サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひなこまち(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-146131-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひなこまち (新潮文庫 「しゃばけ」シリーズ)

著者 畠中 恵 (著)

長崎屋へ舞い込んだ謎の木札。『お願いです、助けて下さい』と書かれているが、誰が書いたか分からない。以来、若だんなの元には不思議な困りごとが次々と持ち込まれる。船箪笥に翻弄...

もっと見る

ひなこまち (新潮文庫 「しゃばけ」シリーズ)

594(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長崎屋へ舞い込んだ謎の木札。『お願いです、助けて下さい』と書かれているが、誰が書いたか分からない。以来、若だんなの元には不思議な困りごとが次々と持ち込まれる。船箪笥に翻弄される商人、斬り殺されかけた噺家、売り物を盗まれた古着屋に、惚れ薬を所望する恋わずらいのお侍。さらに江戸一番の美女選びまで!?一太郎は、みんなを助けることができるのか?シリーズ第11弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

長崎屋へ舞い込んだ謎の木札。「お願いです、助けて下さい」と書かれているが、誰が書いたか分からない。以来、若だんなの元には不思議な困りごとが持ち込まれるように…。5つの物語を収録。「しゃばけ」シリーズ第11作。【「TRC MARC」の商品解説】

長崎屋へ舞い込んだ謎の木札。『お願いです、助けて下さい』と書かれているが、誰が書いたか分からない。以来、若だんなの元には不思議な困りごとが次々と持ち込まれる。船箪笥に翻弄される商人、斬り殺されかけた噺家、売り物を盗まれた古着屋に、惚れ薬を所望する恋わずらいのお侍。さらに江戸一番の美女選びまで!? 一太郎は、みんなを助けることができるのか? シリーズ第11弾。【商品解説】

収録作品一覧

ろくでなしの船簞笥 7−69
ばくのふだ 71−132
ひなこまち 133−193

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

しゃばけ人情噺が面白い

2016/02/18 15:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

しゃばけの人情噺は、面白い。(11作目)
木札がある日一太郎の元に舞い込むことから始まる連作。
ひなこまちから後の短編は、一連の流れになり、河童の秘薬で纏まって終わる。
あっという間に読み進む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

11作目

2015/11/05 02:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸を舞台の妖怪奇譚,しゃばけシリーズも11作目。ぞろめです。
今回も若旦那が,「助けてくれ」と言われて断れない,お人好し全開でみんなを振り回します。
ところで病弱で寝てばかりいるのに、甘いものばかり食べていると,メタボか糖尿か,いずれにしても症状悪化しそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しゃばけシリーズ

2015/08/23 07:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

もはややめられないしゃばけシリーズ。
でも、毎回、裏切られることなく楽しませてもらって
います。
今回もその通り。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実は長編

2017/01/19 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

一話一話完結していますが、実は雛小町に関しての一つの物語になっています。
面白そうなイベントも、実は色々な人の思惑がからんでいて、悪事に通じたり悲劇に通じたり・・・でも最終的に、丸く収まるのでよかったです。
相変わらず若だんなはするどい。
彼が継ぐなら、長崎屋は安泰だなあとつくづく思います。
体の弱い分は、兄や達がきっと助けてくれるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかだんなの成長ぶりが際立つ

2015/02/22 13:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一作目からの愛読です。本作も鳴家の愛らしさ、兄や達の溺愛ぶりは無論、楽しいですが若だんなの戸惑い、悩み、人を思う気持ちは大人の入口にたった年頃ならではの瑞々しさが本作では際立っていて、これからの若だんなの成長が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぞの木札

2016/05/24 15:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんま猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若だんなのための特注巨大炬燵のこたつ開きに紛れ込んだ一枚の木札。助けをもとめる内容文に若だんなが気にかけた途端、次々舞い込む困りごと。果して若だんなは解決することができるか?中で上野広徳寺花見の庭に迷い込んだ謎の侍が実は殿様なのですがなかなか味のある人物と思います。で、また表題ひなこまちに関わるキーマンなのです。ただ時折ゆんでめでの話などシリーズ読んでないとわかりづらいです。咄家の場久ばきゅう(実は悪夢を食べる貘)という新しいキャラが登場、江戸前でいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/27 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/15 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/23 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/21 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/17 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/15 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/12 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る