サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤い右手(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/21
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-13408-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

赤い右手 (創元推理文庫)

著者 ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ (著),夏来 健次 (訳)

エリナ・ダリーは縁あって裕福な実業家イニス・セントエーメと婚約し、車を駆ってハネムーンに出発した。ところが希望に溢れた旅路は、死んだ猫を抱えたヒッチハイカーとの遭遇を境に...

もっと見る

赤い右手 (創元推理文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エリナ・ダリーは縁あって裕福な実業家イニス・セントエーメと婚約し、車を駆ってハネムーンに出発した。ところが希望に溢れた旅路は、死んだ猫を抱えたヒッチハイカーとの遭遇を境に変容を余儀なくされる。幸福の青写真は引き裂かれ、婚約者と車を失ったエリナは命からがら逃げ惑う破目に。彼女を救ったリドル医師は、悪夢の一夜に起こった連続殺人の真相に迫ろうとするが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

ハネムーン途上のカップルとヒッチハイカーが出会ったとき、運命の歯車が異常な回転を始めた。悪夢の一夜に起こった連続殺人の真相は? 独特の味わいを持つ狂気の本格ミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

ハネムーン途上のカップルとヒッチハイカーが出会ったとき、運命の歯車が異常な回転を始めた。悪夢の一夜に起こった連続殺人、その真相は? 独特の味わいを持つ狂気の本格ミステリ。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これは決して「バカミス」ではない

2016/03/27 09:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしても厚め・長めの本を買ってしまうことが多い私。
しかし通勤時間小間切れの電車の中ではなかなか集中して読みづらい(仮に集中しちゃったら乗り換えポイントを見失う・・・)。 なので最近は短編集や、短めの長編を持ち歩くことが多くなりました。
ちなみに、個人的な定義では“短めの長編”とは300ページ以内を指します。
それがまた、1940・50年代の隠れたミステリがちょうどそれくらいの長さのものが多いんですよ! そんなわけで<ミステリ黄金期>後のあたりの作品をちまちまと読んでいます (『赤い右手』の著は1945年、初邦訳は1997年)。
が、ちまちまと読んでいられなかったのがこの本!

ドクター・ハリー・リドルが思わぬ形で巻き込まれてしまった奇怪な事件を、リドル医師がしたためた手記という形で読者は読まされる、という構成。 普段から冷静沈着であるよう訓練された職業柄か、ドクター・リドルの言葉選びからは知性と落ち着きがにじみ出る(あとで27歳と知ってびっくり!)。
とはいえ、やはり動揺しているので思いつくまま筆は運び、全然時間軸に沿って語ってくれない。 ものすごいことを書いているんだけどそこに至る過程にはなかなか言及してくれない、と露骨な思わせぶりで読者を振り回す。
「これって、もしや、あのネタか?!」とつい思わずにはいられなくて、余計に一字一句読み落とさずにはいられなくて、それを知ってか知らずかドクター・リドルは読者がドッキリすることをさらりと書き、こっちの妄想をかきたてる。

勿論、作者としては計算通りなのでしょう、まんまと途中でやめられない術中にはまる。
<一世一代の超絶技巧>と帯にありますが、時間軸ぐるぐるで読者を引きずりまわす手法がとにかくうますぎる! 筆の勢いとも感じられるけど、全部計算のような気もするし。
“語りと騙り”という私が大好きな展開でした。 勿論、論理的に事件は着地しますし、<あのネタ>ではありませんでしたし、たたみかけるどんでん返しあります!
なんかもう、この文体に酔っちゃうくらい素晴らしすぎる!

なのに解説によれば、この作品を「バカミスの古典」ととらえている向きもあるようで・・・ふざけるな!!、とあたしは言いたい(私にとって「バカミス」とは、作中のなんらかの謎が解けた瞬間に「は?」と思わずあきれた声が出てしまうような作品のことであって、たとえばジャック・カーリイの『百番目の男』みたいな。 あれと一緒にするな!)。
あと、やはり時代感と雰囲気が大事ですかね・・・。
あぁ、気持ちよくだまされた。 というか、心地よいドライヴ感だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

え゛~~~~!

