サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悲嘆の門 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 158件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/15
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-10809-4
  • 国内送料無料

紙の本

悲嘆の門 下

著者 宮部 みゆき (著)

「連続切断魔」の正体は?「悲嘆の門」とは何か?圧巻の終章に向けて物語は加速する!最高傑作誕生。このめくるめく結末に震撼せよ。【「BOOK」データベースの商品解説】「おまえ...

もっと見る

悲嘆の門 下

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「連続切断魔」の正体は?「悲嘆の門」とは何か?圧巻の終章に向けて物語は加速する!最高傑作誕生。このめくるめく結末に震撼せよ。【「BOOK」データベースの商品解説】

「おまえたちの世界には、私以上の怪物が満ち溢れているぞ」 憎しみに染められていく世界。「連続切断魔」の正体は? 「悲嘆の門」とは何か? クライマックスに向けて物語は加速する。『サンデー毎日』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮部 みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年生まれ。東京都出身。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。99年「理由」で直木賞、2007年「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー158件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

長いのも考えもの

2015/11/28 03:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻の終盤からファンタジックな展開になってきたが、下巻はさらに、その色が強くなっていく。ただ、つながりに、いささかの不自然さを感じるようになったのも事実。流れに不自然さを感じつつ結局、最後まで読まされることになった。この辺りに詳しく触れると、ネタバレというルール違反を犯すことになり、レビューも存外辛いと、つくづく。宮部氏の作品は最近、長いものが多く、少々、読破するのに疲れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「英雄の書」を読み返したい!

2016/01/30 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストの<無名の地>周辺の描写が「英雄の書」と地続きな感じが強くて……。
でも「英雄の書」を読むとまたこっちを読み返したくなる無限循環。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮部先生がこんな雑な作品を書いた事実に悲嘆

2016/12/20 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部先生のファンタジー絡み作品はあまり好きではないので 読むのに骨が折れた。ファンタジー設定が上手く機能しなかった印象。最後、犯人たちがあまりに後先を考えないアホ揃いで萎えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジー

2017/01/09 11:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーではなく、ファンタジーとして読めば面白いかもしれせん。
連続?殺人の犯人をあぶりだすのに異形の能力を使ってというのがいささかつまらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/30 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/27 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/24 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/13 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/09 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/31 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/12 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/07 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/05 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る