サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 毒殺者 Masque

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

毒殺者 Masque(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/386p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790223-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

毒殺者 Masque (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

妻に五千万円の保険金をかけたMの殺人は、大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる。一方、五千万円の保険金をかけられた妻は、夫の行動に不信感をもった...

もっと見る

毒殺者 Masque (文春文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

毒殺者

750(税込)

毒殺者

ポイント :6pt / 紙の本より6おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻に五千万円の保険金をかけたMの殺人は、大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる。一方、五千万円の保険金をかけられた妻は、夫の行動に不信感をもった。もしかして…。どんでん返しに次ぐどんでん返し。実際の事件に想を得た「―者」シリーズの原点となった『仮面劇』を改訂改題して復刊。【「BOOK」データベースの商品解説】

妻に5千万円の保険金をかけたMの殺人は、大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる。一方、妻は夫の行動に不信感をもった。もしかして…。実際の事件に想を得た「−者」シリーズの原点。〔「仮面劇」(講談社文庫 1995年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

大人気ミステリー「――者」シリーズの原点

多額の保険金をかけた妻を、トリカブトで殺したM。絶対にばれるはずはなかったのに、ある日、脅迫者からの電話がかかってきた。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

個人的には納得できない

2015/02/25 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

折原氏の「~者」シリーズの第一作だそうです。
なるほど、氏の十八番のどんでん返しに「あっ!!」と言わされます。

でも、ごめんなさい。個人的には納得できません(ネタバレになるので詳しくは書かないけど、)。
読んでいただければわかるのですが、その結末だとすると、参照ページあたりの描写やセリフでおかしい部分が出てくるのでは・・・??

皆さんはどう思いますか?読んでみて!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/08 10:09

投稿元:ブクログ

この「○○者」シリーズ、他にも読みたくなった。

叙述トリックってわかってるせいで、最初からいろいろと疑って読んでしまうなー。

2015/08/17 17:23

投稿元:ブクログ

 妻に保険金をかけて毒殺した男。
 完全犯罪になるかと思われたが、謎の脅迫者に悩まされることになる。

 ってことで、実際に起こった事件に想を得た「○○者」シリーズ。
 昔の「仮面劇」を改訂改題して復刊だそうですよ。

 なので、初期作品といわばそうなんだろう。
 でもって、今の折原一を読んでる身としては、なんか歯がゆい。
 うーん。
 現実を虚構の間で、振り回されてる感がいなめないです。

 うん。
 色々詰め込みすぎたかな。

 残念かも…。

2015/03/04 22:50

投稿元:ブクログ

妻に5千万円の保険金をかけたMの殺人は、大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる。一方、5千万円の保険金をかけられた妻は、夫の行動に不信感をもった。もしかして…。どんでん返しに次ぐどんでん返し。実際の事件に想を得た「者」シリーズの原点となった『仮面劇』を改訂改題して復刊。

文春文庫(2014.11)

2014/12/18 21:18

投稿元:ブクログ

『~者』シリーズの新作。
このシリーズは現実の事件をモチーフにしているが、今回は保険金殺人。
既存のシリーズと比べるとストレートだな、という印象。凝ったプロットというよりは最後の緊迫感を重視した構成になっている。

2014/11/07 14:50

投稿元:ブクログ

【大人気ミステリー「――者」シリーズの原点】多額の保険金をかけた妻を、トリカブトで殺したM。絶対にばれるはずはなかったのに、ある日、脅迫者からの電話がかかってきた。

2016/01/02 22:53

投稿元:ブクログ

『倒錯の帰結』に続き、折原作品五作目。今作は実際の事件をモチーフにした「──者」シリーズ最初の作品です。いや~どんでん返しに次ぐどんでん返しでした!流石は“叙述使い“の折原氏w こうゆう事件(犯罪者)が大好きな私としては楽しめました(^^ この「──者」シリーズは順番に読んでいきたいなぁと思います。