サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真田三代 下(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/550p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790228-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

真田三代 下 (文春文庫)

著者 火坂 雅志 (著)

人は利で動く。義など方便に過ぎぬ―幸隆と昌幸はそう考える合理主義者だった。しかし上杉家での人質生活で直江兼続と出会った幸村は、彼を心の師と仰ぎ、自らの義を模索する。秀吉す...

もっと見る

真田三代 下 (文春文庫)

983(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は利で動く。義など方便に過ぎぬ―幸隆と昌幸はそう考える合理主義者だった。しかし上杉家での人質生活で直江兼続と出会った幸村は、彼を心の師と仰ぎ、自らの義を模索する。秀吉すでに亡く、家康により世は定まりつつある。戦国が終わりへ向かう中、強きものになびかず誇りを貫いたその輝きを描く完結篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

人は利で動く。義など方便に過ぎぬ−。幸隆と昌幸はそう考える合理主義者だった。しかし直江兼続と出会った幸村は、自らの義を模索する。戦国が終わりへ向かう中、強きものになびかず誇りを貫いたその輝きを描く完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

真田好きの息子に 続き

2017/05/26 09:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほにょぼにょぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読み終えた息子に購入しました。
大好きな昌幸の小説に大満足。
面白くて一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真田三代・下

2016/08/28 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yasu - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの大河ドラマで注目されていたけど、ひねくれものの自分はそのタイミングで読む気になれず、まだテレビ放送は終っていないが、ブームをさったところで、そろそろということで、本書を購入。真田十勇士で知っていたけど、歴史として、が有名だったので、新鮮。こんな行動をとっていたとはしらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

常在戦場

2016/02/05 12:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶぅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長岡藩藩訓である「常在戦場」の解釈について、別の解釈が載っていてなるほどと感心しました。一般的には戦場でいるつもりで常に励むようにとの解釈ですが、ここでの解釈では戦場だけが華やかに活躍できる場ではない。たとえ戦場で活躍できなくても、意気消沈することはない。今後の知恵の使いようによって戦場での武勲以上に実績を残すことができる、とのことです。現代を生き抜くにおいても有意義なことばだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真田丸

2016/02/28 12:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読む迄は、真田丸の理由は、知らなかったけど…すごい知略ですねぇ。
現代人では、そこまで根性の有る人間なかなかいませんねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/29 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 04:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/08 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/25 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/10 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/03 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/09 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/11 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る