サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エンタメ・テレビ・タレント
  4. 愉しみながら死んでいく 思考停止をもたらすテレビの恐怖

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愉しみながら死んでいく 思考停止をもたらすテレビの恐怖
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/02/03
  • 出版社: 三一書房
  • サイズ:19cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-380-14005-1
  • 国内送料無料

紙の本

愉しみながら死んでいく 思考停止をもたらすテレビの恐怖

著者 ニール・ポストマン (著),今井 幹晴 (訳)

ニュースもゴシップも同列にしてしまうテレビは視聴者の思考力をどう変えたか。テレビや電信など情報媒体の群雄割拠の様子や各媒体が利用者の認識機能に与えた偏りを解明する。アメリ...

もっと見る

愉しみながら死んでいく 思考停止をもたらすテレビの恐怖

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュースもゴシップも同列にしてしまうテレビは視聴者の思考力をどう変えたか。テレビや電信など情報媒体の群雄割拠の様子や各媒体が利用者の認識機能に与えた偏りを解明する。アメリカで1985年に出版された著者の代表作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ニール・ポストマン

略歴
〈ニール・ポストマン〉1931〜2003年。ニューヨーク生まれ。コロンビア大学で教育博士号取得。NCU(ニューヨーク大学)に就任し、メディア・エコロジーの講座を設置。著書に「子供はもういない」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「では・・・次に」の所は、面白い目の付け所。

2017/05/01 04:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビのワイドショーで、キャスターが、よく使う、接続しない「接続詞」で、アメリカじゃぁ「では・・・次に」らしいが、日本では「続きましては・・・」がある。 テレビ見てる方としては『続かないんだよな〜』との突っ込みを、大体必ず、もう自然に入れてたりする。 そのズレが、なぜに起って来るのかというのが、本書に書いてある。 知りたければ読むがいい。 この「では・・・次に」の章は面白く読めるが、他の章は、何か、考えながら書いたみたいで、ごちゃごちゃしてて読み辛い。 それと、情報が十年前で少し古い。 それでも読んで損はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

テレビ番組 ランキング

テレビ番組のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む