サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/03
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/370p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42253-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)

著者 麻見 和史 (著)

中央区日本橋。男性の“損壊”遺体が発見された。腹部を切り裂かれ、煙草の吸い殻と空き缶が詰め込まれた死体の意味は?大手新聞社を辞めCS放送の報道記者として取材する早乙女綾香...

もっと見る

屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香

324(税込)

【期間限定価格】屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香

ポイント :3pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中央区日本橋。男性の“損壊”遺体が発見された。腹部を切り裂かれ、煙草の吸い殻と空き缶が詰め込まれた死体の意味は?大手新聞社を辞めCS放送の報道記者として取材する早乙女綾香は、十年前の大阪での殺人事件との類似点に気づく。一方「山猫」と名乗る犯人から新聞社に“真相を書け”とメールが。屑に埋もれた真実を追う、緊迫の報道ミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

中央区日本橋で、男性の“損壊”遺体が発見された。CS放送の報道記者として取材する早乙女綾香は、10年前の大阪での殺人事件との類似点に気付く。一方「山猫」と名乗る犯人から新聞社に“真相を書け”とメールが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

電子書籍

面白かったです

2016/05/20 15:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めは、ありがちなスタートっぽく、面白くなさそうだったのですが、
途中から引き込まれ一気に読め、面白かったです。
続編も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いが

2016/01/01 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TK - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い。ただ、新聞に限界を感じテレビってありなのかな。事件報道より、しょせんワイドショー的なリポーターにしかなれないと思うけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公がうっとうしい。

2015/11/23 20:25

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎度のことながら、本当にこの作者の書く女性主人公はうっとうしいキャラだと思う。無駄に熱く、正義感をふりかざしているわりに、言っていることは筋が通っていない。報道そのものに対する基本概念も、テレビと新聞という報道の質のちがいも、ろくに理解せずにただ感情だけで動いている。正義のためといいながら、勝ち負けにこだわりすぎなところもおかしい。ストーリーそのものはそこそこおもしろいが、主人公のキャラでぶち壊し。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/22 20:07

投稿元:ブクログ

今回はやる気満々の報道記者(ケーブルテレビ)
乙女を武器にアザとく強かに取材をします
一本筋が通っているから周囲も段々と味方に
なっていくんだろうな~

2014/10/25 00:12

投稿元:ブクログ

 この作者の「殺人分析班シリーズ」が好きで、読んでみた。どちらも小柄な女性が主人公。性格は違う。でも共通するのは、前向きなで一生懸命なところ。多分私はそこが好きでこの作者の作品を読んでるんだと思う。

2015/03/05 14:19

投稿元:ブクログ

大手の新聞社記者からCS放送記者に転職した女性主人公。彼女の猪突猛進な正義感ぶりにちょっと空回り感を感じたところもないわけではなかったが、素直にその頑張りを応援したくなる愛嬌さがあって、同性の私からでも好感の持てるキャラに仕上がっていたと思う。「殺人分析班」シリーズの塔子さんといい、著者の描かれる女性主人公は嫌みのない可愛さがあって好き。また、周りを固める脇キャラも、曲者揃いだけど主人公を上手くサポートしていて、シリーズものとして、彼らの活躍を今後も読みたくなった。ただ、捜査権のないマスコミがいろいろと取材するにあたり、大小の差はあれどある程度の強引な手法を取らざるを得ないのは仕方ないと思いつつも、主人公を含めてそういった行動がされる場面を読むのはあまりいい気持ちもしないし、苦手だなと思った。報道ミステリものはどうしてもそういうモヤモヤを私は感じてしまう。

2016/02/01 11:15

投稿元:ブクログ

「殺人分析班」シリーズと比べると、ちょっと物足りなさを感じた。CSの報道番組がここまでやるかな?という現実感のなさもある。

作者の描く主人公の女性って、背が低いとか、困り顔とか、捜査に関係ない特徴をいつも並べるんだけど、この作者の好みなの?子どもっぽい女性が事件を解決するっていうギャップを狙ってるのかな。同じ女性としてはどうでもいい。いつもここに違和感。

2014/11/24 01:58

投稿元:ブクログ

CSの番組制作者が事件を追って、解決までしてしまうお話。
主人公とカメラマンのコンビビランスは良かったし、新聞記者たちとの対比も読んでいて面白かったです。
ただ、想像の域を超えてないというか、良くも悪くも普通という感じ。

2014/12/07 21:41

投稿元:ブクログ

中央区日本橋。男性の〝損壊〞遺体が発見された。腹部を切り裂かれ、煙草の吸い殻と空き缶が詰め込まれた死体の意味は? 大手新聞社を辞めCS放送の報道記者として取材する早乙女綾香は、十年前の大阪での殺人事件との類似点に気づく。一方「山猫」と名乗る犯人から新聞社に〝真相を書け〞とメールが。屑に埋もれた真実を追う、緊迫の報道ミステリ。

2014/11/28 11:12

投稿元:ブクログ

マスコミがここまで事件に介入しちゃうと興ざめ。ただ現実でもマスコミが主体になって事件を解明したこともあるし(桶川ストーカー殺人とか)、現実離れしているとまでは言わないけれど、ちょっとやりすぎ感があるかな。素直に警察モノじゃだめだったのかな? それだとまたありきたりすぎるのかしら?

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る