サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. どうすれば「人」を創れるか アンドロイドになった私

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

どうすれば「人」を創れるか アンドロイドになった私(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-126251-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

どうすれば「人」を創れるか アンドロイドになった私 (新潮文庫)

著者 石黒 浩 (著)

【大川出版賞(第20回)】自分と全く同じ姿形のアンドロイドを創ったロボット工学者が、その体験とアンドロイド創りを通して見えてきたことを綴る。「持ち運べるジェミノイド」「存...

もっと見る

どうすれば「人」を創れるか アンドロイドになった私 (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私―(新潮文庫)

659(税込)

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私―(新潮文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【大川出版賞(第20回)】自分と全く同じ姿形のアンドロイドを創ったロボット工学者が、その体験とアンドロイド創りを通して見えてきたことを綴る。「持ち運べるジェミノイド」「存在感を持つミニマルなメディア「ハグビー」」を加筆し文庫化。〔平成23年刊の増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

あなたは、人間ですか――。日本が誇るロボット研究の第一人者が挑戦したのは、限りなく人間に近いアンドロイド、自分そっくりの「ジェミノイド」づくりだ。人は鏡と写真のどちらを自分の顔と認識する? ジェミノイドを不気味に感じる境界線は? 人間を“最小限”にデザインすると? ジェミノイドの経年劣化はモデルの自分を修復(整形)すべし? 製作前後の徹底分析で浮かぶ、人間の本質とは。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/29 10:43

投稿元:ブクログ

友人からのオススメで購入。その前にテレビで見かけていて「ああ、この人があの」という認知でした。製作の動機、試行錯誤と完成、行ったこと、進化と展望などをまとめて読めました。アンドロイドを製作を通して浮き彫りになっていく著者や関係者の心理・思考。とても興味深く、読み始めたら一気に最後まで。 何の練習もなく、いきなり本番からはじまって、どうにかこうにかやっていくのが人との会話。「アンドロイドで練習してから人間との接触を」 そんな時代が来るかもしれない、と夢想しています。

2015/07/02 21:57

投稿元:ブクログ

 先日、マツコ~が出てる深夜番組に、石黒氏が出ているところをたまたま見かけ、以前本買ってたな、と思い出し、読む。
 かなり変人?先生のようで。しかし工学的視点で常に対象となるロボットに向き合い、フィードバックを受けながら改良していく様子がおもしろい。女性ロボを作ろうという発想と行動力が素晴らしい。妄想はするが実行はしなかったりするのが多方だろう。心理学も含めた今後の研究にも興味があるが、先生の日常での行動にも興味が出てきた。本書内では見かけの老化に対抗するため、まず痩せると考え、すぐに腹筋と食事量制限を始めたところが秀逸。ロボット研究ではなく人間研究である、と主張するところも何となく把握できる。
 続書も予定とのことなので楽しみである。

2014/12/14 16:22

投稿元:ブクログ

<目次>
プロローグ
第1章   日常活動型からアンドロイドへ
第2章   遠隔操作型アンドロイドを創る
第3章   サロゲートの世界
第4章   アンドロイドになる
第5章   ジェミノイドに適応する
第6章   ジェミノイドに恋をする
第7章   実体化するもう一人の自分
第8章   人を超えるアンドロイド
第9章   人間がアンドロイドに近づく
第10章   持ち運べるジェミノイド
第11章   人間のミニマルデザイン「テレノイド」
第12章   存在感を持つミニマルなメディア「ハグビー」

<内容>
ロボット工学の第一人者。しかし、「アシモ」などの二足歩行型よりも見た目に人間に似せた「アンドロイド」にこだわっている。この本で著者は、「知りたいのは「人間とは何か」「自分とは何か」だ」と言っている。なぜそんなことがロボットからわかるかが、この本の骨子だと思う。
したがって、なかなか意味深な言葉が出てくる。たとえば、「自分のことは自分が一番知らない」「鏡に映る顔は自分の顔ではない(鏡像なので、左右反対の顔を見ている)」「見かけのアイデンティティ(アンドロイドを自分に似せて作るとして、何歳の顔が一番自分なのか)」など。
したがって、この本はロボットについて興味を持つ人よりも、心理学に興味を持つ人が読むべきものであろう。心理学的な統計的解析は一切されていないが、そうしたものよりも真実に近い分析がされているかもしれない…

2015/11/09 22:03

投稿元:ブクログ

ロボットを作るという過程で、「人間とは何か」をとにかく深く考えていて、それが面白かった。

自分のアンドロイドを作って、歳を取らないアンドロイドに、自分を近づけようとする箇所が面白かった。
「肉体的な若さは、精神的に若くなることを大きく助けるのである。老いた肉体に若い精神を宿らせるのは、かなりの努力が必要となりそうだが、若い肉体に、若い精神を宿らせるのは比較的たやすいのである」
アンドロイドを造ることにより、機械と人間が近づく。人間が、自分の体をまるで機械のように感じると、客観的になり過去へのこだわりとか、自分らしさという勝手な精神的な壁が取り払われていくような気がする。
精神がもっと自由になる、そんな未来を、この技術に感じた。

2016/01/23 11:49

投稿元:ブクログ

人の創るには、まず人とは何かを厳密に定義しなければならず、それは技術的な課題よりもっと難しい。だから必然的に、ロボットを作るにあたっては、人間らしさとは何か、人間とは何かを突き詰めなければならない。本書はそれがテーマであり、色んな「製品」が出てくるが、技術面に関しての記述は少ない。

