サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. こちら、郵政省特別配達課 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こちら、郵政省特別配達課 1(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-180017-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

こちら、郵政省特別配達課 1 (新潮文庫nex)

著者 小川 一水 (著)

東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署だった。班長・桜田美鳥の下、どんな物でもあらゆる手段で届けるのが仕事。ある時は...

もっと見る

こちら、郵政省特別配達課 1 (新潮文庫nex)

637(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署だった。班長・桜田美鳥の下、どんな物でもあらゆる手段で届けるのが仕事。ある時はトレーラーで一軒家を運び、高層マンションへ速達を配達するのは特殊はしご車で、終電後には深紅の新幹線を走らせる。そして、ダービー馬を出走時間に間に合わせるには!?―特殊任務遂行、お仕事小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署。班長・桜田美鳥の下、家でも馬でも危険物でも、どんな物でもあらゆる手段で届けます! 特殊任務遂行、お仕事小説。【「TRC MARC」の商品解説】

いつでも何処へでも、あなたの荷物を届けます。東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一(やつはしほういち)が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署だった。班長・桜田美鳥(さくらだみどり)の下、どんな物でもあらゆる手段で届けるのが仕事。ある時はトレーラーで一軒家を運び、高層マンションへ速達を配達するのは特殊はしご車で、終電後には深紅の新幹線を走らせる。そして、ダービー馬を出走時間に間に合わせるには!?──特殊任務遂行、お仕事小説。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

カウンタックで郵便配達っ!?

2015/01/04 00:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

全二巻。
奇想天外シチュエーションの郵便配達?業!
クロネコヤマトを仮想敵とした民間勢力に打ち勝てるか,官業は?
経費を度外視した任務遂行は傑作で,義理人情・知力体力の総結集!
エンディングも,近未来を想定したスマートなまとめ方で好感が持てます。
でも,やっぱり,郵便配達はカブだよねえ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛快!

2015/01/27 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい発想の小説ですね!
次から次へと展開される依頼への挑戦に、
どんどんと引き込まれていき
あっという間に時間が過ぎていきました。

皇居を見るたび、ここを通ったのかなぁ~などと
想像してみたり…。
読後に、とっても爽快・痛快な気分になりました。

もう2が出ましたね。
早速読みたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/24 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/15 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/07 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/29 02:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/20 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/03 04:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/05 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/03 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/15 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/06 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/01 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/05 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る