2015/08/24 17:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ef - この投稿者のレビュー一覧を見る

保険会社の受付嬢をしていたエリナ・ダリーは、顧客として現れた実業家のイニス・セントエーメと恋に堕ち、結婚することになりました。
 二人は、婚姻届を提出しがてらハネムーンに出かけることにし、イニスの知人から借りた車に乗って出発しました。
 ところが、その道中、ヒッチハイクをしていた何とも不気味な風体の浮浪者を拾ってしまうのです。
 よせば良いのに……。

 エリナとイニスは鄙びた村の人気のない湖畔で食事を取ろうと車から降りたのですが、くだんの浮浪者が後をつけてくるではないですか。
 覗き見るつもりか? 怒ったイニスが向かって行きました。
 二人の姿が見えなくなった後、もの凄い悲鳴が聞こえました。
 恐ろしくなったエリナは茂みに身を潜めていると、例の浮浪者がナイフを手にやってくるではないですか。
 何とか見つからずにやり過ごしたエリナは、森の中を逃げ出します。

 一方、浮浪者は、助手席にぐったりしているイニスを乗せたまま、クラクションを鳴らしながら笑い声を上げ、車を爆走させていきます。
 村の住民達もそれを目撃しており、いや、目撃どころじゃなく、その車に故意に飼い犬をはねられたりもするのです。
 また、その車は途中で人を一人轢き殺してもいます。
 こいつは殺人鬼か?

 ちょうどその頃、医師のリドルは、往診の帰りに近道をしようとして車が故障してしまい、この事件があった場所の近く、沼地道へ曲がる角あたりでエンストしていました。
 1時間程あれこれやっていましたが、どうしてもエンジンがかからないため、救援を求めて(それと知らずに)事件があった方へ一本道を歩き始めたのです。
 しばらく歩いたところにあった家に入り助けを求めたのですが、そこでも既に例の浮浪者が乗った車のことが目撃されており、「おい、これこれの車を見なかったか?」と訊ねられるのですが、そんな車は一度も見たことがありませんでした。
 実際には、その車は後に沼地道の先で発見されるので、当然リドル医師がエンストして止まっている車があった角を曲がっているはずなのですが、リドル医師は絶対に見ていないと言い張ります。

 というのがこの作品の謎の始まり部分なのですが……。
 いや、その後、とんでもなく沢山の人が次々と殺されます。

 まったく、もう!
 何という作品でしょう。

 もう一度精読するつもりは全く無いのですが、これ破綻してないかい?
 しかも最後のオチは何ですか! バナナの皮だとぉ!
 ミステリとして、ひどくない?
 これ、真面目に書いた作品なのだろうか?
 トリックだって酷すぎる!

 嘘だろう?と思いながら巻末解説を読んでみたところ……この作品、97年の「バカミス」の東の横綱に選ばれていると言うではないですか!
 ……はぁ。そうだったのね。
 普通のまともなミステリだと思って読んでしまったじゃないか!(怒)

 でも、作者はこれ、どういうつもりで書いたのだろう?
 ジョークとして書いたのかな、それとも本気で、まともなミステリのつもりで書いて結果「バカミス」に仕上がってしまったのか?

 ま、とにかく、どんな作品なのかは各自でお読みになるように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/05 03:04

投稿元:ブクログ

依頼された手術からの帰宅中に車が故障したハリー・リドル医師。彼に婚約者セントエーメが誘拐され自分も殺されかけたと訴えた助けを求めたエリナ・ダリー。近くに住むマコウメルー教授の別邸に向かう二人。ダリー嬢が語るセントエーメとの出合い、デクスターと名乗る男がセントエーメに貸した車。ヒッチハイカーを拾った二人。コークスクリューと名乗るハイカーに殺害されたセントエーメ。マコウメルー教授の使用人ジョン・フレイルを引き殺した犯さしリドル医師が発見したセントエーメの死体。右手を切り取られた死体。捜査が進む中殺害されたマコウメルー教授とウニステア。消えたフレイルの弟ピート。

2015/01/09 16:02

投稿元:ブクログ

時系列がめちゃめちゃ。何が起きたか分かるようで分からない。
語り手のリドルが机に向かいながら「詳細に記す」とは言うものの、間取りやら目に見える周囲の様子やらばかり詳細で「そこじゃないよ!事件を詳細に書いて!」と何度やきもきしたか。
リドルの思考や感情も入り乱れ、いったり戻ったりの話の運びに混乱を極めました。

だがしかし!何が起きているのか知りたいという欲求を煽る思わせぶりな文章にページを繰る手が止まらない!

