サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラテン語のしくみ 新版
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/21
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:19cm/146p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08681-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ラテン語のしくみ 新版

著者 小倉 博行 (著)

「しくみ」がわかれば、外国語は楽しい! 文字と発音、書き方と語、文、区別、「てにをは」、数など、ラテン語のしくみをわかりやすく紹介。Webサイトから音源を無料でダウンロー...

もっと見る

ラテン語のしくみ 新版

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「しくみ」がわかれば、外国語は楽しい! 文字と発音、書き方と語、文、区別、「てにをは」、数など、ラテン語のしくみをわかりやすく紹介。Webサイトから音源を無料でダウンロードできます。【「TRC MARC」の商品解説】

言葉にはそれぞれ大切なしくみがあります。細かい規則もいっぱいありますが、大切なのは全体を大づかみに理解すること。最後まで読み通すことができる画期的な入門書シリーズ!【商品解説】

著者紹介

小倉 博行

略歴
〈小倉博行〉早稲田大学大学院博士課程修了。同大学講師。ラテン語学・フランス語学専攻。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/14 18:56

投稿元:ブクログ

小倉博行『ラテン語のしくみ《新版》』白水社,2014年
 このシリーズ、「あんまり詳しくないのかな」と思って敬遠していたが、読んでみたら、面白かった。第一部は文字と発音、第二部は文法で「区別」「人と時間」「てにをは」「数」「実際」になっている。ラテン語の教科書は有田潤・山下太郎と、Familia Romanaをもっているが、-ne(か?)とか、-que(〜と)や、ほかの参考書ではけっこう後になってでてくる代名詞(meus,mea,hic)などが前の方にできて、分かりやすかった。前置詞(ex)もわかりやすいです。とにかく、細かい所をそぎ落として、文法用語を使わずに、「柱を教える」という方針で、入門にも復習にもいいと思う。最後にはグレゴリオ聖歌とか、古代ローマのレシピとか、ちょっと長い文も読めます。「不定詞」というのはぼくも「誰がの部分が定まっていない形」だと思っていたが、そう書いてあって、やっぱりそうだと思った。Marcum grammaticam doceo.(私はマールクスに文法を教える)のdoceo(教える)は、二つの目的語を両方対格(〜を)にするとか、けっこう面白いこともかいてある。巻末にはパソコンでの入力方法や参考書も書いてあります。できれば、索引もつけてほしいなと思う。

2015/01/11 11:25

投稿元:ブクログ

ラテン語を知らない人がとりあえず読み始めるために書かれた本。
所謂参考書的なものではなく、とっかかりとして書かれている。
とはいえ、最低中学レベル(大学受験レベルあったほうがよい)の英文法が頭に入っていないと厳しく、中身もそれなりに濃いため本書の理解には結構なハードルがある。
参考書的体裁をとっていないため、重要な箇所をまとめられておらず、自分で判断することが必要。またこれもお手軽ではない。
コラムの面白さが救いだろうか。

諸外国語 ランキング

諸外国語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む