サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて
数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて 数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/20
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • サイズ:19cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-8231-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて

著者 結城 浩 (著)

位置の変化、速度の変化、パスカルの三角形…。微分ってこんなにやさしかったの? 「僕」と3人の少女が、楽しい数学トークを繰り広げながら、微分の謎に迫る。Webサイト『ケイク...

もっと見る

数学ガールの秘密ノート 微分を追いかけて

1,512(税込)

数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて

1,512 (税込)

数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

位置の変化、速度の変化、パスカルの三角形…。微分ってこんなにやさしかったの? 「僕」と3人の少女が、楽しい数学トークを繰り広げながら、微分の謎に迫る。Webサイト『ケイクス』連載の書籍化、第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

中高生レベルのやさしい数学を楽しい会話で学ぶ「数学ガールの秘密ノート」シリーズ第五弾。本書のテーマは、数学に悩む多くの人がつまずきがちな「微分」です。「変化をとらえる」という微分の考え方を、たくさんの実例を通してやさしく解説しています。【商品解説】

「微分って、こんなにやさしかったの?」

中高生レベルのやさしい数学を楽しい会話で学ぶ「数学ガールの秘密ノート」シリーズ第五弾。本書のテーマは、数学に悩む多くの人がつまずきがちな「微分」です。「変化をとらえる」という微分の考え方を、たくさんの実例を通してやさしく解説しています。【本の内容】
----------------------
●登場人物紹介
「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。
ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。
テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。
ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。

「僕」の母親。
瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------
出版社からのコメント
【シリーズ累計30万部突破! 】
【2014年度日本数学会出版賞受賞! 】

目次

  • あなたへ
  • プロローグ
  • 第1章 18歳未満の論理学
  • 第2章 位置を時間で微分する
  • 第3章 パスカルの三角形
  • 第4章 位置と速度と加速度と
  • 第5章 割り算と掛け算のバトル
  • エピローグ
  • 解答
  • もっと考えたいあなたのために

著者紹介

結城 浩

略歴
〈結城浩〉
1963年生まれ。
プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。
代表作は『数学ガール』シリーズ。
J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

知らなくても微分がわかる!

2017/01/04 18:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lemon - この投稿者のレビュー一覧を見る

微分に興味があったので読んでみました。「微分ってそもそもなに?」って状態でしたが、初めは徐々に解説していき少しずつレベルが上がっていき、最後には三角関数や自然対数の微分といった数3分野まで進んでいきます!
何度読み返しても楽しく学べる書籍です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学好きにさせる”秘密”が!

2015/11/15 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

”秘密ノート”シリーズは、どのように数学をライトノベル風の会話形式で解説するのか、いつも楽しみです。今回は「微分」についてです。
特に、第5章では、自然対数の底(ネイピア数e=2.71828...)について、他に類を見ないほど分かりやすく解説してあります。
このシリーズは、主人公の「僕」が家や高校の図書室で数学を勉強していたら、従妹や後輩や同級の女の子の方から寄って来るという場面から始まります。
私の経験からすると、数学を勉強していると女の子が寄って来るということは絶対にありません。スポーツや楽器、または絵がうまい方が明らかに女の子にはモテます。
数学でモテる。このシリーズは、いわばSFファンタジーなのでしょう。親としては、自分の息子に買い与えて、数学へのモチベーションを高めることができるのではないでしょうか。
子供騙しかもしれませんが、騙してでも子供を良い方向に導くのが親の務めかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/13 14:16

投稿元:ブクログ

微分は,位置,速度,加速度のような物理的(力学的)概念に沿って学ぶのが良いという1つのアンサーでしょうか。

2015/07/24 22:05

投稿元:ブクログ

今回のテーマは、「微分」です。前半の説明がとくにわかりやすくて、微分ってこんなに簡単なものだったと驚きました。ただ、いつものように後半でミルカさんが乱入してくると、難易度が一気に上がりますね。(^^;

2015/07/19 14:58

投稿元:ブクログ

数学ガールの秘密ノートシリーズ、第5巻です。

微分については、学生時代公式を覚えるだけで満足というか、それ以上興味がわかなかったので応用問題とかに苦労した記憶しかありません。

また、物理の授業で先生が微分を習っていない自分たち学生に加速度などを説明するのに苦労されていたという記憶があります。カリキュラムに相当文句があったみたいです。

この本ではそうした公式に縛られない微分の基礎や物理とのつながりなどを感じて学ぶことができます。

このシリーズを読んでいると毎回思うのですが、「学生時代に読んでいたらもっと成績も上がっただろうしもっと数学が好きになっていただろうな」ということ。

今後もcakesの連載を読みつつ続編を楽しみにしております。

(以上、ブログほぼ全文です。)

ブログはコチラ。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4908465.html

2015/07/12 00:20

投稿元:ブクログ

微分を中心とした数学小説。微分ということは、次は積分なんだろうか。それにしても今回はミルカさんの出番が少なかった。
そして、微分も奥が深いんだなと。x^2が、2xになるのは覚えてたけど、その公式を知らない場合にどうやって解けばいいのかは完全に忘れていた。
ところで、((n+1)/n)^nがどうなるかを分かっていなかった自分。これがeなのか。eの解き方もすっかり忘れていた。
それと、未来がプラスで過去がマイナスという話について、自分もそう思う。そう思うのだけど、最近勉強しているシェルスクリプトで学んだfindというコマンドの場合、最新時間が指定の時間より古い場合は+、新しい場合は-にするという。あれ、どっちがどっちか本当にわからなくなる。

2015/11/07 09:37

投稿元:ブクログ

位置がsinの物体の加速度が-sinをイメージしたことがなかったけど、イメージしたとき高まった。5章の難易度がたかくなるけど、ざくっと読んでもイメージがわく。すごい。

2015/11/28 15:20

投稿元:ブクログ

微分の導関数の計算、パスカルの三角形、加速度、振動、収束と発散。

収束の証明の部分は少し難しく、テトラちゃん同様置いてきぼり感があった。ここら辺が難なく理解できると数学がもっと楽しくなるんだろうなと思った。

2017/04/18 20:37

投稿元:ブクログ

おもわず買って一気読みしてしまった。p113の「僕」の発言ってさ、ミクロ経済学の文脈に照らしてみると、「人間が《どんな選好をもっているか》は目に見えない。でも人間が《どのくらい効用を得ているか》は指標にして記録できる。…(中略)…目に見える《効用》から、目に見えない《選好》が求められるわけだね」………。うーん。無理があるか(笑)

2016/11/27 22:49

投稿元:ブクログ

 微分は瞬間の変化率を求めること、という定義から出発して、位置を時刻で微分すると速度が、さらにそれを時刻で微分すると加速度が得られるという物理法則としての定義と重ねて話がすすんでいく。
 微分をすると何度行っても必ずしも定数になるわけではないという説明として、三角関数の例が説明される。これも物理でいう単振動、振り子を表す式になることと重ねて話がすすむ。
 最後の複利計算の話では、収束、発散(正の無限大に発散、負の無限大に発散、振動)の考え方も出てきて無限の世界が垣間見れる。最後のミルカさんの証明は二項定理を使い難易度が高い。

 もしも微分だけを学ぼうとしたならば、その概念が表す意味を見出すことは難しいが、物理との関係を都度説明されているのでイメージをつかみやすく、逆に微分を学んでいるという感覚が不思議となくなっていく。

数学読みもの ランキング

数学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む