サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

PK(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 236件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277965-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

PK (講談社文庫)

著者 伊坂 幸太郎 (著)

人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ。勇気と臆病が連鎖し、絡み合って歴史は...

もっと見る

PK (講談社文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

PK

572(税込)

PK

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ。勇気と臆病が連鎖し、絡み合って歴史は作られ、小さな決断がドミノを倒すきっかけをつくる。三つの物語を繋ぐものは何か。読み解いた先に、ある世界が浮かび上がる。【「BOOK」データベースの商品解説】

落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ−。「PK」「超人」「密使」という、3つの物語を繫ぐものは何か。こだわりとたくらみに満ちた作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と――人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ。勇気と臆病が連鎖し、絡み合って歴史は作られ、小さな決断がドミノを倒すきっかけをつくる。三つの物語を繋ぐものは何か。読み解いた先に、ある世界が浮かび上がる。【商品解説】

収録作品一覧

PK 7−86
超人 87−165
密使 167−244

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー236件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

遊び心満載。お勧めです。

2015/04/07 22:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メンボウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見何の関係もなさそうな、バラバラに作ったプグラムが思わぬコードでつながり、一つの大きなシステムに組み上がり、華麗に稼働を開始したような感動が、伊坂先生の作品にあります。そして、プグラムをもう一度確認したくなる笑。本作品でも何度ニヤリとしたことか。ストーリーだけでなく、作品の構成自体にもしかけがあって、何度かエピソードを遡って、確認しながら読みました。
緻密な伏線だけでなく、彼の作品の深いテーマには、いつも考えさせられます。本作品でも、様々な状況に置かれた主人公たちが、追い込まれながら、それでも最良の選択をしようと悩み、足掻く姿が胸に迫ります。人の根底にある、より良いものになろうとする想いや、見過ごされがちな小さな幸せが、切なく、優しいです。
テンポのいい作品ですが、丁寧に読み進める事をお勧めします。読んだ後の爽やかさが気持ちの良い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読めます

2014/12/15 16:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いったん読み出したら、最後まで読まないと気が済まない展開です。
休日に読み始めるのをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これが、こうなります

2016/05/22 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろお - この投稿者のレビュー一覧を見る

????・・・!
この物語を読んだ時の私の頭の中を記号で表すとこんな感じだった。

物語全体を自分なりにまとめると
「これが、こうなります」。

毎度ながら伊坂ワールドに引き込まれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異色作。

2015/01/27 00:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は「PK」「超人」「密使」の3つが収録されたSF中篇集です。
伊坂作品と言えば、あっと言わせる展開やテンポの良さを期待しがちなので、伊坂作品特有の驚きや感動に満ちた結末を求めたらがっかりするかもしれません。しかし、3つの物語を結び付けるのが絶妙にうまいです。伊坂作品の中では技巧派の異色作であるため、SF作品をあまり読まない人にとってはピンとこない結末かもしれませんが、大森さんの解説文と併せて楽しむことをおススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美味しいけれど、ちょっと味が薄いような

2016/02/01 19:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

日曜日に少し本を整理していると

この本が既読の方に入っていたのですが

どうしても結末が思い出せない。

ページをパラパラと確認しながらめくってみると

残り30ページほどのところに栞も挟んでまま。

ということで改めて最初から読み直してみました。

伊坂幸太郎氏の作品の中で一番SF的なテイストを感じました。

好きだけれど、濃い余韻が残ることはなかったです。

その所為でまた何年かして見かけたら

「あれ?」っと思って読み直しそうです、

ストーリー自体は面白いのでそれも良しですが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実力派

2015/10/27 08:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

サッカーにはまるで興味がないものの、OK、すなわちペナルティー・キックだろうとタイトルから想像し、買ってみた。それぞれ別に掲載した作品三つをつなぎ合わせ、まとめ上げてしまったとか。伊坂氏の手腕にはうならざるを得ない。器用でもあり、読者心理をがっちりつかんでもいる人なのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良かったです。

2015/09/06 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

パラレルに進んでおり、最後にこういうことか、と説明するあたりはさすがです。
頭のいい作者ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

よくわからなかった・・・

2015/02/09 00:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でいびす - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂作品、初めて読みました。「PK」とのタイトルでしたので、サッカー好きの私としては、大変期待したのですが、正直、おもしろさがわかりませんでした。日本代表の試合のシーンとか、流石だなと思う描写の上手さはありましたが、伝えたいことがピンときませんでした。作品も、短編集でありながら連作だと思うのですが、ちょっと残念でした・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ややっこしい・・

2016/06/29 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

洒脱な文章が伊坂さんの良さ。
ちょっとこれはわかりにくい、時代や登場人物が行ったり来たり、着地点はちゃんとあるのですが、うーんうーん。序盤は面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂ワールド

2015/08/23 07:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂作品を友人に勧めると、ほとんどが「難解」と
言われて返されるのですが・・・私は大好き。
中でも長編が好きなので、短編は物足りなさを感じるてしまう
ところもありますが、それでも「裏切られる」ことはないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良いですが理解力が必要

2015/05/03 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らった - この投稿者のレビュー一覧を見る

解説文からPKは超能力のことと思い込んでいたので、冒頭から良い意味で裏切られました。
中編3つからなり、「PK」を読む限りでは星新一のようで爽快感もありましたが、進むにつれて複雑になり、最後の「密使」に至って「わかりにくい」というレビューが納得できました。
ということで自分の理解力不足を棚に上げて、星3つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んでいて楽しくなかった。

2016/03/25 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも楽しいはずなのに、今作は全く楽しめませんでした。
途中からは嫌々読んでいたというか、盛り返そうという気にもなれなかった。
伊坂作品でも低い点数をつけざるを得ません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残念な作品

2015/03/20 23:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいぶらり - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫の作品は全て読んでいるが、初期の作品の方が深みがあると思う。
テーマもはっきりしていなく、安っぽい娯楽作品になっている。
短編なのでやむを得ないかもしれないが、死神の精度などの短編と比べると各段に質が落ちていると思う。
期待していただけに、厳しい評価にしてしまった。
だが、どの有名作家でも平均点以下の作品はある。次回作には期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/13 11:37

投稿元:ブクログ

本屋行ったら新刊で積んであったので、なんとなく購入(こんなんばっかだな。)
久々の伊坂さんはやはり読みやすく気持ちが落ち着く。

2014/12/08 14:04

投稿元:ブクログ

 3つのおはなしの繋がりを考えながら読むのがちょっと難しかったのですが…頭がグチャグチャに…笑 でも、解説を読んでなるほど〜! と、面白く思えました。