えもいわれぬ不安がこちらにまで伝染し、リドルの焦燥に引っ張られてぐんぐん読めます。
田舎の閑散とした脇道が緊迫感に包まれるのがホラーのようで楽しい。
最初にある地図の絵も趣があって良いです。

右も左も分からないまま著者の筆の勢いに乗れば、最後は心地よい疲労感に包まるでしょう。
独特の構成であらゆる手掛かりを覆い隠したミステリーでもあり、総じて1級品のエンターテイメント小説だと思います。


ネタバレ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














冒頭から自分は優秀で冷静で、なんて言っている語り手のリドルが胡散臭いわけですが、ページを進むほどに益々怪しくなります。
帽子や「ドク」という呼称など、偶然の一致が多くて信頼出来ない語り手の地位を着々と築いていました。

しかしリドルの「車は通らなかった」という証言を嘘と決め付けるに確信が持てず、むしろその振る舞いは無実の人です。
全貌がなかなか明らかにされない事件と相成って翻弄させられました。

きちんと時系列を並べてみると、そこまでこんがらがった状況ではないので、やはり著者の演出の巧さだと思います。

デクスターをマコウメルーと思っているウニステアが、屑山で見つけた死体をマコウメルーと見抜いたのが疑問です。芸術家らしい第六感的感覚で勘付いたというような説明はあるものの理由としては弱い。

むしろ、マコウメルーに何かあったか?という状況で、しかも暗い中、死後時間が経った死体をマコウメルーと勘違いした(実際、本人だったわけですが)という方が説得力があるように思います。実際、デクスターとマコウメルーは親族ですから似てなくはないのかも。

もしくは、勘などではなく、牛乳を取りにこなくなったなどの微かな違和感が、死体を発見と同時に真実に瞬時に結び付くという超現実主義的推理力を発揮したとか。

2014/12/22 23:42

投稿元:ブクログ

ハネムーンの途中で拾ったヒッチハイカーに婚約者が車もろとも奪われてしまったエリナ。
彼女を助けたのは外科医のリドルだった。
怪しい風体のヒッチハイカーを警察も追い始めるが…。

エンタメ力の高いサスペンス。
スピード感があってグイグイ読ませるけど、きちんと伏線も貼ってあってああっ!となる。なった。
トリックとか動悸とかに拘らず、純粋に楽しんで欲しい一作。
こう言うのを復刊してくれた出版社に敬意を払って評価を高くした。
もっとクラシックミステリを掘り出してくださいおねがいします。

2015/07/22 23:17

投稿元:ブクログ

読み終わって、これのどこがすごい小説なんだろうとぽかんとしました。
バカミスと呼ばれるジャンルらしい。
主人公の視点のみで語られるためか、彼にべったりはりついて見ている感じ。
トリックも、まさか...じゃないよね?
そんな古典的な...
と思ったらまんまだし。
なにがなんだかわからないうちに、怒涛のごとく終わってしまった感じ。

この勢いが高評価らしいですが、うーん。

2015/01/12 13:05

投稿元:ブクログ

「赤い右手」J.T.ロジャース◆婚約者を車ごと連れ去った赤い眼の犯人は消えた?時系列がめちゃくちゃで死んだはずの人が次のシーンで生き返ってたりするのですが、ややこしい分真相が明らかになった時の反応が鈍くなってしまった。胡散臭い話だと思いつつも詐欺に引っかかるような話(褒めてる)。

2014/12/02 17:50

投稿元:ブクログ

パルプ・マガジン時代のサスペンス小説。著者はアメリカの大衆小説家。
元はパルプ・マガジンに発表された中編で、単行本化の際に大幅な加筆訂正が行われて長編となった。
探偵小説的トリックや謎解きに主眼がおかれているようには読めず、『訳者あとがき』にあるとおり、ジャンル的には一種のサスペンス小説だろう。道具立てに派手なところはあるが、動機の面ではありきたりで、トリックもそこまで複雑ではない。
反面、当初から娯楽読み物として書かれただけあって、先の読めなさや展開のスピーディさで読者を飽きさせない作品に仕上がっている。

2014/11/13 13:43

投稿元:ブクログ

ハネムーン途上のカップルとヒッチハイカーが出会ったとき、運命の歯車が異常な回転を始めた。悪夢の一夜に起こった連続殺人、その真相は? 独特の味わいを持つ狂気の本格ミステリ。
*第2位『このミステリーがすごい!1998年版』海外編

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む