ジェミノイドの操作をするうちに、それがまるで自分のように感じられてくるという話が興味深かった。脳が体験によって何を自分と認識するか。脳の周りに付いているのが骨肉で、それが自在に動かせるから、たまたまそれが自分になっているけれど、自在に動かせるのが、身体ではなく身体の外部のものなら、それが機械であっても、自分だと脳は「錯覚」する。色んな錯覚をさせれば、何が自分だか分からなくなってくる。ひいては他人も、サロゲートに対して恋をし得る。結局人間とは何かというテーマに繋がっていく。これらは古典的なネタではあるが、製作されたアンドロイドの外観や動きが相当リアルになってきている現在、改めてスポットを浴びる話題かと思った。

2015/03/24 20:34

投稿元:ブクログ

先日亡くなった桂米朝さんのアンドロイドや、4月から始まる新番組「マツコとマツコ」に出てくるマツコデラックスのアンドロイドを作ったロボツト工学者・石黒教授の著書。ちなみにこの先生は2007年に英国のコンサルティング会社が調査した「世界の100人の生きている天才」ランキングで日本人最高位にも選ばれています。

石黒先生のこれまでのアンドロイド研究の歴史が分かりやすくまとめられていて、とても興味深かったです。人とアンドロイドが共に生きるSFの世界はもうすぐそこに!

4月スタートの「マツコとマツコ」がますます楽しみになりました。

2015/04/10 16:49

投稿元:ブクログ

選書する際にどうしても自分の分野に近いところを選んでしまうところがある。または新聞の書評などを参考にする。
今回の選書は一人ではできなかったと思う。
が、読んでいて面白かった。工学と全く関係のないところにいる私でも楽しんで読むことができた。
「自分とはなにか」について答えは出てこなかったが、考えることはできた。
いわゆるサロゲーターのような世界になったとしたら「脳」以外の体の臓器がどのように変化し、世の中で役立っていくのだろう。映画も見てみたい。

2015/02/14 18:27

投稿元:ブクログ

推薦者 情報システム工学科 早川 吉彦 先生

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103991&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2015/09/17 12:55

投稿元:ブクログ

そうか。石黒先生はジェミノイドを通して人間のアイデンティティーの在処について研究をしていたのか。

数年前に石黒先生の講演を拝聴したことがある。ジェミノイドの開発秘話は面白く拝聴したが、その効能や開発中と言っていたエルフォイドについては、ちんぷんかんぷんだった(決して石黒先生の講演が悪かったのではなく、私の理解力がたりなかったのだが)。
そしてこの本を読了し、ようやくあの時の講演の内容が120%理解できた。

それにしても(石黒先生には申し訳ないが)、あのしかめっ面でジェミノイド以上にロボットっぽいの石黒先生が、人の愛や生について真剣に考えている姿を想像すればするほどに可笑しく感じた。

2014/12/19 18:15

投稿元:ブクログ

すんごいおもしろくて一気に読んでしまった。人体そのままを再現するのではなく、人が人を認識するための最少要素を抽出して「人」を再発明する試みという感じ。
見かけは全然違うけど「弱いロボット」とも似たことを考えておられるのかなと思いました。意外だけど、納得。

2016/01/10 16:45

投稿元:ブクログ

アンドロイドを通して、人間とは何かを考えてしまう。今後益々、人間とは区別つかないアンドロイドが生まれて、生活することになるだろう。きっと、アンドロイド(ロボット)と人間のすみわけが議論になるだろう。その点でみても、石黒さんの考察は参考になる。石黒さんの最新刊も読んでみたい。

2015/02/16 01:22

投稿元:ブクログ

すーーごく、おもしろかったー!!一気読み。
ロボット学(=ロボットを開発することで人間を理解することを目指している、という意味)研究者の石黒先生が、アンドロイド開発を通してご自身や関係者の方の経験を綴られた本。というわけで工学的だったりメカニック的な内容は無し。
『どうすれば「人」を創れるか』という題名だけどテーマは「人間とは何か?」で、でも「一人の人間には難しすぎる」テーマなので「私とは何か」について、研究や実験の中で先生が得た発見や気付きを書いたエッセイという感じで、おもしろくてわくわくして、すごく読みやすい。
日本科学未来館のコドモロイド・オトナロイド・テレノイドの展示も早く見に行きたいし、ロボット演劇も見てみたいし、まず現実的には他の著作も読んでみたい!

2016/01/16 20:30

投稿元:ブクログ

読了日:2016/1/16

"人間の脳は人間と関わるためにあり、人間と関わるものはいずれも人間らしさを持つ"

この本はロボット(アンドロイド)についての本だったが、
ロボットそのものというより
ロボットと人間間のインタラクション、その過程からヒトとはなにかといった
社会的考察が多く、とても興味深かった。

"人形みたい"ときれいな人を誉めることがある(一部は感情がわからないという意味を込めるときもあるが)が、
ロボットはその"きれい"を追及することができる。
じゃあ、その"きれい"に勝てない人が
追及できる"きれい"は
表情や雰囲気といった人間味あふれる部分なのかもと感じてた。

2016/08/29 00:42

投稿元:ブクログ

めっちゃ面白いです
人工知能に興味がある人おすすめ。
人間を人間たらしめるものは何なのか、気になりますよね。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む