サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 人類が知っていることすべての短い歴史 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人類が知っていることすべての短い歴史 下(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/460,51p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-218622-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人類が知っていることすべての短い歴史 下 (新潮文庫 Science & History Collection)

著者 ビル・ブライソン (著),楡井 浩一 (訳)

【イギリス王立協会科学図書賞】【デカルト賞】生命の誕生、進化する体のデザイン、くり返す絶滅、氷河時代、そして、新天地を求めて移動する類人猿−。イギリス屈指のユーモア・コラ...

もっと見る

人類が知っていることすべての短い歴史 下 (新潮文庫 Science & History Collection)

853(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【イギリス王立協会科学図書賞】【デカルト賞】生命の誕生、進化する体のデザイン、くり返す絶滅、氷河時代、そして、新天地を求めて移動する類人猿−。イギリス屈指のユーモア・コラムニストが徹底的に調べて書いた、最高のサイエンス・エンターテイメント。【「TRC MARC」の商品解説】

ちょうどいい大きさの太陽、地球を甘やかしてくれる月、原子社会のセックスアニマル炭素、防護用コンクリートほどに頼もしい大気、そして無尽蔵のマグマ。地球万歳! ここは生物のパラダイスだ! イギリス屈指のユーモア・コラムニストが徹底的に調べて書いた、最高のサイエンス・エンターテイメント。イギリス王立協会科学図書賞、読めば文系のあなたも「科学通」に。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

普通に良書

2016/03/28 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしおくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても良い本、良書だと思います。
 こういうのを中学や高校1年生くらいの教科書として使えば、みんな科学に興味がわくのではないか。もちろん、大人も楽しめます。一般向けの科学書は専門家の本も悪くはないけど、やはりジャーナリストが書いた方が客観的で分かりやすい。「バージェス化石」に対するスティーブン・J・グールドの評価とか、「出アフリカ説」の確度とか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よくまとまった本だなと感心しました

2015/11/28 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇宙の話が多かった上巻から、地上へと話がうつります。地上の話といっても色々ありますから、取材したり勉強したりするのは大変です。膨大な量の勉強をして、書きたいことをおもいきり削って、この厚さの本になったのだと思います。ページ数は多いですが、内容が凝縮されている印象ですね。知らないことがたくさんあると痛感させられたので、これから色々な本を読んで勉強したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/01 20:54

投稿元:ブクログ

下巻は生物っぽい話。面白いんだけど、ただ小話を羅列しているだけな感じになってきて飽きてきた。まぁ単行本は絶版となり、他の出版社が文庫で出すという状況を鑑みるにこんなもんであろう。

2015/10/20 23:10

投稿元:ブクログ

大作。深海、細菌、生命の誕生、化石、進化論、遺伝子、氷河時代、人類史。よくぞ科学の門外漢がこれだけ多岐にわたるテーマを一つにまとめたものだ。そして、翻訳が読みやすい。読書の娯楽を堪能できた。良書。

2016/07/11 12:18

投稿元:ブクログ

科学史というか、人類が今まで知ってきた世の中の色んな科学的な話をてんこ上下巻にまとめて盛り。知的好奇心がある人、理系バックボーンがある人にとっては読んでて非常に面白いと思う、時間はかかるけれども。いわゆる現世人類がどのようにアフリカから世界に広がっていったのか、がこうも判っていないとは。人類のこと1つとってもこんなにもわからない事だらけなんだ、と思うと色々感慨深い。長生きしたくなる。

2016/08/30 21:25

投稿元:ブクログ

上巻を読み始めてから1年近くかかってやっと読了。科学技術史を全方位から描く力作である。
下巻は理科二類。生命の誕生から生物の歩んできた道を人類の誕生までを描くとともに、現代の地球史ができるまでの科学技術の発展を描く。
生命の成り立ち、構造やら進化の法則等等幅広く扱っており、面白い。
興味深い話は結びの章まで事欠かない。現生人類が如何に、いろんな種を絶滅に追いやってきたか、さらに現在でも凄い勢いで絶滅種を増やしていることを述べている。それでも、まだ人類が知らない種が山のようにあるのである。
なんとも騒がしい星である。

