな生き方をもたらしてくれた。
「もう振り返らない、立ち直らねば」
私の再出発への日々が始まった――。

話題作『毛のない生活』から2年。実家に戻り闘病後の生活を送っていた著者は、自らの名前・ミルコのルーツにもなっているロシアへと「再生の旅」に出ることを決意する。
弱い体に鞭打って、極寒のシベリア、先住民族・ウデヘの住む村と「毛皮のために命を狙われた獣」クロテンを追う中で、著者は「人間と自然」、「人間と動物」の本当の関係に思いを巡らせる。

今を懸命に生きるすべての人に捧げる書き下ろしエッセイ。



【編集担当からのおすすめ情報】
「再生の旅」で思ったこと、感じたことを、飾らずにそのまま真っ直ぐ綴ったこのエッセイには、「明日も頑張ろう」「もうちょっとやってみよう」と思わせてくれる強い言葉がたくさん散りばめられています。読めば「前を向く勇気」がわく一冊だと思います。
【商品解説】

著者紹介

山口 ミルコ

略歴
〈山口ミルコ〉1965年東京都生まれ。出版社のプロデューサー、編集者を務め、2009年退社後に乳ガンが発覚。著書に「毛のない生活」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/01 21:46

投稿元:ブクログ

クロテン、蝦夷テンはその昔 重要な交易品であった。ロシアに絶滅寸前のクロテンロードをファーロードとなずけ旅をした本。私たちの文明は本当に無文字社会から幸せになったのであろうかということを考えさせられた。

アイヌ、マタギ、台湾、そしてロシア沿海州と狩猟生活をする民族がいるのだから 日本も当然 昔はそうだったと考えるべきである。

仏教による肉食の禁止が 地方の食生活に与えた影響にまで思いをはせた。