サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

紅玉の蜜事

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/10
  • 出版社: 二見書房
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-14152-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

紅玉の蜜事 (Honey Novel)

著者 多紀 佐久那 (著)

没落した貴族の娘・セシリーは母から身売り同然の縁談を持ちかけられ、家を飛び出した。その道中で騎士・ギルバートと出会い、恋を請われたセシリーは彼に惹かれるまま恋人に。実はセ...

もっと見る

紅玉の蜜事 (Honey Novel)

710(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

紅玉の蜜事

756(税込)

紅玉の蜜事

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

没落した貴族の娘・セシリーは母から身売り同然の縁談を持ちかけられ、家を飛び出した。その道中で騎士・ギルバートと出会い、恋を請われたセシリーは彼に惹かれるまま恋人に。実はセシリーにはギルバードに明かせない秘密があったが、昂る気持ちを抑えられず二人は体を重ねてゆく。セシリーはこれが最後の幸せと思い、束の間の温もりを噛みしていた。だが、予期せぬ事態でセシリーの秘密がギルバートに知られてしまい…。【「BOOK」データベースの商品解説】

セシリーは盗賊に襲われたところを騎士・ギルバートに救われた。互いに惹かれ合い恋に落ちるが、二人の家柄は敵対する派閥で…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

骨太に花開きましたね。

2016/05/01 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ははあ、「傭兵王と花嫁のワルツ」の方でしたか。
二作目にて花開きましたね。
作品の舞台は、多分イギリスの12世紀前半の、ノルマン朝の滅亡からプランタジネット朝成立までの混乱期がモデルだと思われます。
骨太な印象を受ける文章と、豊かな背景知識から来る作品世界のしっかりとした地盤づくりという点では前作と変わりませんが、今回は、より物語全体にスピード感があり、よりロマンス色が濃厚。

ヒロインセシリーの父は、前王への忠誠のため、王女を擁立し、その命を捧げた高潔な騎士、伯爵クレア。
敵対した王甥が王位について、内戦は決着。
父の死後落ちぶれて酒浸りの日々を送る母に、意に染まぬ婚姻を強要され、セシリーは叔母のいる修道院に逃れようとするが、途中強盗に襲われてしまう。
そこを助けてくれたのが、高潔な旅の騎士ギルバート。
彼がセシリーを修道院まで送ってくれることになり、旅をする間に恋に落ちる二人。
しかし実はギルバートは、内戦の際奪われた王冠のルビーを探す王命を受けて旅をしていた、王の側近パーシー卿の三男。
セシリーにとっては、敵の息子であり、許されない家柄同士の関係だった。
二人のロマンスは、失われたルビーを巡って絡み合い、物語が進行していきます。

訥々と語られる物語の中で、恋する若い二人にの思いにぐっと心を掴まれました。
貴婦人と騎士の愛のやりとりの中にも、中世イングランドの騎士物語の雰囲気が醸し出されていて、作品世界に浸れます。
読後の満足感の高い作品。

エロの時の用語にもちょっと情緒的な気配りをいただけたら、文句なく★5つつけてたと思うな。
うん、骨太な作者さんなので、多分意図的にされたんだと思うんだけどね。
汁が出ます、と言われるとちょっと萎える(苦笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/16 22:10

投稿元:ブクログ

前作より好きかもしれない。とにかく爽やかで気分すっきりなお話だった。若い恋人達が、過去や家のしがらみを解きほぐしていく感じ。王道で爽快で、えろいとこも必要ないくらい。こういうのもたまにはいいものです。

ティーンズラブ小説 ランキング

ティーンズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む