サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. オリンピックの身代金 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オリンピックの身代金 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/468p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277966-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オリンピックの身代金 上 (講談社文庫)

著者 奥田 英朗 (著)

小生 東京オリンピックのカイサイをボウガイします―兄の死を契機に、社会の底辺ともいうべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄...

もっと見る

オリンピックの身代金 上 (講談社文庫)

756(税込)

オリンピックの身代金(上)

756 (税込)

オリンピックの身代金(上)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小生 東京オリンピックのカイサイをボウガイします―兄の死を契機に、社会の底辺ともいうべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は?吉川英治文学賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【吉川英治文学賞(第43回)】兄の死を契機に、過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に湧く東京は富を独占する諸悪の根源でしかなかった。昭和39年夏、東京五輪を人質に爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は?【「TRC MARC」の商品解説】

小生、東京オリンピックのカイサイをボウガイします――兄の死を契機に、社会の底辺というべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は? 吉川英治文学賞受賞作

「東京だけが富と繁栄を享受するなんて、断じて許されないことです。誰かがそれを阻止しなければならない。ぼくに革命を起こす力はありませんが、それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。オリンピック開催を口実に、東京はますます特権的になろうとしています。それを黙って見ているわけにはいかない」――本文より――【商品解説】

著者紹介

奥田 英朗

略歴
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作の『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。また、2004年には『空中ブランコ』で直木賞を、2009年には本書『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。その他の著書に、『東京物語』『イン・ザ・プール』『マドンナ』『ララピポ』『ガール』『町長選挙』『家日和』『無理』『純平、考え直せ』『我が家の問題』『噂の女』『沈黙の町で』などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

30年代後半の高度経済背長期における格差社会を描く傑作!

2016/06/20 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、昭和39年のアジア初の東京オリンピックを目指した日本の高度経済成長時代の格差社会を一人の主人公の目から描いた傑作中の傑作です。吉川栄治文学賞を受賞したの当然という気がします。主人公島崎国男は秋田の小作農の息子として生まれましたが、高校の教師から「この子はできがいいから大学にいかせてやりなさい」という一言がきっかけで奨学金をもらい、東京大学経済学部に入学します。ある日、東京の工事現場に出稼ぎにきていた兄が心臓発作で亡くなったという知らせを受け、彼の遺骨を受け取りに工事現場に出かけます。それから国男は兄がたどった道を自分も味わうことが兄の弔いであると考え、夏休みの1か月強の期間、建設現場で日雇いの仕事を行います。そこで、国男が見たものは!そこには高度経済成長を支える過酷な労働とそれを支える虫けらのような名もない人夫たちの存在があったです。国男はその矛盾に悩まされながら、自分の果たすべき使命を感じていきます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/06 22:40

投稿元:ブクログ

東京オリンピックを控えている今だからこそ、読むのがいいと思う。オリンピック開催が日本人にとって如何に大切なことだったか、日本がオリンピック開催が決まったことで戦争という苦い過去から一歩を踏み出したのか、などオリンピックがなかったら日本の発展が何十年かは遅れていたような気がする。それが良いことか悪いことかはわからないけど。

2015/10/21 12:56

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

小生 東京オリンピックのカイサイをボウガイします―兄の死を契機に、社会の底辺ともいうべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は?吉川英治文学賞受賞作。

2016/07/19 22:31

投稿元:ブクログ

時系列がバラバラなので最初は一瞬戸惑うけれど、慣れてくるにつれ、ひとつの事象を複数の視点から描いているのがとても効果的。
1964年の東京オリンピックを前に、草加次郎を名乗る爆弾魔がオリンピックを狙うというお話なのだけれど、そのバックグラウンドにある地方出身の人夫、格差、東京一極集中の経済などがきめ細かく描かれている。たった50年ほど前のことなのに、こんなにも日本は今と違っていたのかと、驚いてしまう。

2014/12/24 13:11

投稿元:ブクログ

おちゃらけ系かなと思いきゃ、また作風を変えてきやがったな。著者の作家力を感じる。
レビューは最終巻で。

2015/04/17 20:00

投稿元:ブクログ

秋田出身の東大生の島崎国男は、建築現場で働くの死を機に自ら人夫として働く。東京オリンピックの盛り上がりの裏で何人も犠牲になる人夫。

東京への富と繁栄の集中に憤り、オリンピックを妨害すべく爆破テロを実行。

当時の東京の街並を感じられる描写が見事です。

2015/10/19 11:24

投稿元:ブクログ

素晴らしい作品です。☆5以外ありえない…んですが個人的好みで4。
5年後に東京オリンピックを控えた今、読むタイミングは完璧でした!!

