サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ラスト・マタギ 志田忠儀・98歳の生活と意見

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラスト・マタギ 志田忠儀・98歳の生活と意見
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/27
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101518-6
  • 国内送料無料

紙の本

ラスト・マタギ 志田忠儀・98歳の生活と意見

著者 志田 忠儀 (著)

8歳で山に入り、15歳で初めてクマを撃ち、生涯で50頭以上のクマを仕留めた伝説の猟師の半生記!ここには、生きるすばらしさが詰まっている。【「BOOK」データベースの商品解...

もっと見る

ラスト・マタギ 志田忠儀・98歳の生活と意見

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

8歳で山に入り、15歳で初めてクマを撃ち、生涯で50頭以上のクマを仕留めた伝説の猟師の半生記!ここには、生きるすばらしさが詰まっている。【「BOOK」データベースの商品解説】

朝日連峰に生まれ、そこで生き続ける男・志田忠儀。山の中で70年過ごした経験を思い浮かべながら、狩猟や釣りのこと、国立公園のこと、遭難救助や保護運動、大井沢の環境のことなどについて書き記す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

志田 忠儀

略歴
〈志田忠儀〉1916年山形県生まれ。磐梯朝日国立公園内の朝日地域の管理人や朝日連峰の遭難救助隊なども務める。地元のブナ林を守る環境活動に携わり、その功労で、勲六等単光旭日章を受章。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/03 02:17

投稿元:ブクログ

8歳で山に入り、15歳で熊を撃つ、山に生きてきた男・志田忠儀、96歳(刊行時)。
猟、釣り、キノコ採り、戦争体験、山小屋の管理や遭難救助隊、環境活動を描く。

2015/09/15 23:51

投稿元:ブクログ

マタギの重たげな秘伝の話かと思いきや、
軽めの自伝っぽいお話。

後半は登山救助のお話で、身につまされました。
朝日岳は是非とも行かねばならん、と思た。

2015/03/21 23:39

投稿元:ブクログ

読書録「ラスト・マタギ」5

著者 志田忠儀
出版 角川書店

p101より引用
“その性質のため、昔はわれわれがクマ狩り
を行うとき、勢子の声を聞くと真っ先に逃げ
出していた。ところが保護されるようになっ
てからは、人間が危害を加えないことを知り、
逃げないどころか、時としては人のすぐ側や
人家の周辺まで近寄ってくるようになっ
た。”

目次から抜粋引用
“クマを撃つ
 魚を捕まえ、動物を追う
 山に生まれ、自然とともに暮らす
 岳人を助ける”

 山と共に生き続ける著者による、彼の人生
を振り返って記した一冊。
 熊狩りについてから山岳救助についてまで、
穏やかな語り口で記されています。

 上記の引用は、カモシカについて書かれた
項での一節。
このごろ良くニュースで、町中にイノシシが
現れてゴミを漁ったり、通りがかった人に噛
み付いたりする事件を耳にします。
人の近くに来たら危険であると、野生動物に
思い込ませることが、彼らにとってもいいこ
となのではないでしょうか。
 山に関わって70年という著者の経験が、語
りかけるように書かれていて、じっくりと時
間をかけて読みたい一冊です。

ーーーーー

2016/07/27 12:38

投稿元:ブクログ

大正5年生まれの山形のマタギ、志田忠儀さんは仲間内でも名人として名高い。
初めてクマをしとめたのが15歳、仕留めたクマは50頭。1年を通し山の恵みで生活する彼の暮らしと知恵を綴る。
多くの職漁師、職猟師が存在した時代の記録としても重要な1冊。

2015/04/25 16:47

投稿元:ブクログ

猿を抱く表紙の人物が、志田忠儀その人です。猿がじぶんからこうしてきたというのです。なんとも不思議な写真に惹かれて手に取りました。
世界遺産になる遙か前の白神山地、そこでマタギとして生活していた吉田は、自然保護という概念もない頃から、保護を訴えます。豊富な山の知識と経験から、山岳救助にもかり出され、多くの遭難者を救助します。
生活と意見、とあるように、ここには伝統的なマタギの生活ばかりでなく、現代に生きるマタギとしての、ひとつのあり方も描かれています。
けっして多くを望まず、慎ましく暮らしていた吉田とその家族。吉田は時代がもとめるままに、その腕を差し出し、抱く。その生き方は、正直で誠意あるひとりの男の選択でもありました。

2015/12/17 15:25

投稿元:ブクログ

マタギ人生の自伝。途中で戦争などに行った時代も書かれる。日本人にとって、動物の命をいただくのは、神に感謝してからという、本道。森羅万象の神と共に生きるという精神が、全く当たり前のこととして身についている方なのだろう。もっと現代の忘れかけている人々にお説教してほしかったな。とも思った。自然とともにあり美しい人生だ。