サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. リヴァイアサン 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リヴァイアサン 1(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/05
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75302-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リヴァイアサン 1 (光文社古典新訳文庫)

著者 ホッブズ (著),角田 安正 (訳)

「万人の万人に対する闘争状態」とはいったい何なのか? 近代国家論の原点であり、西洋政治思想における最重要古典の新訳。1は、国家を構成する個々の人間を、その本性から考察した...

もっと見る

リヴァイアサン 1 (光文社古典新訳文庫)

1,145(税込)

リヴァイアサン1

940(税込)

リヴァイアサン1

ポイント :8pt / 紙の本より205おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「万人の万人に対する闘争状態」とはいったい何なのか? 近代国家論の原点であり、西洋政治思想における最重要古典の新訳。1は、国家を構成する個々の人間を、その本性から考察した第1部を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

既成の権威の虚構を排し、人間社会の安定のために必要なものを洞察する近代人ホッブズの偉大さがわかる本

2017/03/25 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:福田陽二郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大辞林は次のようにリヴァイアサンを説く。

“自己保存の権利を自然権とし、それは相互間の闘争状態を招き、逆に自己保存をおびやかすとする。それを回避するため、自然法に従った社会契約により、絶対的権力をもつ国家(リバイアサン)を設定すべきだと説く。 ”

これを読んだあなたは、ホッブズは絶対君主制や恐怖政治を肯定しているという印象を抱くだろうか?あるいは、個々人の自由や自発性を軽視しているのではと思うだろうか。

少なくともこの1巻を読む限り、彼はそのようなことは全く述べていない。述べているのは個々人の平和と安定のために必要なものは何かということであり、そのためには強大な権力をもった国家が必要であるということだけである。そのために個々人が国家に譲渡すべき権利は何かということである。

ホッブズは他者との不和による戦争状態をもたらす人間の愚かしさの背景にあるものを様々に洞察する。なぜ占いや宗教にすがるのか。なぜ互いに安心して約束を結べないのか。そういた愚かしさを克服し、自然法が命じる平和と安定を妨げるそれら要因を防ぐためにはどのような権力が必要なのか。それをホッブズは構築しようとしているのである。

なおホッブズは人間は平等であり、対等な人間関係が必要だとしている。ゆえにアリストテレスが述べる「人間は支配する側と支配される側に別れる」という分別に異を唱える。彼はエリートたる支配者が下々の民を導く方策としてリヴァイアサンを書いたのではない。

自由や平等を是とする近代社会をもたらしたのは西洋人であり、だからこそ世界を制覇できた。ホッブズは既成の権威に囚われず、ゼロから(ただしキリスト教の信仰は捨てていない)人間社会の本質を洞察し、その上で新しい社会秩序を模索した。この知力にこそ西洋人の強みがあることを本書は伝える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する