東京オリンピック開催妨害と引き換えに、国家に身代金を要求する東大生・島崎国男。
章ごとに変わる視点と場面で、社会の底辺と、繁栄する日本を思う存分に楽しむ東京の若者たちの対比が痛いくらいに表現されます。

島崎を追う刑事たちも富を享受する側であり、貧困に窮する地方とは大きくかけ離れた生活を送っている様子が描かれていますが、彼らにその自覚は無く、この話では誰を憎めばいいのか……

島崎の思いが国家に届くことが無いのなら、せめて身代金を無事受け取ってほしい、そんな思いで読み進めました。

2015/03/03 23:32

投稿元:ブクログ

東京オリンピック開催を前に、東海道新幹線開通、名神高速道路開通など日本は「もはや戦後ではない」と言われる復興を遂げていました。秋田の寒村から東京大学に進学した島崎国男はオリンピック開催を錦の御旗に繫栄を独占するかのような東京と、未だ戦前の貧困を抜け出せない故郷との格差にやり切れない思いを抱きます。
「東京だけが富と繫栄を享受するなんて、断じて許されないことです。誰かがそれを阻止しなければならない。ぼくに革命を起こす力はありませんが、それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。オリンピック開催を口実に、東京はますます特権的になろうとしています。それを黙って見ている訳にはいかない」(本文より)
主人公島崎国男がたった一人で行動を起こすに至る当時の時代背景の描写が非常にリアルです。明の東京と、暗の故郷。そのコントラストがあまりに激しい。国家に対してたった一人で行動を起こした島崎国男の行く末はどうなるのか。下巻が楽しみです。

2015/05/10 15:37

投稿元:ブクログ

東京だけが富と繁栄を享受するなんて、
断じて許されないことです。
誰かがそれを阻止しなければならない。
ぼくに革命を起こす力はありませんが、
それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。
オリンピック開催を口実に、
東京はますます特権的になろうとしています。
それを黙って見ているわけにはいかない。

素直で真面目な人間が犯罪に手を染めることほど悲しいものはないと、わたしは思うのである。
そうさせた国や権力や時代、戦後20年を経て浮かれる東京の人々、何が悪いなんて言えないし、そもそも発展の過程として仕方のないことだとも思うけど考えさせられる。
想像もつかない時代背景に興味が止まらない。
下巻も一気読み必至。

2014/12/28 16:10

投稿元:ブクログ

奥田英朗の語り口が絶妙。どう絶妙かってその時代のいて、登場人物たちの隣にいる気分になれる。下巻へ続く。

2015/03/09 19:17

投稿元:ブクログ

小生 東京オリンピックのカイサイをボウガイします――兄の死を契機に、社会の底辺ともいうべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は?〈吉川英治文学賞受賞作〉

2015/09/23 16:16

投稿元:ブクログ

東京オリンピックを中心に据えた、戦後日本のテロリストサスペンス。
犯人と、捜査陣や周辺人物の視点を交えて物語を進める構図が巧み。
後者は事件初日から、前者はその約一ヶ月前から語りを始め、徐々に間がつまり、ラストのオリンピック開会式で交わる。おそらく著者の狙い通りの、緊迫感と疾走感の加速が味わえてよかった。
ただ、テーマに据えてる戦後日本のプロレタリアートに対するオチが、見当たらないのが気に少しなる。
3+

2015/09/21 14:56

投稿元:ブクログ

昭和39年夏、東京はアジア初のオリンピック開催を目前に控えて熱狂に包まれていた。そんな中、警察幹部宅と警察学校を狙った連続爆破事件が発生。前後して、五輪開催を妨害するとの脅迫状が届く。敗戦国から一等国に駆け上がろうとする国家の名誉と警察の威信をかけた大捜査が極秘のうちに進められ、わずかな手掛かりから捜査線上に一人の容疑者が浮かぶ。圧倒的スケールと緻密なディテールで描く犯罪サスペンス大作。



これは名作ですな。
下巻で語ります。

2015/10/08 02:16

投稿元:ブクログ

東大生がダークサイドに墜ちすぎ。
オリンピックの裏で蠢く華やかさとは異なる深い人の闇が描かれていると思う。それが人間味のある。

2016/04/12 01:31

投稿元:ブクログ

複数の視点から時間が前後して進行していく構成が面白いし、作者の巧さだと思う。
ラストは、島崎と村田のその後まで書いてほしかった。