サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 水やりはいつも深夜だけど

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水やりはいつも深夜だけど
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/14
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102134-7
  • 国内送料無料

紙の本

水やりはいつも深夜だけど

著者 窪 美澄 (著)

セレブママとしてブログを更新しながら、周囲の評価に怯える主婦。仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦...

もっと見る

水やりはいつも深夜だけど

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

セレブママとしてブログを更新しながら、周囲の評価に怯える主婦。仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦。出産を経て変貌した妻に違和感を覚え、若い女に傾いてしまう男。父の再婚により突然やってきた義母に戸惑う、高一女子。同じ幼稚園に子どもを通わせる家々の、もがきながらも前を向いて生きる姿を描いた、魂ゆさぶる5つの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

思い通りにならない毎日、言葉にできない本音。それでも一緒に歩んでいく。だって家族だから−。同じ幼稚園に子どもを通わせる家々の、もがきながらも前を向いて生きる姿を描いた5つの物語。『小説野性時代』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ちらめくポーチュラカ 5−50
サボテンの咆哮 51−97
ゲンノショウコ 99−141

著者紹介

窪 美澄

略歴
〈窪美澄〉1965年東京都生まれ。「ミクマリ」で女による女のためのR−18文学賞大賞を受賞しデビュー。「ふがいない僕は空を見た」で山本周五郎賞、「青天の迷いクジラ」で山田風太郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

家族の現実を生々しく、そしてその再生を希望とともに描く連作集

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

同じ幼稚園に子どもを通わせる家族たちの姿を描く、それぞれに植物の名前の入った五話からなる短編集。ママ友たちとの関係に神経をすり減らす専業主婦が主人公の「ちらめくポーチュラカ」をはじめとして、登場人物たちはなにかしら問題のある状況の中、鬱屈した気分を抱え不器用に生きている。作者である窪美澄さんが描く家族の姿はとても生々しくて、読んでいて痛みを覚えることもしばしばではある。この作品でもそうではあるが、満たされなかったり行き詰ったりしている登場人物たちが、ある出来事や言葉をきっかけに再生に向かう姿が描かれ、その先に見えてきた幸福の形に心を潤わされるような思いがした。

みんなのレビュー114件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

孤立? 自立? 孤独感との折りあいのつけかた。

2015/07/25 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

追いかける対象の窪美澄さん。本作も楽しませてもらった。

五篇の短編集。各話のタイトルに植物の名前が入っている。
そして本のタイトルは「水やりはいつも深夜だけど」
表題作はない。だからこのタイトルが五篇を束ねているということ。
全部読み終わり、あらためて表紙を眺めるとじんわりとこみあげてくる。
誰にも見つからないよう、ひっそりと育てるココロの花。
理解されないもどかしさとうらはらにココロは育っていく。
そんな思いがよぎった。

他人はさ、私が思っているよりも私のことを考えてくれるはずがなくてさ

こんな当たり前のことをあらためて気づかされた。
離婚、発達障害、いじめ。
決めつけるわけではないけれど、弱者の視点で書かれている話が多い。
環境がそうさせるのか、周囲の人か、自分自身の心か。
答えなんてない。
弱者になって孤立して、その状況をどう受け入れるのか、自分の心と対話する。
心の持ちようによっては、個としての自立になるのかもしれない。
でも、そんな簡単にものごとが運んでいくわけはなくて、あちらこちらと逡巡する登場人物たち。

どの作品も読みごたえがある。セックス描写はなく、心との対話が中心だ。
デビュー作から、こういった視点が気に入って読み進めているのかもしれない。

個別の感想をちょっとだけ書くと、五番目のかそけきサンカヨウがよかったなあ。
精一杯背伸びしている陽ちゃんがとてもいじらしくて、甘えたい気持ちが見えかくれするところが心を打つ。
うん、次作も楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

気づかなかった自分

2015/11/07 06:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OTTER - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常におおわれた自分でも気づかない自分が見つかってゆく出来事が丁寧に書かれています

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2015/09/19 17:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家の本を初めて読みました。
とても興味深く、味のある内容で、他の作品も読んでみようと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/18 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/24 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/24 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/05 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/22 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/13 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/02 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/04 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/25 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/15 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/29 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る