サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雨に泣いてる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/28
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02703-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

雨に泣いてる

著者 真山 仁 (著)

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、東北地方は壊滅的な打撃を受けた。毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に向かう。阪神・淡路大震災の際の“失敗”を...

もっと見る

雨に泣いてる

1,728(税込)

雨に泣いてる

1,382 (税込)

雨に泣いてる

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、東北地方は壊滅的な打撃を受けた。毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に向かう。阪神・淡路大震災の際の“失敗”を克服するため、どうしても被災地に行きたかったのだ。被災地に入った大嶽を待っていたのは、ベテラン記者もが言葉を失うほどの惨状と、取材中に被災し行方不明になった新人記者の松本真希子を捜索してほしいという特命だった。過酷な取材を敢行しながら松本を捜す大嶽は、津波で亡くなった地元で尊敬を集める僧侶の素性が、13年前に放火殺人で指名手配を受けている凶悪犯だと知る…。最大の挑戦にして、最高到達点。心を撃ち抜く衝撃の社会派ミステリ誕生。【「BOOK」データベースの商品解説】

3月11日、東北地方に巨大地震が発生し、記者の大嶽は志願して現地取材に向かう。過酷な取材を敢行しながら行方不明の新人記者を捜す彼は、津波で亡くなった、地元で尊敬を集める僧侶の素性が指名手配中の凶悪犯だと知り…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真山 仁

略歴
〈真山仁〉1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年「ハゲタカ」でデビュー。ほかの著書に「黙示」「コラプティオ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.2

評価内訳

電子書籍

後藤健二さんを忘れてはいない。

2015/11/25 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

早朝、ふと目覚めてネットを
チェックすると
後藤健二さんが殺害されたの速報。
テレビをつけニュースを観る。
殺害の速報とあわせて
後藤さんのこれまでの活動がレポートされる。

ジャーナリストって何だろう。
とても気恥ずかしい思い。
ジャーナリストをめざして
それになれなかったワタシ。

真山仁のこの新作は
ジャーナリストのきわめて正当な
基本的姿勢を写そうとした意欲作と思う。
実は昨日、読了し、感想を書くには
あまり熟していないが
後藤さんの報に接し
二度寝もままならず、書いてみることにした。


阪神大震災のとき新人記者だった大嶽は
震災救助の感動の記事を書いたが
その記事の事件は感動から悲劇の結末を生む。
新人記者大嶽のそのときの悔いは
中堅と呼ばれるようになったいまも
深い心の疵となっている。

3月11日、東日本大震災。
大嶽は妻の反対を振り切って現地取材を志願する。
妻の実家へ帰るという決意の言葉を遮って。

宮城取材班のキャップとして現地取材の他、
大嶽に課された任務があった。
仙台支社の新人記者をする新聞社の社主の孫娘松本の
消息を探索すること。
同僚や先輩の記者が津波にのまれ行方がわからないときに
社主の孫娘だけを探すことに
大いなる抵抗を感じながら
社命というひとことで、その任をやらざるを得ない
自分に強い抵抗を覚える大嶽。

運よく社主の孫娘松本と出会えたが
自らの命を犠牲にしながら
津波から松本を助けた坊さんがいた。
松本は本来の取材活動から外れ
自分の命を救ったその坊さんの取材にこだわる。
その坊さんは自殺したいという人々の命を
数多く救った地域の有名人でもあった・・・。

しかし、その坊さんにも過去があった。
報道すべきかどうかと悩みながら
坊さんの過去を洗う大嶽。
そして、クライマックスへ。

東日本大震災の現場取材での大嶽は
理想に近い記者であり、現場指揮官といえるであろう。
ジャーナリストはこうありたいと憧れさえ感じる。
そこに社主の孫娘とのあれこれ、
地域で敬愛されるひとりの僧侶とのことが
絡み合って、ヒューマンな
フィクッションの体となっているが
もう少しジャーナリスト側に寄っても
よかったのではなかろうか?

