サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ふしぎの国のアリス 新訳

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ふしぎの国のアリス 新訳(角川つばさ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2010.3
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川つばさ文庫
  • サイズ:18cm/217p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-04-631081-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ふしぎの国のアリス 新訳 (角川つばさ文庫)

著者 ルイス・キャロル (作),河合 祥一郎 (訳),okama (絵)

へんてこなウサギを追って、深ぁ〜い穴に落ちたアリス。そこは、何から何までふしぎなワンダーランドだった!? 51点の挿絵と新訳で生まれ変わった「ふしぎの国のアリス」。〔「不...

もっと見る

ふしぎの国のアリス 新訳 (角川つばさ文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

新訳 ふしぎの国のアリス

605(税込)

新訳 ふしぎの国のアリス

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

へんてこなウサギを追って、深ぁ〜い穴に落ちたアリス。そこは、何から何までふしぎなワンダーランドだった!? 51点の挿絵と新訳で生まれ変わった「ふしぎの国のアリス」。〔「不思議の国のアリス」(角川文庫 2010年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あたらしく、いまどきな、不思議の国!

2012/09/02 21:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あお - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまどきの女の子な口調のアリスが大活躍!中に出てくる詩やせりふに、キャロルが盛り込んだ韻も、上手に日本語に訳されていて楽しめます。
たくさんの日本語訳を読んでいますが、今の子供たちにはきっと、この新訳が楽しめると思います。

挿絵もテニエルではありませんが、色々内容が上手く取り込まれたイラストで、イラストの中に何が盛り込まれているのか見つけるのも楽しいです。今までに他のアリスを読んだことのある人も、改めて読む価値あり!
新鮮な不思議の国があなたを待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢オチ

2015/09/11 06:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わん - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は意外と難しいところもあるが、訳が良く読みやすい。子ども心を失わない数学教師が書いたというところに惹かれる。イラストがかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/07 19:30

投稿元:ブクログ

まずはokamaさんにイラストを依頼した担当者に惜しみない拍手を送りたい。大絶賛でございます!また、翻訳もアリスの世界を再現するのがんばってると思いました。英文で韻を踏んでいたり、マザーグースからのネタが仕込まれていたりで、この世界を理解するのは、原文じゃないとキツイと思われるトコロを、日本語でうまい具合に言葉遊びとして訳している。まぁ、それでも意味不明でわかりづらいんですが、豊富に挿入されるokamaさんの不思議で可愛いらしいイラストが物語への理解と没入感を高めています。装丁を担当してるデザイナーさんもがんばったと思う。いやー、こんなに贅沢なアリス…もうたまらんです、お宝です。okamaさんとアリス…こんな素敵なコラボ、とっても嬉しくなりました。とはいえ、okamaさんの作品は、実はコレが初めて購入したわけですが…。(良くホームページに行っては、女の子カワイイのぅってニヤついてる事が殆ど)漫画とかも買ってみたいけど、コレはアリスの世界だからこそ完成した奇蹟のコラボなんだろなぁ。okamaファンでアリスファンならこれは是非買うべき。というわけで、続編の「鏡の国のアリス」も買ってきました。こっちはチェスがモチーフになってるし、ちょっと長いので昔読んだときはすごく苦痛だったんだけど、こんなにいっぱい挿絵があるなら、楽しく読めそうです。

2010/06/29 22:14

投稿元:ブクログ

イマドキのイラスト!アリス・イン・ニュー・ワールド〜
いや、物語は一緒ですが(^_^)
イラストで 印象って ちがってくるものですね。

2010/11/06 00:48

投稿元:ブクログ

最近、児童書の名作が、新訳として現代っこたちに抵抗の少ない
挿絵や文章で、あらたに出版されている。

いいなあ、と思っているのは、宗田理さんの「ぼくらの七日間戦争」シリーズが児童書向けの装丁で出版され、再ヒットしていること。
あと、ふしぎの国のアリスも
石井睦美さんの訳で、ツウェルガーの挿絵で出版されたり。

このアリスもそんな中の一つ。
角川つばさ文庫は、現代の子どもを意識して、イマドキの挿絵で名作古典を出版したり、ライトノベルで人気の「涼宮ハルヒ」のシリーズを児童書で出したり、へえ~!と思う取り組みがある。

このアリスを訳した河合祥一郎さんは、以前もアリスを翻訳されていたが、現代の子たちが読みやすいよう、新訳に取り組まれたとのこと。

ただ・・・この挿絵が、私の働く図書館ではけっこうな物議をかもした。
かわいらしすぎる挿絵の印象が強すぎて、不思議の国のアリスに対する先入観ができてしまうと。
でも、それでも、この本をきっかけに、
「本っておもしろい!」
「長いおはなしを通して読めた!」
・・・と思う子どもが一人でも増えればよいのではないかとも思う。

