サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰陽師 螢火ノ巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/15
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390159-6
  • 国内送料無料

紙の本

陰陽師 螢火ノ巻 (「陰陽師」シリーズ)

著者 夢枕 獏 (著)

「闇は我が褥、地獄の獄卒は我が同胞よ」琵琶と共に山中を彷徨う女。その腰にある瓢の酒に目をつけた道満は…。【「BOOK」データベースの商品解説】清明の好敵手にして、酒をこよ...

もっと見る

陰陽師 螢火ノ巻 (「陰陽師」シリーズ)

1,566(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「闇は我が褥、地獄の獄卒は我が同胞よ」琵琶と共に山中を彷徨う女。その腰にある瓢の酒に目をつけた道満は…。【「BOOK」データベースの商品解説】

清明の好敵手にして、酒をこよなく愛する法師陰陽師・蘆屋道満。琵琶と共に山中を彷徨う女の腰にある瓢の酒に目をつけた道満は…。「山神の贄」「花の下に立つ女」など全9編を収録。『オール讀物』ほか掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

稀代の陰陽師・安部晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍する600万部超の人気時代小説の第14巻。今回は、晴明の好敵手にして、酒をこよなく愛する法師陰陽師・蘆屋道満の、人間味あふれる意外な活躍にも注目のシリーズ最新作。
大地震の後に、主上の御加減がすぐれぬという。博雅は晴明に内裏に上がるように呼びに来たものの、晴明は主上を見ると、すぐに外へと出かけてゆく(「双子針」)
星を仰ぎ見るのが好きな中納言は、口にしたものがすべて現(うつつ)となるという。ある日、戯れに不幸を予言したところ、予言が当たりよからぬ噂となり。(『仰ぎ中納言』)
常陸の山中で、道満は山賊に囲まれた女を助けるが、女は余計なことと口にする。聞けば、去年の今、女の夫がここで命を落としたという。(「山神の贄」)
摂津は箕面の滝で、酒を前に泣く男を見つけた道満。哀しくて泣いているのかと聞けば、えらい上人と御仏の使いの邂逅を見て、うれし泣きをしていたという。(「筏往生」)
五日前に、突然亡くなった膳広国を、焼かず、埋めず、寝かせておけと命じた晴明の真意を知りたく、博雅は晴明に訊ねるが、そこへ広国が蘇生したと知らせが。(「度南国往来」)
六年前、右目が痛むという柏木季正の元に播磨の法師陰陽師が訪れ治癒したが、今度は、別のところの痛みがやまなくなり……。(「むばら目中納言」)
六条河原院の美しい桜の下で、物言わず悲しげな美しい姫を見たという博雅。その話を聞いた晴明は、桜を見に行くと言うが。(「花の下に立つ女」)
一双の屏風を手に入れた摂政・兼家は、表具を代えようと唐の国より来た単先生に修理を頼むが、単先生は、絵を見ると落涙して絵のなかへと入ってしまった。(「屏風同時」)
諏訪から京へと向かう女は山道を迷い、大磐にあった供え物と竹筒の酒を口にするが、里の者に知られ、代わりに山神の贄として供えられそうになり……(「産養の磐」)【商品解説】

収録作品一覧

双子針 5−26
仰ぎ中納言 27−63
山神の贄 65−100

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

加齢

2017/07/02 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「年齢を重ねること」が晴明と博雅の話題にのぼるシーンが多いです。二人とも、年齢を重ねることを肯定する理由を探しているように感じました。呪を使う集中力や笛を吹く肺活量が低下している自覚があるのかもしれません。加齢の現実に傷つきながらも、受け入れようと努めているようで可愛らしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ほっとする

2016/09/02 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookworm - この投稿者のレビュー一覧を見る

陰陽師のシリーズで、都以外の物語もたくさん収録されている。どこかで聞いたようで懐かしいような、でもはらはらして続きをワクワクと読んでしまった。読んでいてなんだかほっとした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜のイメージが漂う。

2016/07/01 19:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

星を見るのが好きで好きでたまらない中納言の巻き起こす出来事を描いた「仰ぎ中納言」、蘆屋道満がメインの「山神の贄」「筏往生」のせいか、タイトルのせいか、夜のイメージが漂う。

一番印象に残ったのは「花の下に立つ女」。短いがうまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/03 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/08 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/13 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/18 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/13 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/01 07:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/17 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/21 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/31 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む