サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

還らざる道(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/392p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790219-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

還らざる道 (文春文庫 浅見光彦シリーズ)

著者 内田 康夫 (著)

奥矢作湖で死体となって発見されたインテリア会社会長の瀬戸一弘は死の直前、「帰るまいと決めていたが…」という謎の言葉を残していた。祖父の死の真相を探る旅に出た孫娘の正恵は、...

もっと見る

還らざる道 (文春文庫 浅見光彦シリーズ)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

奥矢作湖で死体となって発見されたインテリア会社会長の瀬戸一弘は死の直前、「帰るまいと決めていたが…」という謎の言葉を残していた。祖父の死の真相を探る旅に出た孫娘の正恵は、旅先で浅見光彦と出会う。三州、木曾、さらに岡山へと足を延ばした浅見の前に、やがて悲劇と陰謀の歴史が亡霊のごとく蘇る。自作解説つき。【「BOOK」データベースの商品解説】

奥矢作湖で死体となって発見されたインテリア会社会長の瀬戸一弘は死の直前、「帰るまいと決めていたが…」という謎の言葉を残していた。謎を追い三州、木曾、さらに岡山へと足を延ばした浅見の前に、悲劇と陰謀の歴史が蘇る。【「TRC MARC」の商品解説】

愛知・岐阜県境の矢作ダムに浮かんだ他殺体の身元は、インテリア会社会長の瀬戸一弘と判明した。「帰るまいと決めていたが……」という謎の言葉を残して、生まれ故郷の木曽の山村へと帰る途上だった瀬戸はなぜ殺されなければならなかったのか。祖父の死に方に疑問をもつ瀬戸の孫娘の正恵と、取材旅行先で偶然に出会った浅見光彦は、正恵とともに、事件の真相を追いかける。足助、木曽、さらに岡山にまで足を延ばした二人の前に、やがて木曽の山中で繰り広げられてきた悲劇と陰謀の歴史が、亡霊のごとく、蘇るーー。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/20 00:32

投稿元:ブクログ

インテリア会社の社長が殺された。さらに、社長の父親は50年前に不可解な死を遂げていたことが分かった。二つの死に関係性はあるのかどうか、捜査が始まった。

2015/02/21 22:09

投稿元:ブクログ

お借りして読んだ本。浅見シリーズは初めてですが、面白かった。悪い奴は、いつでもどこにでもいるもんだ。

2014/11/07 14:49

投稿元:ブクログ

【70年の時を超えて甦る“悲劇”の真相とは?】「帰らない」と決めたはずの故郷・木曽への旅路で殺された老人。その死の謎を追う浅見光彦は、事件の背景に深い歴史の闇を見る。