後藤健二さんが殺害されたのは
どうも真実らしい・・・。
哀悼の意を表します。
加えて、「テロ」とは一方的な言葉で
「宣戦布告のない戦争」というのが私見。
「戦争」という認識で交渉をすれば
違った結末もありえたのではないか。
「テロを憎む」ではなく「戦争を憎む」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/02 16:20

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】東北の震災で死亡した、地元では尊敬を集める僧侶が実は殺人逃亡犯だと気付いた新聞記者の行動を描いたミステリなんですけど、この結末はあんまりです。事の真相についてもほぼ予想通りで、そういう意味では期待は裏切られなかったんですけど(笑

2015/04/19 23:10

投稿元:ブクログ

3月11日、東日本大震災を舞台にした、新聞記者のミステリー小説。
阪神淡路大震災を経験した大嶽記者が、その時の失敗を克服するために奮闘しつつ、過去の殺人事件の逃亡中の犯人にぶち当たってしまうも、その真相を追求していく話。

真山仁さんの作品は大好きです。
今回も、ミステリー自体は面白かった。
そう、小説としてフィクションとしては面白かったのだ。

が、震災直後の東北が舞台となると、やはりまだ、なんだか割り切れないものがあるなぁというか、複雑。
あの震災を既に過去の事と捉える事ができる人には、フィクションとして楽しめるのかもしれない。
自分は、まだ、ちょっとムリかもしれない。
どうしても、頭の隅の方に、引っかかるものがある。

震災当時の報道のあり方についても、なにが正しいとか素人にはわからないなぁ。
どうなんだろう?

と、考えるきっかけにはなったとは思う。

2015/02/13 15:39

投稿元:ブクログ

真山仁の最新作。著者の小説は欠かさずチェックしているので、今回も期待、と思っていたのだけど、、
読みやすく引き込まれる文書は流石の腕前と言っていい。が、いまいちストーリーに納得感がない。東日本大震災の発災とその取材に立ち向かう記者、という前半の大きなテーマと、大災害の取材の最中で主人公が炙り出した後半の事件とが上手く繋がってこないというか。明らかになっていく事件の真相や展開は、東日本大震災に絡めなくても書けたのでは。
また重要な背景として書かれる、主人公が抱える過去のトラウマとの関連も結局よく分からない。あえて言うなら主人公の、悩み苦しみながらも事実を伝えることに徹する姿勢を通して記者の生き方?を描こうとしたのか。

直前に文庫本が販売された『ダブルギアリング』も、最後の展開がもう一つ、という感じだったし(こちらは処女作の復刻版だから著作時期は違うけど)。
どうしたんだ、真山仁。あの痛快な読後感はどこへ・・・

2016/02/15 00:02

投稿元:ブクログ

原稿がボツになっちゃったのは予感がしていたとして、実家に帰っちゃった奥さんはどうなったんでしょうか。

2015/12/31 13:44

投稿元:ブクログ

東北大震災が起き、現地取材に入った大嶽は、社主の孫娘を探すという使命も受けた。その孫娘を身を呈して救った住職の美談を記事に書いた。その住職が最後まで握りしめていた位牌から、その住職は判事夫婦殺しの逃亡犯と判明した。大スクープとなったが、その殺人には隠れた事実があった。その住職の妹はその判事夫婦の息子と結婚するつもりだったが、その両親に反対されていた。そして、判事の妻は自分の夫に息子の婚約者を犯す様に命じた。その婚約者は焼身自殺し、その事実を知った息子は両親を殺してしまう。それを知った警察官だった住職はその罪を被って
トドメを刺し、逃亡犯となったのだった

2016/06/20 09:36

投稿元:ブクログ

ジャーナリストは
どのような歩き方をするのか
どのような写真を撮るのか
どのようなことを書くのか
どのようなことを書かないのか

その辺りを
一緒に考えさせてもらった一冊ですが…

2015/03/18 00:15

投稿元:ブクログ

「ハゲタカ」をはじめとするファンでしたが、これにはガッカリ真山さんらしくない、鋭い視点がみられません。震災を絡めたミステリーの題材でしょうか?