とか、いいつつまだ読めていないので、早く読もう。
ちなみに、アリスは、岩波のものが自宅にあります。
ジョン・テニエルのちょっと怖いような地味な挿絵のアリスです。
それと、ツウェルガーの絵のファンなのと、石井睦美さんの柔らかな文体も好きなので、そのアリスは個人的に買いました。
どれがベスト、とは決められません。

☆☆2010/12月読了☆☆
読みました。
訳者があとがきでも書いているように、現代っ子が読みやすいよう、
ルビや言葉遣いが直されている。
子どもたちが話の途中で、「これ何て読むの?」とか「なんのこと?」
って言葉で止まってしまったら、話に集中できないだろうから、
確かに読みやすい!
…し、たくさん登場する「詩」はしっかりとことば遊びを再現している。
(これが訳者さんのこだわりだそう)
図書館では、ロアルド・ダールの本もすごく人気なのだけど、
彼の本も韻を踏むリズムの文章がたくさん出てきて、
物語の面白さももちろんながら、その軽快なリズムも人気の秘密だと
思うので、
この新訳アリスは、原著のアリスが持つ文章の面白さを生かした
良訳なのだろう!と実感。

でもでも…
このマンガっぽすぎる挿絵にやっぱり拒否反応を示してしまうのは、
大人の身勝手さというか、ノスタルジーなのだろうか。
ふんだんに挿絵が入っているのはよいのだけれど・・・。

2011/11/23 18:48

投稿元:ブクログ

絵がとてもかわいい。言葉遊びを再現することにこだわっているので、日本語でも音の遊びが楽しめます。本が好きな子にアリスをすすめるなら、この本です。

2014/11/02 08:22

投稿元:ブクログ

読み聞かせに使用。言葉遊びがすべて訳されているのがすごいといえばすごいが、とにかくナンセンスな世界で、読んでいるといつも眠気が襲ってきた。でも子どもには面白かったようだ。とくにチェシャー猫が消えた後、にやにや笑いだけが残っているという有名な箇所が受けていた。

2012/10/02 13:04

投稿元:ブクログ

親友のあいかちゃんにプレゼントされた本。
アリスの物語はなんとなく知っていたけど、
いつ読んだのか記憶はおぼろげでした。
読み始めて早くも3ページめでアリスが穴の中におちていき、
不思議な世界に突入しました。
こんなにはちゃめちゃでへんてこな物語は久しぶり。
子どもの頃に戻った気分で、一気に読んでしまいました^^

2012/04/22 12:59

投稿元:ブクログ

これは名訳だと思う。外見は児童書だが、中身は言葉遊びが的確に訳されていて、非常にわかりやすい。同じシリーズのかがみの国アリスもおすすめ

2012/04/25 19:00

投稿元:ブクログ

翻訳、イラスト、ブックデザイン、などなどなど。どれもいい仕事している!
いくつも読んだが、はじめて翻訳のよさを知ったかもしれん。
イラストはいわずもがな。
「斜め上」にカメラを置いた構図や楽しさや可愛さが別格。

2013/09/12 22:23

投稿元:ブクログ

原文はおろか他の日本語訳も読んだことがなかったのですが、「新訳」と銘打たれたこの本では原作にある言葉遊びや韻を踏む部分が丁寧に再現されているとのことです。okamaさんによる可愛いイラストが挿絵に使われており、子供が読むのにも良いと思います。

2012/09/08 23:20

投稿元:ブクログ

ここまではっちゃけた翻訳の不思議の国のアリスは初めてかもしれません。翻訳自体遊び心に富んでいて、韻を踏んだ言葉回り。奇妙なアリス世界にぴったりです。アリスの楽しさ悔しさの活字表現も最高に伝わるものがあります!活字が苦手な人にも容易に場面が読み取れると思います。イラストもかわいくて、小説の挿し絵ながら映画のような臨場感ある構図も素敵です!

2014/05/27 01:06

投稿元:ブクログ

キュートなカバーイラスト&挿絵はOKAMA氏が担当。話の流れが親切で分かりやすく 挿絵も多いので、子ども向けアリスとして成功している。絵本感覚でパラパラ読める。

2013/01/23 16:42

投稿元:ブクログ

・アリスがうさぎを追って「ふしぎの国」に迷い込んでしまいます。ハートの女王様に首を切られそうになってハラハラしたり、からだが伸びたり、縮んだりしたワクワクしておすすめです。

・ありえないようなお話で、絵がかわいいのでオススメです。

2014/10/01 22:29

投稿元:ブクログ

小中学生向けレーベルながら、ナンセンスさと韻を踏んだ言葉遊びをしっかり訳していて良いと評判だったので借りた。うん、そこは確かに!そこは確かに!!訳者の方のこだわりと原文への愛を感じる。小中学生の子には、訳者あとがきから読ませてあげたいかも。で、それらとは一切関係なく私がアリスを好きになれたのかといえば「やっぱりアリス好きじゃない」で落ち着いた。ただの好みの問題さ。

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む