2015/02/09 20:06

投稿元:ブクログ

 自然科学に関する、現時点での一般的なことがらについてまとめられた一冊。しかしながら、技術そのものの解説というよりも、それが判明するまでの人々の試行錯誤がメインになっているように思う。悪いという意味ではなく、ものすごい労力を掛けて、こんなことしか分からないのか。あれ?これってまだ分かってなかったの?と思ったりもする。
 これを読むと世界は、宇宙は広いな、としみじみと感じ、自分がいまここに在ることも奇跡なのだなぁと

2015/03/08 20:22

投稿元:ブクログ

上巻に比べると、本筋をすすめるために必要な話だけに刈り込まれていないような印象を受けました。面白いですが、下巻は後になるにつれ、かなり冗長な印象は受けました。

2016/05/31 12:33

投稿元:ブクログ

締め方がとても良かった。
後書きで成毛眞が東江一紀の仕事に賞賛を述べているが、この訳者の他の本も手に取りたくなった。
本書で言及されている書物の多くが未訳あるいは翻訳が絶版になっているのを見て、日本の置かれたお寒い状況も感じた。

2015/06/18 00:22

投稿元:ブクログ

解説に成毛さんが書いているが、この手の本は翻訳によって読み手の印象が大きく変わってしまう。(自分基準でユーモアがうまく訳されてるなーって思う本は、全体的にとても読みやすい)

そういった中、本書は言い回しもよくサイエンス本とは思えないスピードで読み通すことができた。

印象に残ってるのは、ダーウィンが8年かけてフジツボに関する著作を執筆し終えた際のぼやき「わたしはほかの誰よりもフジツボを憎んでいる」。

2015/12/09 19:48

投稿元:ブクログ

宇宙、量子、地球、生物、人類の成り立ちなど、科学のエッセンスをまとめたような読み物。
科学でこんなことがわかるんだよ!逆に、こんな身近なこともまだわかってないんだよ!と、読みやすく知的好奇心を刺激する名著だと思います。
翻訳も読みやすくていいね!

2015/04/02 21:16

投稿元:ブクログ

宇宙や地球などを扱った上巻から細胞から生物の進化、人類の誕生などにスポットを当てた下巻。
下巻に関しても今まで疑問に思っていたことをあくまで今分かっていることに関してしっかりと答えてくれた。
あとがきを読んで著者が科学とは全く無縁の方なのだと知り納得した。科学者ではこんなにも理解できない普通の人達向けにこんなにもわかりやすく説明することはできないと思う。
そんな無知な自分の知的好奇心を満たしてくれるとても楽しい読書だった。
でも個人的には上巻のほうが知らないこと、驚いたことが多く印象的だった。

2015/07/13 14:45

投稿元:ブクログ

上巻は、この地球がどのように出来、どのような中身になっているかについてでした。下巻は生命誕生から私たち人類の祖先が現れるまでについて、現在分かっている範囲について書かれています。分かっていることというよりも、これだけしか分かっていないという衝撃の事実について書かれています。
資料がいかに少ないか、それを研究するために多くの金がかかり、それに恵まれることの少なさ。そういった障害を乗り越え、情熱的に取り組まれている方々の物語。面白く、一気に読んでしまえる。そして私たちはいかに少しのことしか知っていないことを学ぶことができる。300冊を超える参考文献と(おそらく)退屈で地道な作業を通じてしか知ることの出来なかった世界の話を、これだけ興味深く読ませる本書の凄さを感じます。

2014/12/03 18:10

投稿元:ブクログ

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103407&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2016/11/22 20:58

投稿元:ブクログ

上巻の続き。後半になってようやく生物、人類史。人間の歴史って短いし、化石になるのって凄く大変なんだーと思い知らされる。今となっては恐竜の存在は当たり前になってるけど、ちょっと昔はそんな存在すら知らなかったのかと改めて思うと、恐竜を始めて発見(理解)した人はすごい!