サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ティーンズラブ
  4. エロティック・チョコレート 一流ショコラティエの恋のお作法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エロティック・チョコレート 一流ショコラティエの恋のお作法(オパール文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/06
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: オパール文庫
  • サイズ:15cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-8227-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エロティック・チョコレート 一流ショコラティエの恋のお作法 (オパール文庫)

著者 立花 実咲 (著)

父の遺した店を守ろうと頑張る莉子にアプローチしてくるショコラティエ・椎名悠貴。口に入れられた彼のチョコレートは甘美な媚薬のようで、身体の奥が熱く疼いて―。「欲しかったんだ...

もっと見る

エロティック・チョコレート 一流ショコラティエの恋のお作法 (オパール文庫)

670(税込)

エロティック・チョコレート【イラスト付】

670 (税込)

エロティック・チョコレート【イラスト付】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父の遺した店を守ろうと頑張る莉子にアプローチしてくるショコラティエ・椎名悠貴。口に入れられた彼のチョコレートは甘美な媚薬のようで、身体の奥が熱く疼いて―。「欲しかったんだろ、これが」奪われた唇から流れ込む甘い香りに酔わされ、もっと欲しくなって!?抗えない快感に心まで蕩けちゃう!メルティでエロスな恋物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

父の遺した店を守ろうと頑張る莉子に
アプローチしてくるショコラティエ・椎名悠貴。
口に入れられた彼のチョコレートは甘美な媚薬のようで、
身体の奥が熱く疼いて――。
「欲しかったんだろ、これが」
奪われた唇から流れ込む甘い香りに酔わされ、
もっと欲しくなって!?
抗えない快感に心まで蕩けちゃう! メルティでエロスな恋物語。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とっても満足☆甘々熱々のラブストーリーでした。

2014/11/05 19:58

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:you - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく本が可愛くて目を引きました。中身もとっても甘い恋愛小説で楽しかったです。ショコラティエとバリスタの職業のこともしっかり描いてあるし、職業ならではのプロポーズの仕方とかすごくよかった。出逢いから結婚までとっても運命的でロマンチック。でもちゃんと現実感もあってよかった。最初ツンな彼と彼女がデレ甘になるのがたまらなくいい。Hシーンも全部かわいくて大満足の本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

甘々です。

2015/04/14 08:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Minty - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘々です。タイトルがちょっとレジでは買いにくいのでもうちょっと買いやすいタイトルだったらよかったなーと思います。ネットでもちょっと買いづらかった。タイトルでイメージが損しちゃってる。チョコレートがえろいんじゃなくって、ちゃんと中身は恋愛小説だからもっと違うタイトルにしてほしかった。

内容はとてもよかった。とってもキュンキュンしました。お互いの視点がわかるのがよかったです。悠気の男らしさとやさしさがよかった。職業や職場についてチョコやコーヒーの薀蓄などもあるから、読んでて楽しかったです。作この家さんの本は読後がさわやかで幸せでとっても清々しくなるから好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/09 00:55

投稿元:ブクログ

とにかく甘い、甘いお話でした。
作品中に出て来るチョコレートも甘いですが、主人公の莉子と、有名ショコラティエ悠貴の2人も、この上なく甘いです。

読んでいるうちに、お気に入りのコーヒーとチョコレートが欲しくなってしまいました。

2015/07/15 23:49

投稿元:ブクログ

これは、チョコレートの濃厚な香りが漂ってくるような小説です。

小説の冒頭、少女時代の莉子と「美味しいチョコレートケーキを作る」約束をする少年。
時は過ぎ、莉子は一人親のあとをついで喫茶ソワレを経営していますが、ある日、ふと眉目秀麗なクオーターの青年がやってきてコーヒーを飲みますが、彼は「まずい」と言い、1セントだけ払って出ていってしまいます。

その後も彼はたびたびソワレを訪問し、莉子にある提案を持ちかけます。莉子は当然のごとく拒絶反応を示しますが、悠貴の熱意と、そして何より媚薬のようなチョコレートの甘さと味覚によって、莉子は心まですっかり溶かされてしまうのです。
実は、昔彼女と約束をした少年とは、悠貴だったのです。でも、悠貴がソワレの経営建て直しに力を注ぐのには、莉子に対する思いだけではなかったのです。

読み進むにつれて、チョコレートという食べ物の奥深さとエロスに気づかされます。とりわけ、悠貴がチョコを口写しで莉子に食べさせるシーンは、生唾ものですね(笑)。

そしてこの小説には、大きな時間の流れを彩る言葉があります。それは、莉子の父が母にプロポーズしたときの言葉。
「月が綺麗ですね」 その意味は…… I LOVE YOU.
この、大きな時間と空間を感じさせる言葉が、物語に大きなスケールを与えています。

2015/09/13 01:46

投稿元:ブクログ

他界した父の喫茶店で働いていた娘のところに年を経てショコラティエとなっていた悠貴がやって来る、という所から話がスタートします。 悠貴は出逢った当初、莉子が入れたコーヒーをまずい、と冷たく言ってしまったり、上から物を言うような傲慢に感じられる行動をしますが、莉子とお店のことを本気で考えてくれていたからというのが後々じわじわとわかってきます。年を経て再会し、自分にとってなくてはならない存在である、という意味を悠貴がプロポーズに見立てて伝えるところがカッコ良くて萌えました。莉子と相思相愛になってからは愛情を分かりやすくストレートに伝えるようになったことも読んでいて嬉しく思いました。