サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

精姫様一条(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277974-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

精姫様一条 (講談社文庫 お狂言師歌吉うきよ暦)

著者 杉本 章子 (著)

今をときめくお狂言師の歌吉は隠密の手駒も務める。踊りを披露したこともある将軍家慶の養女精姫の嫁ぎ先として名の挙がる井伊家と有馬家の使者が、心中に見せかけて殺された。男は井...

もっと見る

精姫様一条 (講談社文庫 お狂言師歌吉うきよ暦)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦

864(税込)

精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今をときめくお狂言師の歌吉は隠密の手駒も務める。踊りを披露したこともある将軍家慶の養女精姫の嫁ぎ先として名の挙がる井伊家と有馬家の使者が、心中に見せかけて殺された。男は井伊家御用達の畳表問屋堺屋の跡取りで、歌吉を小鋸で斬りつけたお糸のもと許嫁。因縁のお糸から事情を探れという密命が。【「BOOK」データベースの商品解説】

いまをときめくお狂言師の歌吉は、隠密の「手駒」も務める。ある時、将軍家の姫の嫁ぎ先となるはずの大名家を二分する縁組騒動が殺人事件を引き起こし、歌吉に密命が下された。歌吉でなければ聞き出せないこととは…?【「TRC MARC」の商品解説】

将軍家の姫は「厄介嫁」か。姫の嫁ぎ先となるはずの大名家を二分する縁組騒動は殺人事件まで引き起こし、隠密御用の歌吉にも密命が。【商品解説】

収録作品一覧

厄介嫁 7−47
火花 48−90
女客 91−132

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大奥のお狂言師という設定が個性的でおもしろい、シリーズ3冊目。

2015/09/23 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章がやや説明がちになる嫌いはあるけれど、登場人物も生き生きしているし、何より本格時代小説のよさ、読み応えがある。さすが杉本章子、という作品で堪能した。
今回の話のミソは、将軍のお姫様の輿入れだから公儀隠密は輿入れを歓迎する派に回るが、いっぽうでお姫様を迎えると藩にお金がかかるので反対派が悪いわけではない、その両方の立場をきっちり描いていることだろうか。反対派の人物の人となりもあるが、そうやって一方を悪と決めつけない書き方はリアルでいい。
歌吉、日向の微妙な関係も読んでいて心楽しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する