2015/03/22 10:31

投稿元:ブクログ

東日本大震災発生直後に東京から現地入りした新聞記者が、想像を絶する惨状の中でたどり着いてしまったある事実。記事を通じて人間を描いて励ますという甘さが握りつぶされる被災地での現状がきつい。「一度に二万人が亡くなったのではなく、一人一人が二万回死んだ」とこの震災について言われた言葉があるが、亡くなった一人一人の人生のある一面を暴くことの非情さと、そうせねばならぬ記者の性を考えると、胸が痛くなる。

2015/05/26 17:35

投稿元:ブクログ

報道記者とは?
世間は真実のみを求めているのだろうか?
心地よい記事を求めているのだろうか?
何の感情も入れず事実のみを伝えるのはどんなにか難しいのだろう。伝える側が営利企業なのだから色々な力がかかることも有るだろう。
伝える側と受け取る側の双方が事実を受け止める力が必要なのだろう。

2015/06/25 08:14

投稿元:ブクログ

東日本大震災直後に東北地方の取材を行った新聞記者が、津波による死者の中に、殺人事件の容疑者がいることに気づき、それを記事にするかで悩む。見たいなお話。
地震、津波による被害の様、それを取材する報道の葛藤、プライベートライアンみたいな行方不明者探し、そして、殺人事件のスクープと、盛りだくさんの中身。ただその分、話の主題がぼけてしまったような気がする。
話が深刻な割には、さくさくと読めた。

2015/05/12 09:53

投稿元:ブクログ

東日本大震災 まだまだ小説として読むのは
つらいなぁ~
ミステリーとしても・・・
焦点が絞りにくい。

2015/02/26 02:08

投稿元:ブクログ

新聞の広告欄で目にして、気になったのでチェックして、さっそく図書館で予約。運良く、早く借りることが出来た。
初の真山作品。期待して読み始めた。で、一気読み!
なかなか引き込ませる文章で、読みやすい。

3.11の大震災の取材に赴く新聞記者の視点を軸に、被災して亡くなった僧侶の過去の放火殺人事件を絡めて物語は進んでいく。
登場人物たちも人間臭く描かれていて、リアリティがあるんだけど、ただ一人、若手の女性記者の描き方が良くない。世間知らずで猪突猛進、自分の意見を押し通そうとする姿はデフォルメされ過ぎて、現実感が薄れている。重要な役どころだけに、デフォルメが逆効果になってしまっている感じで、読んでいても嫌悪感しか湧いてこなかった。他の人物たちが現実世界に居そうなリアリティが有るだけに、もったいない。この部分で-☆1個。

放火殺人事件の動機なんかも、現実にありそうな話で怖さを感じさせる。

読みやすい文章で、一気読みさせる内容は☆5個でも良いんだけど、デフォルメされた女性記者の部分を差し引いて☆4個。

2016/05/03 16:40

投稿元:ブクログ

東日本大震災をメディアの視点から捉えた小説だが、うーん、読後感がスッキリしない話。何のためにこれを書いたのか?他の真山仁とは何か違う。何か書かないといけないから書いた?

2016/02/17 14:40

投稿元:ブクログ

#読了。東北地方にて巨大地震が発生。それに伴う津波とともに東北地方沿岸は壊滅的な被害を受ける。毎朝新聞記者の大嶽は、阪神・淡路大震災でのトラウマになった出来事を取り返すべく、志願して現地入りをする。取材中、亡くなった僧侶の素性に疑問を持つと・・・
社主、経営陣、現場デスク、記者との社内政治やパワーゲームの様な流れが、震災をテーマにする必要があったかどうか疑問に思えてしまった。堂場さんの小説家とおもうところも。