サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

少女への手紙(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/10
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-76822-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

少女への手紙 (平凡社ライブラリー)

著者 ルイス・キャロル (著),高橋 康也 (訳),高橋 迪 (訳)

「不思議の国のアリス」の著者ルイス・キャロルは、手紙魔としても有名だった。愛する少女たちを楽しませたい一心で綴られた、物語パワー全開、ノンセンスの精髄70余通を収録する。...

もっと見る

少女への手紙 (平凡社ライブラリー)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

少女への手紙

1,296(税込)

少女への手紙

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「不思議の国のアリス」の著者ルイス・キャロルは、手紙魔としても有名だった。愛する少女たちを楽しませたい一心で綴られた、物語パワー全開、ノンセンスの精髄70余通を収録する。キャロル撮影の少女たちの写真も収載。〔新書館 1978年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ルイス・キャロル

略歴
〈ルイス・キャロル〉1832〜98年。イギリスの作家・数学者。作品に「不思議の国のアリス」「スナーク狩り」「シルヴィーとブルーノ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/18 15:50

投稿元:ブクログ

キャロルの少女への愛がたっぷつまった書簡集。鏡文字や、文章丸ごと逆さにしたり、手紙一通にも技巧が凝らされていて読み応えあり。

2015/07/08 12:53

投稿元:ブクログ

誰かの親密な手紙を盗み見る後ろめたさと愉しみ。
ルイス・キャロルの少女への執着を一概にロリータ・コンプレックスでしかないとは言い切れないし、無関係とは言えない。
彼が、少女が相手の時だけ堰を切ったように語り出す、奔放な想像力が産んだ言葉の遊戯をばかばかしいような切ないような気持ちで読んだ。

2015/01/01 14:07

投稿元:ブクログ

19世紀イギリス、
数学者にして聖職者、童話作家でもあった
手紙魔ドジソンおじさんが
いたいけな乙女たちに書き送った、
愛と優しさとユーモアと、
ちょっぴりビターな毒を含んだラヴレター集。
但し、あのアリス・リデル宛ての手紙は無し。
至近距離で暮らし、頻繁に顔を合わせていたのだから
当然と言えば当然――と、あとがきにあり。
なるほど。

少女は必ず、いつか少女でなくなるが、
少しずつスライドさせるように相手を変えて
幾人もと交遊を持てば、長いスパンで眺めたとき、
理想的な少女の結晶と言うべきものを
叙述の空間に留め置くことが出来るに違いない、と
内気な作家は考えたのではあるまいか……
そんな訳者の考察に深く頷いた。
物語を書くというのは、そのための作業に他ならない。

2014/12/31 16:41

投稿元:ブクログ

手紙まで公開されてしまって可愛そうに。
しかし、高橋先生のあとがき。
「むしろ、よりしばしば、彼は少女をからかう。困らせる。かつぐ。叱る。なぶる。ときには、おどしさえする。そこには、まぎれもなく、孤独な地獄から、愛する対象を得てよみがえった魂の声の全音域がある」
これに尽きる。
ただの性欲おじさんでもなく、ただの聖人君子でもなく、ただのユモリストでもなく、ただの人嫌いでもない、ぎりぎりの存在だったからこそ、この人は「いい」んである。

2014/11/30 20:25

投稿元:ブクログ

言わずと知れた『不思議の国のアリス』の著者、ルイス・キャロルが少女たちに宛てて書いた手紙を纏めた書簡集。
『アリス』にも通じるナンセンスな手紙は物語の断片のようでもあり、ある種の詩のようでもあり、読んでいると不思議な気分になってくる。
それにしても、ルイス・キャロルは随分と筆まめな人物だったようだ。手紙ひとつとっても自筆の絵があったり、鏡文字があったりと凝っている。
しかし、これを全部、幼い女の子に向けて書いたというのは、ちょっと恐ろしくもあるw 今だったら警察沙汰になってそうだw

余談だが、最近の平凡社ライブラリーの帯はふざけているように見えて、やけに内容を的確に表しているのがいい。このまま突き進んで欲しいw

2015/02/26 23:39

投稿元:ブクログ

生涯に書いた手紙の総数は十万弱…
すごい!すごすぎる!!と思ったけど今の時代のラインや
メール好きな人ならこれぐらい書くかな?
キャロルのすごいところはこれらの手紙の詳細をすべて記録していたところ

手紙の内容は作品同様ユーモアにあふれている上に
最後の本名の前に書かれた一言がとてもしゃれている
「きみゆえに苦しむ」とか「遠くから君を愛する友」とか
「まちがいなく君を愛する」とか、こんなことばが書かれた手紙
人生に一度くらい欲しかったかも…と思ったけど少女時代に
年齢が離れた男性からもらうのは無理。きっと封を切らずにお返しするでしょう。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む