サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 海を越える翼 詩人小熊秀雄論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海を越える翼 詩人小熊秀雄論
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/02
  • 出版社: コールサック社
  • サイズ:19cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86435-167-6
  • 国内送料無料

紙の本

海を越える翼 詩人小熊秀雄論

著者 宮川 達二 (著)

弾圧とファシズムの時代を風刺と抵抗精神で駆け抜けた詩人、小熊秀雄。樺太、北海道、東京とその足跡を追い、昭和初期の時代状況と深く関わった詩人に新たな光をあてる。著者作成の小...

もっと見る

海を越える翼 詩人小熊秀雄論

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弾圧とファシズムの時代を風刺と抵抗精神で駆け抜けた詩人、小熊秀雄。樺太、北海道、東京とその足跡を追い、昭和初期の時代状況と深く関わった詩人に新たな光をあてる。著者作成の小熊秀雄人物・事項小事典、詳細年譜を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サンマ詩人って誰?

2014/10/19 08:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシア文学者湯浅芳子と宮本百合子の書簡の中に、
盛んに、「サンマ詩人」とか「秋刀魚氏」とか呼ばれる、
若い童話作家の新聞記者の姿がある。
湯浅芳子はなんと初対面のこのサンマ詩人のために、
旭川に帰るための金策に走り回ったりする。
湯浅芳子が出会ったとたんに友情を感じ、
ロシア文学について語り合ったこの記者こそ、
『焼かれた魚』という童話を書いた、
詩人小熊秀雄だった。

小熊秀雄は実に多彩な人で、大正から昭和にかけて、
詩、短歌、童話、油絵、デッサン、漫画台本、人形劇等々の、
ありとあらゆる芸術活動を行った。

不思議な日本人離れした風貌を持ち、
才能にあふれながらも、
貧しい詩人として短い人生を閉じた小熊秀雄。

彼のとらえがたい人生と詩についての最新の研究書が、本書である。

著者は旭川在住の詩人で、
その独特の視線で、小熊秀雄の中の北へ向かう心をとらえている。

それは小熊の故郷旭川のさらに向こうにある生まれ故郷樺太、
さらに、その向こうにあるロシアに向かって行く。

そして、小熊秀雄の中にある世界性、
「海を越える翼」を見出していく。

小熊秀雄の詩、短歌、
彼の出会った歌人や詩人の作品を通して、
時代と小熊と彼にかかわった人々の心を辿る手法は、実に見事であり、
例えば、歌人斎藤史の短歌の中に現れる「小熊秀雄」の名についての章では、
同時代をすごした若者同士の時間の流れの中に、
長い年月を経た後、歌いだされた心を見出していく。
これは、ある意味スリリングな推理小説のようにも思えて、実に面白い。

また、従来軽く見られがちだった、
湯浅芳子とロシア文学の影響について語られており、
ロシアの研究者の言葉が引いてあるのも、新しい視点だと言えるだろう。

なんといっても、詳細な「小熊秀雄―人物事項小辞典」と、
「年譜」があるのがうれしい。
ここにおいて、この書は、今後の研究者にとって、必携の書となったのではないだろうか。


小熊秀雄の詩人群像のペン画、影絵、モデルを務めた彫刻像、
様々な画像も掲載されていて、
池袋モンパルナスの芸術家群像をうかがい知ることができる。

サンマ詩人、
多くの友情と才能に恵まれた、
詩人小熊秀雄。

著者が警鐘を鳴らすように、
今という時代の中では、ますます読まれる存在になるだろう。

この書をきっかけに、
私も、さらに読み進んでいきたいと思っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む