サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. この恋が運命なら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この恋が運命なら(二見文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/20
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: 二見文庫
  • サイズ:15cm/483p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-14154-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

この恋が運命なら (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

著者 ジェイン・アン・クレンツ (著),寺尾 まち子 (訳)

ルーシーは少女時代の夏を過ごした町を十三年ぶりに訪れた。大好きだったおばが事故で亡くなり、彼女に家や財産が遺されたからだ。町には偶然初恋の人メイソンも戻っていて、懐かしさ...

もっと見る

この恋が運命なら (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

967(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ルーシーは少女時代の夏を過ごした町を十三年ぶりに訪れた。大好きだったおばが事故で亡くなり、彼女に家や財産が遺されたからだ。町には偶然初恋の人メイソンも戻っていて、懐かしさに駆られるままおばの家の修理を頼み、手料理を振る舞うことにした。だがロマンチックなディナーのあと、暖炉をふさぐタイルを剥がすと、現れたのは長年行方不明だった男性の遺体だった。まさか、おばが殺したの?そうすると、おばが亡くなったのは本当に事故なのだろうか?ふたりは少しずつ接近つしつ、調査を開始するが…ロマンティック・タイムズ誌が選ぶ“ロマンティック・サスペンス賞”受賞!【「BOOK」データベースの商品解説】

ルーシーは事故で亡くなったおばの家と財産を相続するため、少女時代を過ごした町を訪れ、初恋の人メイソンと再会。ロマンチックなディナーのあと、おばの家の暖炉から男性の遺体が発見される。ふたりは調査を開始するが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

クレンツという安心感

2015/03/01 21:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奈津子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クレンツの描く登場人物は、物凄く知的です。現実社会でもああいった捻りの効いた会話が出来なければアメリカでは通用しないのでしょうか? 口下手な私にはムリだわ。

各章の終わりにピリっとした皮肉であったりジョークであったりとクスっとさせられる会話がある。この会話の妙とクレンツであるという安心感は、やっぱ凄いわ。私にとってクレンツは「積めない作家」アマンダ・クイックは「読み返し率トップの作家」

今回もロマサス部門で賞をとっているということで期待は裏切られませんでしたが、ヒーローもヒロインも「常識人」だったなとw まぁ職業はどちらも「探偵稼業に準じる職」みたいでいつものクレンツらしいです。

若い時に憎からず思っていた相手と13年後に再開して恋に落ちる話だから、「この恋が運命なら」という邦題も妥当ですね。ただ今回は、二人の恋模様よりもギリギリまで犯人を読者に分からせなかったミステリーを評価したい。

評価したいが、最後の誤訳か日本語ミスか??「犯人」という言葉が「知人」になっている点は、マイナス10万点!!

ヒロインの叔母がはまっていた思想「今このときを生きる」というのは、結局はその時その時の一瞬を大事にして生きなさいという、ごく当たり前の教えだと思います。作者は「禅」とか「ヨガ」とか言葉をちらしていましたが・・・・・・

ただ「今この時に存在している・生きている」とか言われても、意地はったりああじゃない、こうじゃないとグダグダするのが人間なワケだから、人生はとても難しいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/21 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/26 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 02:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/07 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ミステリコレクション ランキング

ミステリコレクションのランキングをご紹介します一覧を見る